スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堰堤どうでしょう 【第二奥谷ダム】

第二奥谷ダム (千葉県) 【だいにおくやつだむ】

第二奥谷ダムどうでしょう
(2011年10月4日訪問)

【データ】
所在地 : 千葉県鴨川市
河川名 : 大風沢川水系横手川
型式 : 重力式コンクリートダム

堤高(ダムの高さ) : 22.7メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 52.5メートル

ダムカード : なし
駐車場 : あり (“県民の森”の駐車場)

鴨川市の一口メモ : 国内で一番最初にロシア人が来航した場所らしい…


【独り言】
とにかく昔から『血』が苦手なんですわ…。

どれ位苦手かと言えば、
子供の頃に自分の鼻血を見て失神したことがあるほどですね(笑)

…だからヒルも無理!!

ちなみに奴らは濃い塩水や木酢液が苦手らしいです。


【どんなダム?】
森林浴ついでにダム鑑賞でもいかが?

…そうなんですね。このダムの場合、あくまで“ついで”になるんじゃないかと。
まぁ上の写真を見て頂ければ一目瞭然。“無駄の無い至ってシンプルな造り”となっております。
もしかすると過度な期待をして行くと拍子抜けしてしまうかもしれませんね?(笑)
(千葉では数少ない貴重なコンクリートダムですが…)

ただ。ロケーションとしてはなかなか面白く、
このダムは『県立内浦山県民の森』の敷地内にいらっしゃいます☆

294ヘクタールを有する敷地内には自然豊かな広大な緑はもちろんのこと、
遊歩道やキャンプ場、バーベキュー施設などもありレジャーにはもってこいの場所です!
夏にはホタル鑑賞もできるみたいですね♪

ということで、
たまにはハイキングを楽しむついでにダムを愛でてみるのも良いんじゃないでしょうか?


okuyatsu2-02.jpg
※もう少し堤体の様子

…木ぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!

あ。いきなり取り乱してすいません(笑)
表紙画像からも察して頂けるかと思いますが、
このダムの周辺には木が自然豊かに生えているので実はあまりよく見えなかったりします。
まぁ木は悪くないさ…。

『第二奥谷ダム』は1989年に竣工した鴨川市が管理する重力式コンクリートダムで、
用途目的は“上水道水の確保”です。


okuyatsu2-03.jpg
※更にもう少し堤体の様子

…とりあえず減勢工までは何となくわかった。

何故いつもに増して説明がテキトーかと言えば、
この周辺にはヒルが多く生息しているらしく実はあまりよく見ていなかったりします(汗)
て言うかさ、ビビリでごめんね☆

よし!サクッといこ、サクッと!!


okuyatsu2-04.jpg
※堤体脇の様子

…ここから天端に上がることができるようですが、まぁ立禁だわな。

一般人が入るには危険だと思うけど、
天端からの写真がネットでも幾つか見かけるところを見ると、意外と簡単に許可が下りるのかしら?


okuyatsu2-05.jpg
※天端の様子

…少し上の方から撮影しました。
必要最低限の設備しかないようで、かなりシンプルな感じでまとまっていましたね。


okuyatsu2-06.jpg
※ダム湖の様子

…こじんまりした小さい池でした。
総貯水容量は92000立方メートル…まぁダムとしてはかなり少ない部類じゃないかと。

ちなみに参考として、
現在日本最大の総貯水容量を誇る『徳山ダム』(岐阜県)は660000000立方メートルだったりします!


okuyatsu2-07.jpg
※堤体周辺の様子

…周りにはベンチがあるのでここでのんびり堤体を眺めることもできますね♪
まぁ木でよく見えませんけど…。

ハイキングの途中にここで弁当を広げてみるのも良いかも☆
まぁすぐ脇に『ヒル・マムシ注意』の看板がありますけど…。


okuyatsu2-08.jpg
※内浦山県民の森の様子

…さて。ダム自体の話はここまでとしまして、ここからは『第二奥谷ダム』までの道中をご案内☆

先程話した通りこのダムは“県民の森”の施設内ということで、
足を運ぶことができるのは午前8:30から午後4:30までとなっています。

朝ダムスキーもしくは夜ダムスキーの皆さんは注意注意☆


okuyatsu2-09.jpg
※道中いろいろ

…ダムまでの道中は一般の林道も兼ねているので、
自動車でも一応ダムのそばまでは行くことができますが、
せっかくなのでここは森林浴ついでに歩いて向かうことをオススメしたいと思います。

県民の森入口の駐車場に車を停め、
道なりに進むと【写真左上】のような道がずっと続いていきます。
途中には【写真右上】のような警告板があったりしますが、まぁ舗装の上なら比較的安心…かな?

