スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化財のアーチ式砂防ダムちょっくら見てきた

こんちわ。オレです。

ということでこれは先月の6月15日のお話。
この日は前々から気になっていた、新潟県湯沢町にある『大源太川第一号砂防堰堤』までちょっくら。

ま、まぁ普段は砂防ダムの方までは専門外と言いますか…(;^ω^)
正直見かけてもそこまで気に留めないタチなんですけど、じゃあどうしてこの砂防ダムは気になっていたのか?
…実はこれは昨年の話かな?このブログを読んで下さった方からコメントを頂戴致しまして。

“登録有形文化財にも指定されているアーチ式の砂防ダムがある”と。

ん?アーチ式?(・ω・ )
いやはや。自分の中のイメージとしては砂防ダムなんてどれも似たような形だと思ってましたからねw
気になったので調べてみたんですけど、これがなかなかかっちょいい風貌ではありませんか!
しかも最近はダム鑑賞好きが講じて“水に関する土木遺産”まで興味を持ち始めていたところですから…。
だったらこれは是非とも一度は訪れておかなきゃねーって。

ま。そう思い立ってからかなりの月日は経ってしまったのですが、やっと順番が回ってきたと言うか…
ちょうど最近になって同じ湯沢町にある“二居ダムにも再訪問したくなった”という絶好の機会もできたので、
いよいよ脳内ゴーサインが出たいう訳ですw



20140615daigenta.jpg

…はい。ということでこちらがその『大源太川第一号砂防堰堤』です!
うん。確かにアーチ式w ぶっちゃけ予習で見ておいた写真よりも実物を見た方がかっちょ良すぎでした(*´ω`*)

ま。“アーチ式ダム”と言うと黒部ダムのような巨大ダムばかりがイメージに浮かびがちですが、
こちらは砂防ダムということで形ももちろん控えめサイズ…だが、このこじんまりした感じもいとおかし。


dgt07.jpg

…堰堤の前には文化財登録された時に設置されたと思われるなかなか立派な記念碑が。
大源太川第一号砂防堰堤の完成は1939年で堤高18メートル、堤頂長33メートル。
なんでも、『国内最初期に完成したアーチ式砂防ダム』ということで。

ん?最初期?
まぁそう書かれてしまうと国内初なのかどうなのかが気になったりもするのですが、
そこら辺の細かいことは置いといて…とりあえず国も認めた大変歴史のある土木遺産だったりもする訳です!


dgt01.jpg

…アングルを変えてアーチらしさを満喫w
砂防ダムで堰止められて造られた湖は大源太湖。周辺は『大源太キャニオン』と呼ばれ遊歩道なんかも整備。
森林浴なんかにもってこいのロケーションでしたね。

湖は非常に透き通っていて湖畔では悠々と泳ぐ魚影なんかも確認することができました。


dgt03.jpg

…堰堤のすぐ上に架かる吊り橋より。


dgt04.jpg

…すぐ下に見える副ダムもアーチ型となっております。


dgt05.jpg

…年がら年中越流しているのかはちょっとわかりませんが、なかなか豪快に水が流れ落ちていきます。
うーん。いいねぇいいねぇ( ・∀・)


dgt12.jpg

…吊り橋の上から反対方向に目をやると、“東洋のマッターホルン”とも呼ばれる『大源太山』がドーン!と。

うん。正直なところ普段のダム鑑賞と同じ感覚で見物していたりしたのですが、
いやはや。なかなか癒されることができたと思いますね♪
大源太川第一号砂防堰堤…これは個人的に結構オススメできるスポットじゃないかと。



20140615futai.jpg

…ちなみにこの後に訪れたのが『二居ダム』 まぁここは問答無用で素晴らしいですわ、はい。
とりあえず電源開発のダムにハズレは少ないってことでwww
前回初訪問の時(2年半前くらい?)にはまだ無かったダムカードも抜かりなくゲット☆


20140615miyanaka.jpg

…そしてこちらは十日町市にある『宮中取水ダム』
実は例によって朝早く到着し過ぎたということで、砂防ダムの前にちょっと寄り道して訪れてみました。

ここの特筆すべき点はやはり“JR東日本が所有・管理している発電用のダム”ということかな?
いやはやここも何げに気になっていたダムだったりしたんですよねーw
尚、信濃川の本流に構えているダムとしてはここが唯一とのこと。

