堰堤どうでしょう 【二居ダム】

二居ダム (新潟県) 【ふたいだむ】

二居ダムどうでしょう
(2011年8月19日訪問)

【データ】
所在地 : 新潟県湯沢町三国
河川名 : 信濃川水系清津川
型式 : ロックフィルダム

堤高(ダムの高さ) : 87メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 280メートル

ダムカード : なし
駐車場 : あり

湯沢町一口メモ : 川端康成『雪国』の舞台となった


【独り言】
今回のダム巡りで、初めて『関越トンネル』(関越自動車道)を通過してみました。
谷川岳の下を通るトンネルは全長およそ11キロ!!

…う~ん、アレは長いな。ちょっと怖かったかも(汗)

ちなみにトンネルの出入り口すぐそばにある『谷川岳PA』のスナックコーナーでは、
“みなかみダムカレー”を食べることができます♪
これはマジおすすめ!!


【堤体感想】
『おっきーね☆』

…堤高こそ87メートルと、ロックフィルダムとしては“中の上”位の大きさですが、
近くで見ると「100メートルはあるんじゃないか?」と思うほどの迫力でした♪

ここ二居ダムは電源開発(J-POWER)が管理する“揚水発電用”のダムで、
上池の『カッサダム』と水をやりとりして下流の『奥清津発電所』、通称“OKKY”(オッキー)で発電しています。

尚、この発電所は揚水発電所としては日本最大級だそうです!

OKKY大きいよOKKY


二居ダム 洪水吐
※洪水吐(放流設備)の様子

…トップ写真ではあえて遠目からのものを使いましたが、もちろん堤体付近も見学できます♪

洪水吐はローラーゲート2門のシンプルなタイプですが、
こちらもやはり近くで見るとかなりおっきーです!

当然これとは別に取水口もあるので、
実際にこのゲートが開けられるのは1年に平均1回程度とのことですが、
う~ん。ここからの放流はさぞかしダイナミックなんだろうなぁ…☆


二居ダム 導流路
※ダム下流・導流路の様子

…うん。なかなか味わい深いですね♪

ちなみにこの写真を撮った場所は公園のようになっていたのですが、
このダム(発電所)はかなり“開かれている”ので、
思う存分に物色…見学できました!!


二居ダム 天端
※天端の様子

…天端付近までは車で行けますが、ここは乗り入れ不可でした。

説明板なども丁寧にたくさんあったのでこの上を歩き終わる頃には、
“OKKY博士”になっていることでしょう(嘘)

あ。奥の山に見える導水管は上池の『カッサダム』に繋がっているそうです。
尚、カッサダムは通常見学できないとのこと。

う~ん残念!“片仮名のダム”気になったなぁ…。


二居ダム 下流側直下
※下流側直下の様子

…ダムの真下には『奥清津発電所』ならびに『奥清津第二発電所』を臨むことができます。

大自然の渓谷の中にごつい発電所とダムのリップラップ…。
このコントラストはかなり好きだなぁ☆


二居ダム ダム湖
※ダム湖(二居調整池)の様子

…光の加減でエメラルドグリーンに見える水は、透明度も高くとても美しかったと思います♪

湖畔に遊歩道等はありませんでしたが、ここはかなり縦長な調整池のようです。


OKKYミュージアム入口
※『OKKYミュージアム』(奥清津第二発電所)入口

…ここOKKYの特徴と言えば、
何と言っても発電所の中を気軽に見学できることではないでしょうか?

4月~11月の期間のみで月曜定休ですが、事前予約も何も要らないですよ♪


ミュージアム内配電盤室
※ミュージアム内・配電盤室前

…この写真はあくまで一例ですが、
揚水発電所内の設備を説明板付きで色々見て回ることができます!!

ダムを含む一連の施設をじっくり見て回れば、ホントに丸一日かかってしまうかも知れませんね?(笑)

いや~、
J-POWER…ホント大盤振る舞いだわ!