周りの景色を楽しみながらのんびり歩くこと15分くらいでしょうか?
車両通行止めの柵がある下に続く道と分岐している場所【写真左下】が現れますので、
ここを下に行くと最初に紹介した堤体が見える広場に、
そのまま道を進むと天端やダム湖を見下ろせる場所【写真右下】に辿り着きます☆

まぁ基本的に一本道なので迷うこともそれほどないんじゃないかな…って。


okuyatsu2-10.jpg
※駐車場の様子

…ところで。
今回紹介したのは“第二ダム”だけど、
「じゃあ“第一ダム”の方はないの?」
と疑問に思われる方も多いかと思います。

実は自分も疑問に思っていたので探してみました。

結論から言えば第二ダムとは別に『奥谷ダム』というのは存在するのですが、
その場所というのが何と写真の赤丸の辺りの林の奥なんですねぇ…。
て言うかわかりづれぇぇぇぇ!!!!(笑)


okuyatsu2-11.jpg
※奥谷ダム付近

…まぁ近くまでは行けてもこの有様で見ることはできなかったのですが。
あ。一応木々の隙間から“コンクリートっぽい何か”は確認できましたよ(笑)

ちなみにこの『奥谷ダム』(…多分)も第二ダム同様に“上水道水確保の為のダム”だそうですが、
その規模(有効貯水容量40000立方メートル)から考えても、
堤高15メートルに満たしておらず、ダムとしての登録はなされていないようです。

(千葉県ホームページには表記あり)

…実はこのように堤高15メートル未満の為に、
“表にはなかなか出てこないダム”っていうのも日本には沢山あったりするんですよね?

まぁ自分は『河川法』とか情報サイトの掲載有無などはあまり気にしない方なので、
この程度の違いで“蚊帳の外”にされがちなのは少し残念かなーって。

だって立派に暮らしに貢献している堰だし、現に“ダム”って名前もついてるじゃん(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : ダム 千葉県

堰堤どうでしょう 【竜神ダム】

竜神ダム (茨城県) 【りゅうじんだむ】

竜神ダムどうでしょう
(2011年11月13日直近訪問)

【データ】
所在地 : 茨城県常陸太田市
河川名 : 久慈川水系竜神川
型式 : 重力式コンクリートダム

堤高(ダムの高さ) : 45.0メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 90.0メートル

ダムカード : なし
駐車場 : あり

常陸太田市の一口メモ : 水戸黄門が隠居後に住んでいた


【独り言】
『竜神』で思い出したんだけど、
ドラゴンボールに神龍(シェンロン)っているじゃん? アレ、あの喋るヤツ。

あれの願い事だけど、
「“願い事が無限に叶うようになりますように!”が最強じゃね?」
…と昔よく思いませんでしたか?

類似としてドラえもんの『もしもボックス最強説』っていうのもあると思うんだけど…(笑)


【どんなダム?】
観光的にも意識?…まず目に付く吊橋と赤いゲートに定評のあるダム

…とりあえずこのダムを語るなら、
ダム上方に架かる『竜神大吊橋』をスルーする訳にはいきませんよね?