うーん。それにしてもこんなに青空の日にダム見物できたのは一体いつ以来じゃろか?www


…まぁそんなこんなで半日ちょっとの新潟ダム巡りドライブ。
あー楽しかったってことで。

スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 新潟県

そろそろいい加減に四国に攻めようと思うんだ

こんちわ。オレです。

ということで今月初めに敢行してきた“沖縄ダム巡り遠征”は悪天候に戸惑いつつも無事に成功した訳ですが、
まぁアレだね。オレ氏の旅はまだまだ終わらないということで、水面下で次の遠征の計画立てなんかを着実に行っておる訳ですよ。はい。
(ちなみに自分の言うところの遠征とは“泊まり込みで出かけるダム巡り”のことです)

…ま。遠征と言っても自宅から比較的近場でもある長野・福島あたりから、今回のような沖縄などの遠方まで様々考えられるのですが、次に遠方で攻めたいと考えているのはずばりここです!


四国

…はい。四国地方ですね。

いやー。四国には前々から行ってみたいと考えていたんですけど、なかなか機会に恵まれなくて…。
て言うか、ぶっちゃけ今回6月の遠征も本来は沖縄に行くつもりではなくて四国に行く予定だったんですけど、飛行機やら宿を予約する直前に急遽変更w
まぁその時はもっと遠くに行きたくなったと言うか…て言うか、値段が沖縄と四国殆ど変わらなかったんだもんwww
そりゃあ悪いけど「だったら沖縄に行っちゃおうかしら♪」ってなるってもんでしょ?

だから今回こそ!もう何度目の正直かもわからない位行きそびれてきた四国にそろそろ上陸しようと思うんですよ!

ちなみに行くのは10月頃で2泊3日のつもりなのですが、
とりあえず絶対見ておきたい…前々からここだけは気になるというダムは以下の3基。

早明浦

…“四国の水がめ”とも呼ばれる早明浦ダム!


豊稔池

…日本ではここだけの5連アーチ!豊稔池ダム!


満濃池

…そしてため池好きとしては一度は拝んでおきたい歴史あるため池・満濃池!


うん。ずばりこの3基ですわな。
まぁこの3基を軸に最近“四国遠征”のプランを立てていたりするのですが、段々調べていくうちに「ここにも行きたい!」「あそこにも行きたい!」ということでどうすれば限られた日数で最高の旅を行うことができるのか結構迷っていたりもします。


さてさて。どうなることやら……
でも3ヶ月前位から予約をしておけば格安で行くことができるので、そろそろざっくりとした計画だけでも立てておかなきゃなーって。宿泊先とか離発着の空港の兼ね合いもありますからねー。

ただ一つ懸念することがあるとすれば、
最近九州とか中国地方…はたまた2回目の北海道にも行きたいと強く思い始めてきたことw

こ、今度こそ直前で浮気しないようにしなければ…(;^ω^)

tag : ダム

沖縄遠征から帰ってきた

こんちわ。オレです。
ということでプチ念願でもあった沖縄ダム巡り遠征より帰って参りました∠( ゚д゚)/

…ま、まぁ とは言ってももう先週の話なんですけどねw



DSC_0002.jpg

…いやはや。ダム巡り目的で飛行機に乗るのは、前回の北海道遠征に続いて2度目♪
ルート的に機内からダムは確認できなかったんだけど、見事なまでの霊峰富士を望むことがっ!

「ぱ、ぱねぇよ富士山!」
うーん。今度は三度目の正直で大倉川ダムに行った時にその雄姿を見せてくれってのwww


DSC_0004.jpg

…ということで羽田を飛び立っておよそ2時間半で那覇空港に到着。はいさい!沖縄!
今回の旅は終始レンタカーによる移動となりました。
沖縄本島自体はそこまで大きくもなく、高速道路もあるので移動は全く苦になりませんでしたねー。