おっきぃ♪
※マスコットキャラクター(?)の『OKKY』

…OKKYの各所で見ることができるこの“水色な子”ですが、
名前はそのまんま“OKKY”(オッキー)だそうです(笑)

なにコレ?
任天堂のピンクのヤツばりに超絶かわいいんですけど…。
スポンサーサイト



テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : ダム 新潟県

堰堤どうでしょう 【赤三調整池】

赤三調整池 (群馬県) 【あかさんちょうせいち】

赤三調整池どうでしょう
(2011年8月19日訪問)

【データ】
所在地 : 群馬県みなかみ町猿ヶ京温泉
河川名 : 利根川水系赤谷川
型式 : 重力式コンクリートダム

堤高(ダムの高さ) : 17.1メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 27.2メートル

ダムカード : なし
駐車場 : なし

みなかみ町一口メモ : 関東地方だが“日本海側気候”に分類されている


【独り言】
最近は“鑑賞”を主な目的にダム巡りをしている自分ですが、
たまにはふらりこういう所にも行ってみたくなります。

ダムなら何でもいいのか?

…いいんです!!(笑)


【堤体感想】
『人を寄せ付けない面立ち…かな?』

…だってよく見えないんですもん(笑)

とりあえずチラリと見えるコンクリートを見る限り、
完成してから結構経っているんじゃないかなー?って。

みなかみ町には華やかなダムがゴロゴロしていますが、
こういう立ち位置のキャラも必要じゃないかと。


赤三調整池ダム 天端前
※天端前の様子

…こんな感じでダム周辺は固くガードされていました。
まぁ企業が所有する発電用の小型ダム…別に広く公開する必要もないと思いますが。

…とは言いつつも、気になってしまうのが悲しい性(笑)
う~ん。残念だけど今回はチラ見だけしとくか。

あ。『赤三調整池』ってのは、
谷川第発電所 調整池”の略なんですかねぇ?

…“黒四”みたいなもん??


おなじみの警告板
※下流2キロ位の所にある警告板

…この警告板を見る限り、正式名称も『赤三調整池』っぽいですが。


赤谷川第三発電所
※赤谷川第三発電所

…ちなみにその発電所はこんな感じでした。

位置は上の警告板の隣ですので、
上流に2キロ離れた調整池からここまで水を運んでいるようです。

尚、この発電所のすぐ前には、
赤谷湖(相俣ダム)の貯砂ダムがあったりもします。


赤三調整池ダム 上流側
※上流側・右岸の様子

…さて、ダム本体に話を戻しましょう。

いや~。それにしても自然豊かな所ですよね☆
おかげでさっぱりわからんです♪

正面にかろうじて見えるのは取水ゲートかな?
ここから下流の発電所まで水を運んでいるのだろうか??


赤三調整池ダム 下流側
※堤体(下流側)の様子

…下流側に回ると、
大自然に加え、かなり気合の入った侵入防止策がお出迎え♪

もう不審ダムマニアに対し徹底抗戦するかのようです!(嘘)


赤三調整池
※調整池の様子

…よって調整池も当然チラ見といったカタチになります(笑)
ここはさらに上流にも発電所があったりするので、水位の変動も激しく危険です。


赤三調整池付近
※ダム周辺の様子

…う~ん。もういいや(笑)

ちなみにダム周辺はこんな感じ。
対向車も交わせないので、用事が無ければ走りたくない道でした。

まぁ安全に楽しくダム巡りをするなら、
下流そばにある『相俣ダム』がオススメじゃないかと♪

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : ダム 群馬県

堰堤どうでしょう 【相俣ダム】

相俣ダム (群馬県) 【あいまただむ】

相俣ダムどうでしょう
(2011年8月19日訪問)

【データ】
所在地 : 群馬県みなかみ町相俣
河川名 : 利根川水系赤谷川
型式 : 重力式コンクリートダム

堤高(ダムの高さ) : 67.0メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 80.0メートル

ダムカード : あり
駐車場 : あり

みなかみ町一口メモ : 日本で唯一“ブリッジバンジージャンプ”ができる


【独り言】
このダムの湖畔には『猿ヶ京温泉』という温泉が沸いていて、
温泉街には数多くの旅館が立ち並びそれなりに栄えていたのですが、

ここの湯には、
“猿が大やけどを負った子供を温泉に入れて助けた”…という伝説があるらしい。

…猿すげぇよ、猿!!!!