竜神ダムがある竜神峡を一直線に跨ぐこの吊橋の長さはなんと375メートル!!
歩行者専用吊橋としては日本2位!本州では1位の長さを誇るそうです。

ここからは当然ダムを上から見下ろすこともできるでしょうし、
高さは100メートルなのでさぞかし良い景色を拝むこともできるんでしょうねぇ…☆

まぁ自分はパス…かな?(笑)

…あ。ダム自体はこじんまりとしていますが、
赤いラジアルゲートや三角屋根のゲート管理棟などがなかなか良い味を出した、
“鑑賞用にも向いたダム”だと思います。


ryuujin02.jpg
※ゲートのアップ

…う~ん。とりあえず遠目に見ててもこの“真っ赤なゲート”から目がいきますよね♪

訪問時はよく見るとゲートが1門開いていました!
満水位でもないのに、これは何の意味があるんだろうか?

まぁ不思議な感じがして面白いので別に構いませんが…(笑)

『竜神ダム』は1979年に竣工した茨城県が管理する重力式コンクリートダムで、
用途目的は“洪水調節”と“農業用水・工業用水及び上水道水の確保”です。


ryuujin03.jpg
※“主放流管”のアップ

…赤いラジアルゲートからもう少し下に目をやると、主放流管(ジェットフローゲート)も見えますね☆
この位置に備え付けてあるのは、
今までもどこかで見た気もするけど、とりあえず珍しい…ですよね?


ryuujin04.jpg
※天端の様子

…歩行者のみ通行可。幅員は4メートルジャストだそうです。
まぁ長さも90メートルしかないのですぐ渡りきることができますよね。

渡りきった所(右岸側)からは階段を登って上の吊橋までも行くことができるようです。


ryuujin05.jpg
※天端より下流域を臨む

…うん。自然豊かでなかなか味わい深い景色ですね♪

ここ『竜神峡』は茨城県の中でも“紅葉の名所”として有名な場所で、
秋には大変多くの観光客が訪れる場所です。

実は今回訪れた時も『竜神峡紅葉まつり』の期間中だったそうで、
ダム周辺は物凄い渋滞となっていました。

まぁ今年は全国的に紅葉も遅いみたいなので、ピークにはまだ少し早い感じでしたが…。


ryuujin06.jpg
※ダム湖(竜神湖)の様子

“竜神峡”にある“竜神ダム”、上に架かるのは“竜神大吊橋”でダム湖の名前は“竜神湖”
う~ん。まったくブレませんね(笑)

ダム湖の水は特別キレイでもなかったかな?
形は“くねくねした縦長”ですが、それほど大きくもないようです。

とりあえず「そろそろ流木取り除いた方が良くね?」といった感じでした。


ryuujin07.jpg
※天端から竜神大吊橋を見上げる

…やはり近くで見上げるとなかなかの迫力があります!
あー。この橋の建設工事に携わった人はホントにすげぇや!!

ちなみに通行料は大人300円で、
一度に3500人渡っても大丈夫な設計になっているそうです☆


ryuujin08.jpg
※吊橋のアップ

…俺は無理!以上。


ryuujin09.jpg
※ダムサイトにて

…竜神ダムのすぐ目の前にはお蕎麦屋さんがあったりもします。
なんでも、ここ常陸太田市は蕎麦(常陸秋そば)でも有名な場所とのこと♪

しかし、中華料理屋みたいな名前の蕎麦屋だな…。
(実際は“るちん”と読むそうです)

今回は実際に頂いて来れませんでしたが、
『食べログ』を見る限りだと味も良さそうなので次回訪問時にオープンしていたら寄ってみようかな☆

尚、この建物の上は展望台のようになっているのですが、
ここからだとダムがよく見えたりしますよ!

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : ダム 茨城県

名前を聞いただけで少し気になったダムをひたすら100基挙げてみる

て言うかさ、
たまにはこういうのも面白いかなーって。

まぁタイトル通りですわな。

…ということで、
先日から『ダム便覧』の日本のダム一覧を眺めていたのですが、こんな感じでございます☆

ちなみに一応47都道府県の内、各地1基は選んでみましたので既に訪問したことがあるダムもあり。


【北海道】
ペーパンダム
日の出ダム
ヌッパの沢ダム
ポンテシオダム
サンルダム
エルムダム
忠烈布ダム(→ちゅうれっぷ)
夕張シューパロダム

【青森】
奥戸ダム(→おこっぺ)