………で。まぁそんなこんなでなんやかんやあって。



DSC_0053.jpg

DSC_0258.jpg

DSC_0263.jpg

DSC_0296.jpg


…いやー。食った食ったwww

ま、まぁこれはオレ氏の旅の一番の醍醐味とも言えますからね(;^ω^)
自身初の土地…ここぞとばかりに沖縄っぽいものを飲み食いしてきましたわ。

ちなみに中でも印象に残っているのは、あぐー豚とイラブー汁!
あぐー豚は沖縄固有の在来豚だそうで、焼肉で頂いてきたんだけど脂まで甘くてめっちゃ美味かった(*´ω`*)

で、イラブーの方は何か言うとまさかの海ヘビw
実は行く前から密かに楽しみにしてたんですけど、お味の方は意外と癖もなく普通に美味しかったと思います。
まぁ骨が多すぎて食べられる部分自体はそれほど無かったんですけどねー。

もちろんあの“ヘビの皮”という見た目だけで人を選びそうな料理ではありますが…。
動いてるヘビ(て言うか爬虫類)は絶対ダメなのに、こういうのだけ興味津々な自分がいたりしますwww



…あ!僅かながらではありますがもちろん観光もしてきましたよ♪


P6036259.jpg

…まずは沖縄本島の中でも特に海が美しいと言われる古宇利島!
いやー。ここは長い橋を渡って行けるんですけど、本当に海が青すぎて素敵だったなぁ。

ちなみに写真ではうまく伝わらないのはご愛嬌w ま。撮影スキルの問題&早朝&曇天ということで(;´∀`)


P6036561.jpg

P6036549.jpg

…そしてもはや“おやくそく”の王道かも知れませんが首里城!
いやはや。懐かしの二千円札でもお馴染みの守礼門は思っていたよりアレ(笑)だったのですが、
全体的に回ってみるとやはり歴史をプンプン感じると言うか…琉球王国すげぇ!って感じでしたねー。



DSC_0299.jpg
※帰りの飛行機から望む富士山

…ということで2泊3日の束の間のリゾート旅行もあっという間に終了!
うーん。楽しい時間っていうのは本当に経つのが早いですよねー。

次回もし沖縄に再訪問する時は倍の4泊位はしたいかなーって。
あー本当に楽しかったっ!(*´∀`*)





………。


…ん?リゾート旅行???

あ!すっかり忘れてたw
いやいやいやww もちろん今回の目的はダム巡り!
リゾート気分なんざぁ二の次三の次だっちゅうのwww

ということで当然抜かりなくダムの方も攻めてきましたよっ!

…うん……抜かりなく……抜かりなくね。


で、皆様が一番気になるであろうダム結果の方なんですけど………


P6015396.jpg
※倉敷ダム(うるま市)

…沖縄に上陸するやいなやの大雨!


P6025863.jpg
※普久川ダム(国頭村)

…そしてやんばるの森に立ち込める濃霧!



はは……はははっ………(;´∀`)


え、えーっとですねぇ。
今回の沖縄遠征では3日間で13基…脇ダム込みで17基巡ってきたんですけど、
『半分以上は横殴りの雨と霧。残りはずっしりと重そうな曇天』
という、何とも素敵すぎる天候でございました\(^o^)/

いやー。最近「…自分ってもしかしたら雨男じゃね?」って自覚は薄々感じていたんですけど、
持ってるねオレw マジ持ってるわー!

…ちっ!こんなことなら強引にでも滝沢・薗原・矢木沢の試験放流にでも行ってやればよかったわっ(`∀´)


というのは冗談で、
まぁ自分でももちろんわかってはいましたが、この時期の沖縄はまさに梅雨真っ盛。
それを承知の上で決行した訳ですから、こんなことは想定の範囲内だったって話ですよ。
ま、まぁちょっとだけ天気を期待してたっていうのも確かにありますけどさ…(;^ω^)

しかし相手は天気だからやっぱり仕方無い!
天気とはまさに字のごとく“天の気分”! …この時だけお天道様の機嫌が悪かったと割り切るしかないでしょw
…そして日本には四季があり、梅雨がある。わかったか!オレ!

でもさすがに“濃霧過ぎてダムが見えない”っていうのは想定外だったけどねwww
ま。でもここは「本土からわざわざ梅雨の時期に沖縄ダム巡りに行く変わった輩もワイルドだろ?」ってことで、
前向きに捉えておきましょうよ。うん。


あ。もちろん、
天候を恨んでいる、自分の運の無さを嘆いている…ましてや残念だったなんて微塵も思っていませんよっ!
だってそんなものとは関係なく、楽しみにしていたダムや沖縄らしいダムも沢山見ることができたんですから♪


kin01.jpg
※金武ダム(金武町)

…世界初の台形CSGダム!