【堤体感想】
『縦長系にして窮屈系』

…1959年竣工。もう50年以上も歴史のある相俣ダムですが、
第一印象としては“とりあえず縦に長い!”といったところでしょうか?

具体的に計算してみても、
堤頂長1に対しての堤高の割合0.83と、実際に相当縦長のダムであるということがわかります。

*参考:周辺の主なダムの比較数値(堤頂長1に対しての堤高の割合)
奈良俣ダム→0.30、矢木沢ダム→0.37、藤原ダム→0.41、薗原ダム→0.60
(尚、アースダムを除く日本一縦長のダムは広島県の帝釈川ダム→1.76だそうです。す、すげぇ!!)

ちなみに自分が訪問してきたダムでは、
栃木県の川俣ダムが0.89と最も縦長だった訳ですが、

とりあえず縦長ダムマニアの方には堪りませんよね?(笑)


相俣ダム ダムカード
※相俣ダム・ダムカード

…また「窮屈そうだなぁ」と思った所以はこのカードを見て頂ければわかり易いのですが、
右岸側にかなり高い断壁がそびえていた点ですかね。

何と言うか、近くで見ていて圧迫感があるような…。

ちなみにこのダムカードは付近にある『相俣ダム資料室』にて頂いてきました。
なかなかナイスな写真ですよね♪


相俣ダム 下流直下
※下流側直下の様子

…ダムができる前もかなり急峻な地形だったのでしょうか?

このように、周辺の地形によって形が唯一無二な点もダム鑑賞の魅力だと思います!


相俣ダム 天端
※天端の様子

…季節や天候などによって変わるのかも知れませんが、9時から16時半まで開放されています。

とりあえず、雨宿りにも良さそうでしたよ(笑)


相俣ダム ダム湖
※ダム湖(赤谷湖)の様子

…地形的に丸々1周はできませんが、湖畔には遊歩道が整備されていました。
ボート乗り場なんかもあるみたいですね♪

この写真で言うと、
対岸には猿ヶ京温泉の温泉街が広がり、
見ることはできませんが左奥には『三国山』がそびえ、峠を越えると新潟県に入ります。


相俣ダム ダム湖・遮水加工
※赤谷湖・遮水加工部

…ここ赤谷湖の“ダム的な特徴”と言えば、
左岸側の一部にコンクリート舗装による遮水加工がされていることではないでしょうか?

…漏れちゃったらしいですよ。試験湛水の時に。

この工事は当時としては世界的にもかなり珍しかったそうです。


相俣ダム 『湖中ダム』(貯砂ダム)
※赤谷湖『湖中ダム』の様子

…赤谷湖の上流、ダムから車で10分弱位の所にあります。

ダムで見かけた周辺案内図に『湖中ダム』とあったので少しだけ期待して行ってみたのですが、
なんて事は無い、ちょっと立派な貯砂ダムでした(笑)

しかしながら、ダムの大敵と言えば何と言っても堆砂!!
観光客で賑わう赤谷湖を、上流から静かに見守る頼れる存在です☆


ヤギ草刈中
※『相俣ダム資料室』近辺にて

…さて。今回の“割とどうでもいいコーナー(笑)”ですが、

ダムカードを貰う為に資料室の近くまでやってきたところ、
こんな看板を見つけてしまいました!!