【岩手県】
岩崎農場溜池
レン滝ダム

【宮城県】
化女沼ダム(→けじょぬま)
山梨ダム

【秋田県】
早口ダム

【山形県】
月光川ダム
梵字川ダム(→ぼんじがわ)

【福島県】
こまちダム

【茨城県】
竜神ダム

【栃木県】
沼原ダム(→ぬまっぱら)

【群馬県】
神水ダム

【埼玉県】
円良田湖(→つぶらだ)

【千葉県】
軍茶利ダム(→ぐんだり)

【東京都】
乳房ダム

【神奈川県】
石小屋ダム

【新潟県】
カッサダム
鷹の巣ダム

【富山県】
仙人谷ダム

【石川県】
医王ダム
神子原ダム(→みこはら)

【福井県】
九頭竜川鳴鹿大堰(→くずりゅうがわなるか)
龍ヶ鼻ダム
鷲ダム

【山梨県】
竜ヶ池

【長野県】
セバ谷ダム
読書ダム(→よみかき)

【岐阜県】
秋神ダム
神岳ダム(→かみがたけ)

【静岡県】
船明ダム(→ふなぎら)

【愛知県】
山の神池

【三重県】
クチスボダム
七色ダム

【滋賀県】
淡海池(→たんかい)

【京都府】
廻り池

【大阪府】
鳥取池

【兵庫県】
昭和池 ※名前だけではさほど気にならないが県内に3箇所ある
記念池
みくまりダム

【奈良県】
九尾ダム(→つづらお)

【和歌山県】
桜池

【鳥取県】
朝鍋ダム
狼谷溜池
コモ池
詰り溜池
殿ダム
嫁殺池

【島根県】
山神溜池(→さんじ)
ビシャデ溜池
湯屋の奥溜池

【岡山県】
鬼ヶ岳ダム
神之渕池(→かんのんぶち)
極楽寺池
権兵衛池
昭和池 ※名前だけではさほど気にならないが県内に3箇所ある
大正池 ※名前だけではさほど気にならないが県内に3箇所ある
血洗池

【広島県】
黒ボヤ池

【山口県】
崩ノ河内溜池(→つえのこうち)

【徳島県】
小見野々ダム(→こみのの)

【香川県】
三五郎池

【愛媛県】
台ダム(→うてな)
歌仙ダム
山財ダム(→さんざい)
防象池
山の神池

【高知県】
汗見ダム
ジル蔵池
和食ダム(→わじき)

【福岡県】
スゲタ溜池
整理池
地別当共同池(→ぢべっとうきょうどう)
ます渕ダム
夜明ダム

【佐賀県】
打上ダム
万才溜池

【長崎県】
神の川ダム(→こうのかわ)
山茶花溜池(→さざんか)
つづらダム
猫山ダム
男女岳ダム(→めおとだけ)

【熊本県】
第2ヤイラギダム
都呂々ダム(→とろろ)

【大分県】
女子畑第2調整池(→おなごはた)
溜池2号ダム
耶馬溪ダム(→やばけい)

【宮崎県】
芋洗谷ダム
かなすみダム

【鹿児島県】
御手洗ダム(→みたらい)

【沖縄県】
カンジンダム
クガチャダム
タイ原ダム(→たいばる)


…以上、『名前を聞いただけで何となく気になったダム100基』でした。

どうです?皆さんもこの中で気になったダムはありましたか??

まぁあくまで“名前を聞いただけ”なんで深い理由がある筈も無く、詳細等もほとんど見ていないのですが…w


う~ん。それにしてもダム名(ため池名)と言っても色々あるんですねぇ☆

地元の方に聞いてみたら「え?何が珍しいの?」とお思いになるものもあるかと思いますが、
とりあえずいずれも由緒ある地名やれっきとした理由の元に名付けられたのでしょう。

更に踏み込んで“名前の由来”まで調べてみるのも楽しいでしょうし、
こういう“名前だけで気になったダムを実際見に出かけてみる”ってのも面白いかも知れませんよね♪

ということで、今後各地に旅する機会があったらダム巡りの参考にしてみようかな?



…ちなみに、
一番“強そうな名前”は『忠烈布』かな?
なんかこういう名前の選手、Jリーグとか中日の助っ人にいそうじゃねwww

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

tag : ダム

ダム巡りダイジェスト【2011年11月18日】『秋のカメカタ再訪問』

て言うかさ、
最悪、子供泣くんじゃね? このキャラクター。

…あ。こっちの話ですw さて活動報告ですね。

今回はおよそ1年半ぶりに、千葉県は“亀山ダム方面”まで足を運んでみました♪
いやはや。実は『亀山ダム』という場所は、
自分がダムに興味を持ち始めてから初めて訪れた千葉県のダムなんですよね。

当時は今と違って“サラッと見て帰る程度のダム巡り”だったのですが、
う~ん。“慣れ”…て言うか“欲求”って怖いねwww
…最近は“見られる箇所は隅々まで見ないと満足できない体”になってしまいましたわw

ということで、言わば“思い出のあるダム”亀山ダム
…そしてその周辺を巡った今回の旅はどんな感じだったのでしょうか?

それではダイジェストの模様を綴っていきたいと思います☆


【1基目】
亀山ダム(重力式コンクリートダム・千葉県君津市)
2011/11/18 亀山ダム

※(古い記事なので書き直すと思いますが)詳細等はコチラ♪ → 過去記事『堰堤どうでしょう【亀山ダム】』

…さて。“好きな物は最後に食べる派”の自分ですが、
今回はいきなりメインダムから回ってみました。はい、1基目はこちらの『亀山ダム』ですね♪

当日の天候の方はご覧の通りまさに曇天…ちょうどここに着く1時間くらい前まで小雨が降っておりました。
確か前回訪れた時も雨が降ってたんだよなぁ…。

…で。今回は何故このダムを再訪問してみたかと申しますと、
実は11月23日に観光放流や堤体内見学ができる『亀山ダムウォッチング』というイベントがある
のですが、
別の趣味の所用で当日は残念ながら行くことができないんですよねー。

しかし、
『亀山オータムフェスティバル』の期間中なら平日に限り
管理事務所内のベランダから堤体を眺めたり、操作室が見学できる

…という情報を入手した為、「これはいい機会だ☆」ってことで訪れた訳です。

いや~。こんな貴重な体験…しかも地元・千葉ってことで、これはもう「行かなきゃ嘘でしょ?」って話ですよねw


亀山オータムフェスティバル

…亀山ダムの周辺にはこのような“のぼり”【写真左】が点々と掲げられており、まさにお祭りムード一色!
天端脇の駐車場ではフリーマーケットも開催されていました☆

ここ亀山湖界隈は千葉県内では『養老渓谷』と並ぶ程の紅葉の名所
どちらも“日本一遅い紅葉が楽しめる場所”として、
晩秋には大変多くの観光客で賑わう場所です。

23日の“ダムウォッチング”も『亀山オータムフェスティバル』の一環イベントで、
他にも観光用ボートで湖上から紅葉狩りを楽しめたり、ハイキングイベントがあったり
盛りだくさんの内容となっているとのことです。

イベントパンフレット【写真右上】の写真と比べると、
訪問時はやっと色付き始めた位で、紅葉狩りにはまだまだ早い感じもしました。
現地の方の話によると「ただでさえ紅葉が遅いのに今年は更に遅くなる模様」だそうです。

…自宅から2時間もあれば着くので、また12月の上旬に来てみようかな?


亀山ダム 管理事務所

…さて、亀山ダムを様々な角度から堪能した後いよいよダム管理事務所に向かいます。
まぁ平日ということもあり、管理所に近づく一般人など滅多にいなそうな雰囲気が漂ってましたがw

いつもの“ダムカードを貰う感覚”でインターホン越しに軽くお願いしてみたところ、
快く管理所内に入れて頂くことができました♪

中では職員さんと色々お話をしつつベランダ【赤い丸の辺り】にて堤体&ダム湖を鑑賞☆
今年はやはり降水量も少なく、一時期は貯水率も50%を切っていたそうです。

あと、
『カメカタ三銃士』について聞こうか迷いましたが
やっぱやめました。



管理事務所 ベランダより

…ベランダから見た堤体の様子です。
普段は見れそうで見れないアングル…なかなかレアな眺めですね♪


亀山ダム 操作室

…こちらは操作室の様子です☆
竣工が30年以上前(1980年)なので特別“ハイテク”な感じはしませんでしたが、
やはり“メカメカしい”ですねwww

自分は“外見からこの世界に入った人間”なのでこういった設備など技術的なものには疎いのですが、
やはり一個一個の機械を説明を受けながら見ていくのは楽しいですね♪

見学可能期間中に訪れるのがベストかも知れませんが、
この亀山ダムは小さいながらもなかなか味わい深いダムなのでけっこうオススメですよ!

…ということで、
管理所職員の皆さん、お忙しい中本当にありがとうございました!!


【2基目】
片倉ダム(重力式コンクリートダム・千葉県君津市)
2011/11/18 片倉ダム

※(古い記事なので書き直すと思いますが)詳細等はコチラ♪ → 過去記事『堰堤どうでしょう【片倉ダム】』

…さて2基目はコチラ!
亀山ダムから数キロしか離れていないので“是非ともセットで訪れたい”『片倉ダム』でございます♪

こちらも亀山ダム同様2度目の訪問。今回は常用洪水吐より軽く越流ってました。


片倉ダム 下流側直下

…ここ片倉ダム(笹川湖)周辺も紅葉の名所。
もう少し経てばこの天端上からも素敵な光景が見られるんでしょうねぇ…。
ゆっくり景色を楽しみたいなら、このダム敷地内なんかも隠れスポットなのかも知れませんよ?

…ということで一通りダム見物を終えた後は、
『片倉ダム記念館』も併設されている『道の駅 ふれあいパークきみつ』で休憩をとることにしました♪
ここはダムからも十分徒歩圏内ですよ!


ワンダーみっちゃんなど

…さて道の駅に到着。記念館【写真左上】は正直ちょっと物足りない内容なのでザクッと見るに留め、
「何か目ぼしい物はないかなー?」
と辺りをキョロキョロしていると、片倉ダムの看板【写真右上】を発見!!

……。

ちょwww ワンダーみっちゃんとかwwwww

ちなみに『ワンダーみっちゃん』は片倉ダムのイメージキャラクターだそうですが、
どうイメージしたらこうなった…。

尚、写真左下のキャラクターは君津市のマスコット『きみぴょん』です♪
…やべぇ!これはキャワイすぎる!!!!

このキャラ達を2つ並べるのはあまりにも酷かも知れませんが敢えてやってみましたw
…も、もちろん自分は“ワンダーみっちゃん派”ですよっ!


【3基目】
平沢ダム(アースダム・千葉県大多喜町)
2011/11/18 平沢ダム

…さて。今回の最後を締めくくるのはコチラ!『平沢ダム』でございます!!
本当は“カメカタ”で終了にするつもりだったのですが、
ワンダーみっちゃんに不思議なパワーを貰ったため、1基だけ新規開拓をば♪

ここ『平沢ダム』は、
1998年に竣工した千葉県が管理する農業用水確保の為のアースフィルダムなのですが、
実は周辺を流れる『夷隅川』は昔から天然ガスやかん水(塩水)が湧き出ることで、
農作物にもかなりの影響を及ぼしてきたため、その対策の一つとして造られたダム
でもあります。

いやはや。まだ竣工から十数年しか経っていないため周辺はかなりキレイに整備されていました☆


平沢ダムのいろいろ

…訪問時のダム湖はほぼ満水状態。強い風が吹けば今にでも越流しそうな程でした。【写真左上】
まぁ例によって人の気配は皆無でしたが、
ダム湖周辺には展望台【写真右上】があったりと一応“人を受け入れる態勢”はあるようですね。

このダムで面白かったのはズバリ“天端のガードパイプ”と“ダム説明板”!!

ここ大多喜町はたけのこの名産地なのですが、
ガードパイプの柱はたけのこをモチーフにされたもの【写真左下】だったり、
説明板はかつて本多忠勝が居城していた名城『大多喜城』を模った形【写真右下】をしていたりと、
所々に大多喜的要素をちりばめた、なかなか郷土愛を感じるダムだったと思います!