P6036381.jpg
※長浜ダム(読谷村)

…眼下にサトウキビ畑と海が広がるダム!


kanna07.jpg
※漢那ダム(宜野座村)

…ダムとシーサー!


knj19.jpg
※金城ダム(那覇市)

…よく知らんが南国っぽい花とダム!


もちろんこれだけじゃないですよ!
もうこれでもかっ!ってくらい沖縄のダムを堪能できたんですから☆

今回の2泊3日の遠征では当然ながら沖縄本島全てのダムを巡ることができなかったのですが、
自分としてはもう大満足すぎる結果だったんじゃないかなーって。
とりあえず当面の目標が“47都道府県ダム制覇”なので、次に訪れるとするならまだまだ先の話でしょうが、
またいつか必ず沖縄県には遊びに行きたいよなーって!

…あ。今度はもちろん梅雨の時期を外してねw


まぁ長々となってしまいましたが、つまるところアレだよ!アレ!
「あー、沖縄遠征すげぇ面白かったっ!!!!」


ちなみに、今回の遠征のレポートは姉妹サイトに写真を全てアップしてから始めていこうかなーって。
ということで今しばらくお待ち下さいませ。(どういう形でまとめるかは未定)

…こ、今度こそ途中で投げ出さないで最後まで書くし!www

テーマ : どうでもいい報告
ジャンル : 日記

tag : ダム 沖縄県

沖縄ダム巡り遠征なう

こんちわ。オレです。
パソコンのご機嫌が良くなったっぽいので今月から心機一転ブログの方を再開していこうかと…。



と、その前に。


ちょっくら南の島でダムと戯れてくる (;゚∀゚)=3


ということで6月1日から二泊三日のダム巡り遠征に出てきます。
只今遠征の模様を気分次第でつぶやいたりつぶやかなかったり…

ちなみに予定では11基~13基位かな?
如何せん初めての土地なので「一体どうなることやら」といったところなのですが、
まぁ今年の一大イベントのつもりでもありますので存分に楽しんでこようかと。

あ。今回は観光よりもダムがメインですよwww
そして沖縄は今まさに梅雨の真っ盛り!…みたいな\(^o^)/

とりあえず注目ポイントは、
ハブとマングースとオレ氏の三つ巴の戦いじゃないかと…(嘘)


ま、まぁアレだ。
家に着くまでがダム巡りです!ってことで。






沖縄遠征より無事帰宅☆
ということでツイートの公開は終了させて頂きます。
読んで下さった皆様、本当にありがとうございました!


テーマ : つぶやき
ジャンル : 日記

tag : ダム 沖縄県

オレ流ダム紀行【2014年4月6日】『埼玉・群馬 まったりお花見ドライブ』その2

その1 からの続きです】


【2基目:間瀬ダム@埼玉県本庄市】(今年通算17基目)
P4063416.jpg

…はい。ということで続いてやってきましたのは『間瀬ダム』でございます。
先程の円良田湖からは30分位で着いたんだっけ?
道中で“なんとか千本桜”って看板が出てて桜の名所っぽい所があったんだけど、とりあえずそれはガン無視w
まぁいつもだったらぷらっと寄り道してたかも知れないけど、今回は一応予定通りいきましょうってことで。

間瀬ダム自体は今回が4度目。
色々考えたんだけど、埼玉県内にあるダムだったら恐らく自分はここが一番好きだったりします。


P4063417.jpg

間瀬ダムは1936年に完成した地元の土地改良区が管理する農業用水供給の為の重力式コンクリートダム
…まぁ一言で言ってしまえば簡単なんですけど、実は歴史的にも大変意義のあるダムだったりする訳で、
なんと東日本に現存する最古の農業用コンクリートダムだったりもします!

ちなみにダム本体は国の“登録有形文化財”に認定されているほか、
農水省が選定する“ため池百選”などにも選ばれていたり。…うーん、間瀬ダムさんパネェっす!