おいおい、お前は何を言っているのかと。
こんな所にヤギなんかいるわけないじゃ…



…ホントにいるし(笑)
※ヤギの作業風景

…い、いたよ。

確認できた“草刈要員”は4匹位でしょうか?
リールに繋がっているヤギと繋がっていないヤギがいましたが、

繋がっていないお方は、
かなりフリーダムに作業されていらっしゃいました(笑)

管理所で飼っているのか?
どこからやってきたのか?

“ダムでヤギ”

…う~ん。謎は深まるばかりです。

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : ダム ダムカード 群馬県

堰堤どうでしょう 【四万取水ダム】

四万取水ダム (群馬県) 【しましゅすいだむ】

四万取水ダムどうでしょう
(2011年4月29日訪問)

【データ】
所在地 : 群馬県中之条町
河川名 : 利根川水系四万川
型式 : 堰(重力式コンクリートダム)

堤高(ダムの高さ) : 9.0メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 30.8メートル

ダムカード : なし
駐車場 : なし(数メートル離れた沿道に駐車スペースはあり)

周辺のオススメ観光スポット : 奥四万湖(四万川ダム)


【独り言】
『中之条ダム』から『四万川ダム』に向かう途中にたまたま通りかかったので、
気になって寄ってみました。

まぁかなりマイナーなダム(堰)なのでしょうが、
“四万温泉”に向かう国道沿い(…ここは一本道)で、しかもロードサインもあるので、
迷うことも無いと思います。


【堤体感想】
『上から見る限り、一見の価値はありそうだった…』

…う~ん。訪問時このダムは上流側上方からしか見ることができなかったので、
何とも感想の言い様がないですね。

下流側の堤体の様子も見たかったなぁ…。

あ。ダム湖の水は上流にある『四万川ダム』同様、きれいなコバルトブルーに見えました♪


ダム前の標識
※ダム前の標識

…とりあえずこのダム(堰)の存在は今回初めて知った訳で、
当初は中之条ダムから四万川ダムに行くコースで車を走らせていたのですが、
その道中で、いきなりこんな標識を見かけました。

まぁダム巡りをしている訳なので、当然寄ってはみるよね?(笑)


…倒木なら仕方無い。
※ダムの近くまで下りることができる階段

…ここを通れればもう少し堤体を見ることができたのでしょうが、
こういった事情で無理でした。

むぅぅ…倒木ぇ…


四万取水ダム 下流域
※ダム下流域の様子

…ちょっと諦めきれなかったので周囲を探検(笑)

下流側100メートル位離れた地点に“散策コース”っぽい階段を見つけたので、
そこから移動しようとしましたが、小雨も降っていて少し危険な感じがしたのでやむなく断念!

自分のダム巡りのモットーは、
“ガンガンいこうぜ”より“いのちだいじに”です☆


四万発電所 概要図
※ダムサイトで見かけた説明板

…先ほどの標識では“ダム”表記ですが、説明板では『四万取水堰』と記されていました。
まぁ自分にとってはどちらでも良いのですが。


【注:河川法上では堤高が15メートルを満たないものは“ダム”ではなく“堰”と呼ばれるそうです】


なるほど。このダムの水は下流にある『四万発電所』で用いられるものなんですねぇ。

…でもこの説明板。
丁寧に書いてあるのは嬉しいんだけど、小さい文字が少し見づらいなぁ…。


…もうちょっと見やすい場所に置いてもいいのに(笑)
※ダム周辺の様子

…なにも柵から離して設置することないのに(笑)

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : ダム 群馬県

堰堤どうでしょう 【四万川ダム】

四万川ダム (群馬県) 【しまがわだむ】

四万川ダムどうでしょう
(2011年8月19日訪問)

【データ】
所在地 : 群馬県中之条町
河川名 : 利根川水系四万川
型式 : 重力式コンクリートダム

堤高(ダムの高さ) : 89.5メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 330メートル

ダムカード : あり
駐車場 : あり

中之条町の特産品 : 花いんげん豆 など


【独り言】
ここ四万川ダムのすぐ下流には、
“上毛三名湯”の一つでもある四万温泉(残りは草津・伊香保)がありますが、

その温泉街の中には、
ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の“油屋”のモデル(の一つ)となった旅館もあるそうです。