飽和状態に感じる千葉のアースダムでも“たまにこういう面白いダムがあるから”止められませんよね♪



…てな感じで今回のダム巡りはこれにて終了。

う~ん。時期的に少し惜しい小旅行でしたが、
貴重な見学あり、素敵な発見あり、新規のダム開拓あり…と結局秋の上総地方を満喫することができました。

最近はおかげ様で関東を中心に色々な地方までダム巡りをすることができてますが、
やっぱり地元のダムっての良いものですね!

近くを旅するからこそ遠くの良さもわかるし、
遠くを旅するからこそ近くの良さを再認識できる
ってのも絶対あると思います!!

毎度ながらのダム巡り&小旅行
…自分にとってはいつも新しい発見との出会いで、リフレッシュできる止められないものです☆


さてと。次はどこのダムに行ってみよっかな~☆



【おまけ】
2011/11/18 ダム巡り戦利品

…今回の戦利品はコチラ!!『道の駅 きみつ』限定の、
『タマゴかけご飯専用醤油』と『目玉焼き専用醤油(ソース?)』(各350円)でございます♪

君津市というと臨海地区の工業地帯のイメージが強そうですが、
実際は非常に自然豊かな場所で“養鶏業”なんかも盛んな場所だったりします。

ダムの話をすると今回の『亀山・片倉ダム』の他に、
『豊英ダム』『三島ダム』『郡ダム』なども君津市所在ですね。

…まぁさ。
今更言うのもアレですが、やっぱりTKGは最強だよね!!!!

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : ダム 千葉県

堰堤どうでしょう 【桐生川ダム】

桐生川ダム (群馬県) 【きりゅうがわだむ】

kiryu1.jpg
(2011年6月14日直近訪問)

【データ】
所在地 : 群馬県桐生市
河川名 : 利根川水系桐生川
型式 : 重力式コンクリートダム

堤高(ダムの高さ) : 60.5メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 264.0メートル

ダムカード : あり
駐車場 : あり

桐生市の気になる名物 : コロリンシュウマイ


【独り言】
2011年11月2日時点の情報だと群馬県内では17枚のダムカードが配布されているそうな…。
『道平川ダム』で4枚手に入るとは言え、
一から全部手に入れようとするとなかなかの時間と労力がかかりますよね?

自分の場合、泊りがけなどでダム巡りをする場合は、
ダムカード配布ダムを基点に合間の気になるダムも訪れる“点を線で結ぶ”行程
組むことが多い訳ですが、
ドライブやツーリングが好きな人で“ダムカード集め”を一緒に行っている人の気持ちも
最近よくわかる気がしてきました☆

ちなみに現在最も多くのダムカードを配布している県は新潟県の21枚!
最近になって県営のダムでも一斉に配布を開始したらしいです。
もちろん『佐渡島』も込みですが、
これを全部集めるとなるとなかなか素敵な旅ができそうですね(笑)

ともあれダムカードもダムに興味を持つきっかけの1つとして大きな影響を与えている功績があるのも
紛れもない事実でしょう♪


【どんなダム?】
開かれているんだかいないんだか…

…ダムサイトにはそれなりの駐車場もあるし、ダムカードも配布されている。
桐生市街地からもそれほど離れていなく、どうやら“湖面利用も盛ん”と謳われている。
一応、ダムを見渡すことのできる展望台もあったりします。

でも何となく周辺の雰囲気がひっそりとした感じがしたんですよねー。
ダムの前に一軒だけお土産屋さんみたいのもありますが前回休日に訪れた際も閉店していたし、
天端には入っていいのかわからないようなチェーンがしてあったり…。

とりあえず落ち着いてダムを眺めることはできますが、
“華やかさ”や“セールスポイント”はさほど無いんじゃないかと思います。

…あ。市街地の近くということもあり、
駐車場は営業車のナイスサボりスポット…休憩スポットとなっているようです(笑)

まぁダムに興味の無い方には退屈な場所かも知れませんが、
何ていうか…ある意味“癒され系ダム”?


kiryu2.jpg
※堤体(下流側)の様子

…ちなみにトップの写真(堤体真正面)は下流直下にある発電所手前脇の茂みに入ると撮影することができます♪
一応“熊出没注意”の警告板と、無茶をし過ぎると沢に転落する恐れもありますので、
撮影の際は十分注意願います!

桐生川ダムは1976年に竣工した重力式コンクリートダムで、
群馬県が管理するダムとしては最大の貯水容量(1220万立方メートル)を誇る
そうです!

う~ん。これは意外でしたね!!
例えば群馬県が管理するダムだと他にも『道平川ダム』『四万川ダム』などがあり、
そちらの方が堤体自体も大きいんですけどね。

“堤体が大きいから貯水容量が多い訳ではない”…なるほど、勉強になりました☆


kiryu3.jpg
※堤体(上流側)の様子

…天端脇の展望台より撮影。
まぁここの展望台はあくまで“ダム湖観賞用”なのでしょうね…。

ゲートのスペックは、
ラジアルゲート・表面取水の為の多段式ローラーゲート・ジェットフローゲートが各1門ずつとのこと。

こう羅列して書くと小難しい感じもするかも知れませんが、
…まぁ普通のダムなんじゃね?


kiryu4.jpg
※天端&下流側直下の様子

…冒頭でも少し話しましたが、
天端には“立禁表示”は無いものの、
チェーンが張られていて少し微妙だった
ので今回は通行しないでおきました。
(ダムカード貰う時に職員さんに聞いときゃ良かった…)

まぁ正直な話、天端から見える光景は想像がついたのでどちらでも良かったんですけどね(笑)

…おっ!?左岸側直下には植栽のアレが見えますよ♪


kiryu5.jpg
※“植栽のアレ”のアップ

…う~ん。“この手の植栽”があるだけで自分の中ではかなりポイントアップなんですよね~☆
ま。別に無くても構わないんだけど、あると嬉しいみたいな?

例えるなら…ラーメンがチャーシューメンに変わった感じです!

ちなみにこのマークは“群馬県旗”に使われているマークで、
3つの月型は上毛三山(赤城山・榛名山・妙義山)を示している
そうです。

…ダム巡りを続けていくうちに、群馬県にも詳しくなってきちゃったよ(笑)


kiryu6.jpg
※ダム湖(梅田湖)の様子

…自分が関西に住んでいた時は、ミナミよりもキタの方が好きでした。
あ。ホントどーでもいいですね!ごめんなさい(笑)

ちなみに『梅田湖』の名前の由来は、“桐生市梅田町にダムがあるから”だそうです。
自然豊かでなかなか良い感じですよね♪

ダムカードによると“湖面利用”も盛んらしいが、全然人の気配が無かった気が…

……。

…まぁ平日だったしドンマイ!!


kiryu7.jpg
※桐生川ダム・ダムカード(配布日時は要確認)

…ダムのすぐそばにある管理所にて頂きました。

この記事のトップ画像と“似て非なるアングル”ですね。副ダムの上から撮影したのかな??

いずれにしても貴重な1枚をゲット♪
ダムカード収集の旅をするなら、お隣は『草木ダム』(みどり市)だと思います☆


kiryu8.jpg
※ダムサイトで見かけた看板1

…まぁ一見どこにでもありそうなダムの案内板ですが、日本語の説明の横には英語での訳もぎっしり!!!!
これって意外と珍しいと思うんですが…。

う~ん。桐生川ダムってばインターナショナル~♪

(尚、年間どれ程の外国人の方がここを訪れるかは定かではない)


kiryu9.jpg
※ダムサイトで見かけた看板2

…こ、これは何て不思議な看板なんだ!!

メッセージ性があるような無いような…。ちょっと今の自分には難しいですね(笑)

ちなみに気になって仕方が無かったので、
“water revolution 91”などでググってみましたが、結局何のことだかはわからずじまいでした…。

…な、何があった!? 91年にっ!!!!

テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : ダム ダムカード 群馬県

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。