あ。今回ここを選んだ理由としてはもちろんダムで花見をしたいって理由もあったんだけど、もう一つ…
うん。以前はあんまり関心が無かったのでスルーしてたんだけど、
ダム直下にある“間瀬堰堤管理橋”も実は登録有形文化財に指定されているということで、
今回はこちらも注目して見ておこうかなーって。


P4063384.jpg

…ということでまずはその管理橋の方をじっくり見物。
まぁ見物って言っても小さい橋なんでそんな大したことじゃあないんですけど(^^;)

ふむふむ……これはなかなか年季の入った橋だ。
構造だけ見て察するなら、ただの橋って訳じゃなくこれにも若干の洪水調節の機能があるのかな?
とりあえず造られた時期がダムと同じだけあってデザイン的にも間瀬ダムにマッチしていると思いました。

ま。これはもういっかw
ではまったりと間瀬ダムの下で花見でもすることにいたしましょうか……


P4063428.jpg

…じゃーん!そしてこちらがメインの間瀬ダムの堤体でございます。
いやー、桜が見事に満開じゃあないですかっ!

それにしてもこの堤体…か、かっこよすぎるぅぅぅぅ!!!!
な?オレ氏が何度もこのダムに訪れてしまう気持ちもわからんでもないでしょ?www


P4063420.jpg


P4063401.jpg


P4063409.jpg

…うーん。このダムは何て表現すればいいんだろ?
先程の円良田湖は“懐かしい”“ノスタルジック”という言葉を用いましたが、それとはまた別なんですよ。
でも歴史はひしひしと感じる…何て言うか、
大正・明治・はたまた江戸時代まで“タイムスリップ”してきたような感覚になっちゃうんですよね。
って完成したの昭和初期ですけどw

でも、目の前に立つとそれくらいの貫禄がこのダムからは伝わってくる。
うん。このダムはやっぱ面白い…もっと多くの人に見てもらいたいし、評価してもらいたいダムだと思います。


桜咲く間瀬堰堤は今回が初めて。
いやはや、いい時期に来ることができたな。実に素晴らしい光景を目の当たりにすることができたわい。



ちなみにダムの予定としては3基…円良田湖、間瀬ダム、そして本当の目的でもある草木ダムだったのですが、
草木ダムに行く前にちょっと別の用事。

実はこのブログで以前書いたか忘れたんですけど、
最近ダムの他に密かにマイブームになりつつあるものがありまして…まぁなんて事はない“配水塔”なんですけどw
でもこれもダム同様色んなデザインがあって面白かったりするんですよねー。

ということで草木ダムに向かう道中、気になる配水塔を2つほど見てきました。


P4063432.jpg


P4063443.jpg

…まずは間瀬ダムからほど近い本庄市にある『児玉町旧配水塔』
現在はお役御免となり新たに時報塔としての役割を担っているそうですが、
かなり綺麗なところを見ると最近塗り直したって感じなのかな?

完成は1931年と何げに間瀬ダムより古いのですが、
年季があるっていうよりは、どちらかと言うとデザインが可愛らしいと思いましたね。



P4063474.jpg


P4063455.jpg

…続いては群馬県に入りまして前橋市の『前橋市浄水場配水塔』
ここはもうとにかくカッチョ良すぎw
銀の鉄骨で支えられた銅板に覆われたタンクが何とも言えず辛抱たまらんとでした。

完成は1921年だそうで、隣接する水道資料館とともに国の有形登録文化財にも認定されいます。
ここも周辺の桜が非常に美しかったっけなぁ…。


ま。最近オレの中でキテるだけで、まだまだ知識が無いので簡単な感想のみとしますが、
いやー。配水塔を見て回るってのもなかなか面白いんだよなぁw
これまではダムばっかだったけど、
これからはこの手の建造物もちょくちょく見ていこうかなーなんて思っております。はい。



じゃあラスト!
次はいよいよ今回の真のお目当てでもある草木ダムへと向かいます。

さてさて。事前情報では“ぼちぼち”の開花状況だったのですが、
無事草木ダムで満足のいくお花見ができたのでしょうか?
ま。せっかく来たからきれいに咲いててほしいよねーってことで、期待半分不安半分のまま車を走らせました。



【その3 に続く】


テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 埼玉県 群馬県

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。