ふーん。ちょっと前くらい通ってみれば良かったかな…。


【堤体感想】
『バブリー感が漂う…しかしカッコいい!!』

…本体の着工がバブル期(末期)の1990年ということもあるのでしょうか?(竣工は1999年)
もし現在同じ規模・デザインのダムを造ったら、
確実に世間の冷たい視線に晒されること請け合いの堤体
だと思いました(笑)

ま。裏の事情はよく知りませんが、
ダムなんて物は“そこに必要だから”造られた訳であり、
今でも立派なお勤めを果たしいると自分は思うんですけどね。


四万川ダム 堤体(下流側)
※堤体(下流側)の様子

…実際のモデルがあったかは謎ですが、
どことなく西洋らしさを感じる石積み風のデザインでした。

周りの景観にも配慮したデザインだそうですが、近くで見るとなかなかカッコいいです♪

自分が今まで実際に見てきたダムだと、福島県の『三春ダム』もこんな感じだったかな?
あそこは三春城がモチーフで“和テイスト”でしたが…。


四万川ダム 堤体(上流側)
※堤体(上流側)の様子

…こちらはさすがに石積み風では無いですが、
管理棟の三角屋根やコバルトブルーの水、周りの緑などが助長し、
まるで“湖畔にそびえ立つ西洋の館”のようでした。

う~ん。どこから見てもメルヘンだわ(笑)


四万川ダム 天端
※天端の様子

…いやー。ぶれないデザインですね。

奥の山の景色からは明らかに不自然な絵ですが、
これでも最近は自然に溶け込んでいるように見えてしまう自分はもう末期症状でしょうか?(笑)

ちなみに幅は車2台がギリギリ交わせるくらいで、
関係車両以外は左岸側から右岸側への一方通行でした。


四万川ダム 天端で見かけた色々
※天端にて

…欄干には地元の学生達が書いた陶板画(?)が飾られていたり、
ダム設備の説明板が掲げられていたりもします。

ここ四万川ダムは“開かれたダム”という点も売りの一つだそうですが、
こういった取り組みもその一環なのかも知れませんね?

あ。そうそう、
ダム周辺のマンホールのデザインは『ニホンカモシカ』だったのですが、
よく出るのかなぁ??このあたりは。


四万川ダム 下流直下
※下流側直下の様子

…ダムのすぐ下には発電施設の他に、
野外ステージなどがあるちょっと小粋な公園(日向見公園)もありました。

さすがにこの公園から真上のダムを見上げてみると大迫力でしたね♪
ここでは減勢工のすぐそばで川遊びなんかもできるので、結構面白いと思いますよ!


四万川ダム ダムカード
※四万川ダム・ダムカード

…ダムサイト(左岸)にある管理事務所にて頂きました♪

ま。放流している訳でもなく、
下の公園から普通に撮れるようなショットですが…(笑)

個人的にどちらかと言うと、このダムは上流側から見た姿の方が好きなんだよなぁ…。


四万川ダム ダム湖
※ダム湖(奥四万湖)の様子

…ココだけの話ですが、
ダム湖の周囲はおよそ5キロで、湖畔にはいくつか展望台や公園が点在しています。

て言うか、この景色って不思議な感じがするよなぁ…。
まるで異世界にやってきたみたいな(笑)
さっきも言いましたが、ホントにダムが“湖畔にそびえ立つ西洋の館”みたいですよ!

あとココだけの話、
水は独特なコバルトブルーに見え、相当美しく感じました!!
これは一見の価値は十二分にあると思います☆

……。

う~ん。正直なところ、
この奥四万湖についてはあまり書きたくなかったんですよね~。


…ナイショだよ(笑)
※ダムサイトで見かけた案内板

…ほらね(笑)

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : ダム ダムカード 群馬県

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター