スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダム巡りダイジェスト【2012年7月16日】『海の日・栃木ドライブ』その5

その4からの続きです】

【5基目:塩田ダム@矢板市】
20120716-37.jpg

…さて。今回の『海の日・栃木ダム巡りドライブ』もいよいよラストとなりました。
最後に訪問したのはこちら。矢板市にあります塩田(しおだ)ダムでございます。
初マムシ体験で翻弄されてしまった先程の寺山ダムからは15分もかからなかったかな?
実は同じ栃木県内に『塩田調整池』というダムがあるのですが、そちらとはまた別のダムとなります。


20120716-38.jpg

…ではまず簡単なダム紹介でも。
塩田ダムは2000年に完成した栃木県が管理するロックフィルダムで、
高さが26.1メートル、長さが218メートル。ダムの役割は灌漑用水の確保です。

ちなみにこの写真が堤体の直下から撮ったものなのですが、
ロックフィルダムにしてはかなり堤高が低いのがおわかりになられるかと思います。


20120716-39.jpg

…ダム湖自体はそれほど大きくもなく、
暑くなければ「ちょっくら一周散歩してみっか♪」と思う位でした。

ま。例によってダム自体を愛でている人間なんぞ自分くらいなものでしたが、
この日は休日ということもあったのでしょう…周辺には多くの釣人で賑わっていました。
何が釣れるんじゃろか?
自分はマグロとかカツオとか鯖など“実用的な魚”以外はあまり興味ないので、そこら辺はパス(汗)


20120716-40.jpg

…ダムの下流域にはこのようなナイス田園風景が広がっていました。
どれ位ナイスかと言えば、
ここからの風景は“とちぎのふるさと 田園風景百選”に認定されている程です!

…うん。多分すごいことなんじゃね?w


20120716-41.jpg

…まぁこちらの塩田ダムではこれと言ったハプニング等もなく終始平穏に鑑賞できたと思います。

「あ。こんな所にも東屋があるんだ」

…ダムサイトは『県営水環境整備事業』ということで所謂“開かれたダム”でも目指しているのでしょう。
湖畔に沿って展望スペースや東屋などが(乱立ぎみで)沢山整備されており、
周辺全体が公園のようになっていました。

まぁダムの規模・推測できる訪問者数から考えると少し無駄が多いというか、
“活かしきれてない感”も正直漂っていましたがw
(道中には標識なども無くて非常にわかりづらい場所だし…)

ま。そういうダムってのも実際は結構あるもんだ…。


20120716-42.jpg

…例えばそれを象徴するのがこのベンチ。
当初は下流域の田園風景をのんびり見れるような設計だったのでしょうが、


20120716-43.jpg

…実際に座ってみて見える景色と言えば、草?
うん。そのうち除草作業でもするのかも知れませんが、あんまり管理が行き届いてないんだよなー。
このベンチに座っても誰も癒されんだろwww

まぁ部外者の自分が言うことでもないかも知れませんが、
こういった関連施設にも維持管理に金がかかる訳だから、
中途半端な管理になってしまう位なら
初めからもっとよく考えて整備すればいいのに…
と。


20120716-44.jpg

…ま。ダム自体はこうして本来の役割は果たしているだろうし、
実際問題難しい話かとは思うんですけどね。

いつからか“ダムと地域(住民)のつながり”にも興味があったので、少しだけそう思ってみただけですw
機能は果たしているのにこの“無駄豪華”の施設のせいで、
プロ市民(笑)の皆様が誤解して叩きやすそうなダムにも感じたので…。
(ほら?ダム=全て無駄って考えてしまうアレな方も実際いる訳じゃないですか?)


20120716-45.jpg
※愛車はこの後日、夏バテの為入院して頂いたw

…まぁ最後は柄にも無く余計なことまで考えてしまいましたが、
とりあえず今回の栃木ダム巡りドライブも予定通りの5基訪問でフィニッシュです♪
今回は全て“初見ダム”ということで充実感もたっぷりでした!

そして今回の総括と言えばとりあえず暑かった!
いやー。当たり前のことではありますが夏場のダム巡りは結構体に応えますね。
それでも自分の好きなことをしている訳だから苦にはならない筈なのですが、
でもやっぱりしんどいもんはしんどい!

本来インドア派である自分にとって、
夏の休日くらい無理しないで家に篭っていたい気分ではあるのですが、
それでもやっぱダムで体が疼くんだわ、残念ながら。

…ま。体調管理に気をつけつつ、この夏もダム巡りで乗り越えていければいいかなーって。


ということで、
皆様も熱中症等には注意しつつ素敵な夏をお過ごし下さいませ!



【今回のルート】(東北道・矢板IC~西古屋~西荒川~東荒川~寺山~塩田)

※実際に走ったルートとは若干異なるかもです。


…さてと。次はどこのダムに行ってみよっかな~☆

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。




※今回は『おまけコーナー』をお休みさせて頂きます。ばっきぃ先生の次回作にご期待下さい。
スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 栃木県

ダム巡りダイジェスト【2012年7月16日】『海の日・栃木ドライブ』その4

その3からの続きです】

【4基目:寺山ダム@矢板市】
20120716-26.jpg

…続いてやってきましたのはこちら。矢板市にあります寺山ダムでございます。
先程の東荒川ダムからはちょっとした山道を進み車でおよそ30分くらい。
ナビ通り進むと上流側の『寺山ダム公園』に着いたので、まずここから遠目に堤体を堪能します♪


20120716-27.jpg

…いやー。さっきまでコンクリートダムがずっと続いてたので、
そろそろフィルダムに飢えかけていたところなんですよねwww
うん。遠目から眺めていてもなかなかのナイスロック!これは下流側から見ても期待できそうです。
ではさっそく車をダムサイトの方へ移動させましょうか…

と、その時!


カサカサカサ…


「…ん?」

……っ!?


20120716-28.jpg

…まぁアレだ。人間って本当に恐怖に見舞われた時って意外と声が出ないもんなんですよねw

足元の草むらから変な気配を感じたので真下を見ると、
なんとそこにマムシがいるではないですかっ!!
(…いや。ホントにマムシかは知らんけど、この看板がすぐ近くに立ってりゃマムシだと思うよね?ね?)


「へ、ヘビはらめぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」


…もうね。自分はとにかくヘビが苦手なんです。
いや。これまでダム巡りをしている時でも『マムシ注意』なんて看板よく見てきた訳ですが、
実際に遭遇したのなんて今回が初めてですからね。そりゃびっくらこきましたわ!
うーん。初体験ってドキドキだよね☆

「もう無理。早くこの場を去らねば…」
とりあえず一目散に公園を後にし、ダムサイトへと駆け込むことにしました。


20120716-29.jpg
※非常用洪水吐の様子

まぁ何基もダム回ってりゃ、ヘビ位いつかは遭遇するだろうとは思ってたけどね。
むしろここまできて初めてっていうのは逆に運が良かったのかも。

…さて、ダムサイトへとやってきました。さっきのハプニングは無かったことにして、
ここから仕切り直し…ゆっくりダム鑑賞でも再開しましょうか♪

うん。無かったことにして…
無かったことにして…

……。

…でもさ。やっぱり気になる訳ですよ。


DSCN7291.jpg

…ここにも同じ看板あるしw

だって“岩場の下にマムシがいるときがあります”とか書いてあるけどさ、


20120716-31.jpg

…ここロックフィルダムなんだぜ?


20120716-32.jpg

…例えばこことかにもいるかも知れないし、


20120716-33.jpg

…ここら辺とかもね。


20120716-34.jpg

…て言うかさ、
もはや『360度マムシクライシス』じゃんw

ま、まぁ一応ひと通りは見て回ったつもりではあるのですが、
やはりさっきの衝撃が脳裏から離れなくて、どうしても無意識のうちに駆け足気味になっていたと思います。

しかもさ…


20120716-35.jpg

…こんな看板まである始末だしw
もう“泣きっ面に蜂”とはこのことでしょうか?(…いや、意味違うだろ!)


まぁさ。
この先ダム巡りを続けていくに当たって、もしかしたらこんなことはざらにあるかも知れない。
て言うか、こんなことでいちいち騒いでいたらキリもないかも知れませんねw
これらヘビや蜂、熊辺りの対策は実践面・メンタル面の両方において今後の課題となることでしょう…。

だってもっとダムりたいからこそ、
それを乗り越えていかなきゃいけないんだもんっ!


…ま。なんだかんだ今回の件も良い思い出ということにしておこうwww


20120716-36.jpg

…あ。終始“ビビリ自慢トーク”になってしまったので、最後に簡単なダム紹介しておきます☆
(もはやこのブログ・この記事で需要あるかは疑問ですがw)

寺山ダムは1984年に完成した栃木県が管理するロックフィルダムで、
高さが62.2メートル、長さが260メートル。
ダムの役割は洪水調整・不特定用水(河川維持など)・上水道用水の確保です。

まぁ感想としては確かにマムシは注意なのですが、
栃木県内ではなかなか珍しい中規模の本格的ロックフィルダムでしたので、
一度くらいは見ておいても損はしないのではないでしょうか?

…では今回のダム巡りもいよいよラスト!次は塩田ダムへと行ってみたいと思います♪



その5(最終回)に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 栃木県

ダム巡りダイジェスト【2012年7月16日】『海の日・栃木ドライブ』その3

その2からの続きです】

【3基目:東荒川ダム@塩谷町】
20120716-16.jpg

…さて本日3基目となりますのはこちら!東荒川ダムでございます。
同町内の西荒川ダムからはのんびり走って20分くらいで辿り着いたかな?

実は到着したのが早すぎてまだダムの敷地内へとは入ることができず、
上流側の展望スペース的な所でしばらくダムを上から眺めていました。
「…は、早く天端歩きてぇ!」
いやはや、この風貌だけで早くも期待が持てますね☆
先程の西荒川ダムの見学がアレだったので、その分楽しみで仕方ありません!


20120716-17.jpg

「甘寧一番乗り!」

…開放時間の9時になったので早速敷地内へ。
『この日はオレが一番最初にダム見物に訪れた』…そんなよくわからない満足感に心も躍ります。

とは言うものの、
“見学コース”という意味で感想を述べるなら、まぁ極一般的だったかな?

本体脇の駐車場に車を停め、とりあえず天端を奥まで歩いていき、また戻ってくる。
自分の場合は大体、往路は下流域を見ながらで復路はダム湖を見ながら戻ってくる。
…どこのダムに行っても大抵そんな感じの繰り返しなんですが、
その“いつもの”ってのがまた落ち着いたりもするんですよねーw

ま。見学の為に一般人に開放してくれているってだけで感謝しなきゃだと思います。


20120716-18.jpg

…では東荒川ダムに関して少しだけ解説。

東荒川ダムは1990年に完成した栃木県が管理する重力式コンクリートダムで、
高さが70メートル、長さが276メートル、
ダムの役割としては、洪水調節・不特定用水(河川維持など)・上水道水の確保・灌漑用水の確保・発電
…まぁ多目的ダムとしてはほぼオールマイティの機能を備えています。

うむ。これなら“看板に偽り無し”だ!


20120716-20.jpg

…ローケーション的に特筆すべき点と言えば、
ダムのすぐ近くに名水百選の一つ『尚仁沢湧水』の湧水地があることではないでしょうか。
そして実は東荒川ダムへはここの水が取水堰・導水路を通じ貯えられています。

うーん。ダム湖に名水百選の水が注がれているとは…
ある意味贅沢すぎると言うか、羨ましい話じゃあないですか!


20120716-19.jpg

…ああ。東荒川ダムは良いダムだよ、うん。 コイツはなかなかできる子だ!

なんたって、
20階建てのビルよりでかいんだからな。


20120716-21.jpg

…な。君もそうは思わんかね?


20120716-22.jpg

…さて、話を戻しましょうか。
ダムサイトでの見学も一通り終え、次に向かったのはダム直下♪
実は天端の上から眺めていた時に真下の発電所の前までも歩いていけそうだったので、
車を尚仁沢遊歩道の駐車場に停め、林道の中をとことこ歩いていきました。

流石に名水が湧くような沢のすぐそば!
横に流れる川は木漏れ日でキラキラと反射し、とても神秘的な雰囲気☆
いやー、何とも涼しげな光景じゃないですか。

…と見せかけてクソ暑かった訳だが。うーん、こういう所って結構蒸すんですよね。
もう「どうしちゃったの?大丈夫?」って位に汗をかいてしまいました。


20120716-23.jpg

…林道の中を歩き始めて15分くらい。やっとダムの真下まで到着!
迎えてくれたのは20階建てビル相当の迫力ある堤体の光景。
この絵は苦労して歩いてきた自分への最高のご褒美となりましたw

ま。暑くなければ全然きつくもないし、森林浴がてら楽しく歩けたと思うんですけどね。


20120716-24.jpg

…この後はダムの上流にある『東荒川ダム公園』(名水パーク)へと移動。
折角なのでダムだけじゃなく、こういった周辺の関連施設にも立ち寄っておきたいですよね♪

この公園の目玉と言えば、こちらの尚仁沢湧水の汲み場!
公園内はダムサイトとはうって変わり、ポリタンクを持った多くの人が名水を求め集まっていました。
こんなことなら自分もポリタンク準備しときゃよかったわ…。


20120716-25.jpg

…“ならでは”とも言うべきか。
まぁアレだ。何事もほどほどに…ってことなんだろうな。

うん。東荒川ダム…なかなか充実した見学ができたな。
ではそろそろ次の寺山ダムへと行ってみましょうか♪
ここまでの3基はコンクリートダム。次回からは魅惑の“フィルダムタイム”です!



その4に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 栃木県

ダム巡りダイジェスト【2012年7月16日】『海の日・栃木ドライブ』その2

その1からの続きです】

【2基目:西荒川ダム@塩谷町】
20120716-07.jpg
※管理事務所の様子

…さて続いてやってきましたのはこちら。同塩谷町内にある西荒川(にしあらかわ)ダムでございます。
先程の西古屋ダムからはまったり走って30分以上かかったかな。
今回のダム巡りでは特別高い山を登ることも無く、非常に運転しやすいコースだったと思います。

ではさっそくお楽しみのダム本体の方に近づいてみましょうか♪


20120716-08.jpg

…。

……ふぅ。

「…あるあるあるw」

まぁ何基もダムに行ってりゃこんなことも日常茶飯事ですよね。
全てが上手くいくと思ったら大間違い。ダム巡りなめんな!!って話ですよ、うん。
…うん。……ぐすん。


20120716-09.jpg

…仕方ないので本体脇の小高い場所にある道路沿いにて見物をすることに。
とりあえず周辺が木々に阻まれていないのだけが幸いと言えましょう。
なんたってオレの中では、
“遠目に見物系ダム”と“木の間からチラ見系ダム”では雲泥の差なんでねw


……。

「おお!これが西荒川ダムっすか!」
フェンス越し、眼下に見えたのは、
中規模ながらも王道系とも言えるなかなか立派なコンクリートダムでした。

あ。ところで…


20120716-10.jpg

…こうやって撮るより、


20120716-11.jpg

…こうやって撮った方が割と現実的だよね☆

まぁ立ち位置は同じ所より撮った写真なんですが、
上の写真はカメラを持って万歳…フェンスの胴縁と有刺鉄線の間から撮ったもので、
下の写真はフェンスなどお構いなし…堂々と視線の高さから撮ったものです。

あ。そんなことはどうでもいいですか? …どうでもいいですね。ホントすいませんでした。


20120716-12.jpg
※ダム湖(東古屋湖)の様子

…まぁいずれにせよ、傍から見たらただの怪しい男ですわな。

ここは釣りスポットとしても有名らしく、撮影中も背中越しに車が何台も行き来していたのですが、
車の中の方にはフェンス越しにカメラを向けている男が一体どう映っていたのだろうか?
…顔は見えなかっただろうが、オレの事だからもしかしたらニヤついていたかも知れない。
人目はもうあまり気にならなくなったけど、今でもこの姿だけは家族に見られたくないですねw


20120716-13.jpg

…あ。結局万歳しながら撮ってたのねwww

ちなみにこちらが上流側から見た堤体の様子です。
うーん。やっぱりこのダムは是非とも近くから見てみたかったなぁ…。
見れないからこそ見てみたいという心理もありますし、
上手く説明はできないけど、直感的に「これは見たい!」っていうのもあるじゃないですか、ねぇ?
一目見た時からこの西荒川ダムにはそんな“魅力”を感じたんだよなぁ…。

…これって恋の予感?


20120716-14.jpg

…では最後に簡単なダム紹介をば。

西荒川ダムは1968年に完成した栃木県が管理する重力式コンクリートダムで、
高さが43.5メートル、長さが116メートルとのことです。
ちなみにダム名称にもある“荒川”とはこの地を流れる『那珂川水系西荒川』のことで、
奥秩父…甲武信ヶ岳に源流を持ち東京湾へと注ぐ荒川水系とは一切関係がありません。

…いや。場所が全然違うのはわかるのですが、
“荒川”と聞くとどうしてもそっちの印象が強かったもんで一応今回調べてみました。


20120716-15.jpg

…ちなみにこちらはダム周辺で見かけた唯一の案内碑(?)です。
ちょっと読んでみましょうか。


- このダムは栃木県土木部最初の本格的な多目的ダムとして洪水調整、かんがいおよび河川流水の正常な機能の維持を図るために昭和三十九年二月に建設に着手し、昭和四十四年三月に竣工したものであり、その後のダム建設事業の礎となった。

平成八年三月吉日



…栃木県最初の本格的多目的ダム?
…ダム建設の礎?

うーん。
だったら尚更開放して見せてくれればいいのになぁ…。
もうそんな重要なダムと聞いたら益々近くから見てみたくなっちゃったじゃんかw
(まぁ事情は色々あるんだろうが、役割に『上水道水の供給』は無いんだしさ…)

「…ま。しゃああんめぇな」
じゃあ次!次は東荒川ダムへと行ってみましょう♪



その3に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 栃木県

ダム巡りダイジェスト【2012年7月16日】『海の日・栃木ドライブ』その1

普通に疑問に思った訳よ。
「どうして山の日という祝日はないんだろう」って。


…あ。こんちわ、オレです。

ということで懲りずにダム巡りに出かけてきた訳ですが、
今回はちょうど『海の日』ということで当初は、
ダムの天端(頂上部)から海でも見える所に行こうとしたのですが、
前夜になって気分が変わったのでやっぱり栃木県に行ってきました。

まぁ今回訪れた栃木県の(やや)北東部には未訪問ダムがまだごっそり残っていたので、
せっかくならそっちの方が良いかなーって。

て言うか、ここ界隈は今年の春前からプランだけは立てていたのですが、
いつも直前になって変更…キャンセルしていた地域なんですよね(汗)
つまるところ、それだけ“後回しにできる一帯”だと判断し…いえ、なんでもありませんw

…やっと日の目を浴びることになったプラン。
今回もなかなか充実したダム巡りをすることができたと思います☆


ではでは訪問記の新シリーズ『海の日・栃木編』、さっそく始めていきましょう♪



【1基目:西古屋ダム@塩谷町】
20120716-01.jpg

…はい。今回のダム巡りのオープニングはこちら!塩谷町にあります西古屋(にしごや)ダムでございます。
ここに到着したのは大体朝の6時頃…そんな相変わらず“朝ダム派”のオレだったりしますw

この日の天候は終日曇りで蒸っし蒸し…しかも猛暑!
もう自分にとっては笑っちゃうくらい不都合なダム巡り日和でしたね。
もうアホにみたいに汗かくのは目に見えてわかっていたので代えのシャツを持っていったのですが、
本当にこれは大正解でしたわ。
うーん。これからのシーズンは辛いダム巡りが続くんだろうなぁ…。

…そりゃダム湖も靄がかるわ。


20120716-02.jpg

…ダム本体までの道のりは標識なども無く、地図を頼りに勘のみで辿り着きました。
早朝にこんな所で人に出くわしたら不審者全開です。

「あー。オレ、何て言い訳しよ? ダム巡りですって言って信じてもらえるかな?」
…別に疾しいことしてる訳じゃないんですけどねw とにかくビビリなもんで。

そんなことを考えつつ、用事が無ければまず通りたくない林道を歩くこと数分。
西古屋ダムがついにダム馬鹿に見つかってしまいました。


20120716-03.jpg

「…ちょw マジ緑ww」

…目の前に現れたのは苔を立派にたくわえた年季の入った堤体。
苔の付いてるコンクリートダム自体はたまに見かけますが、ここまで緑が美しい堤体は初めてかもです!
て言うか第一印象としては“神秘的”…その一言につきますね。
ロケーション的には決して秘境という訳でもないのですが、“プチ秘境感”は抜群でした。


20120716-04.jpg

…林道をぐるっと回って反対側からもアプローチ。
天端は立入禁止の表示こそ無かったものの、クモの巣地獄っぽいので今回はパス。
まぁここに来るまでも相当クモの巣にやられたんですけどね。

ではここで少しだけダム紹介。(…これが無いとホントに雑談のみで終わっちゃうからなw)
西古屋ダムは1963年に完成した東京電力が管理する発電用の重力式コンクリートダムで、
高さが21.5メートル、長さが189.7メートルです。
ダム湖には特に名称は無いっぽいですが、釣りや水泳は禁止という表示がありました。
まぁ泳ごうと思う人はあまりいないと思いますが。

…普段から一般の方はそれほど近寄らないダムなのでしょうか、
逆にガチガチに立禁表示がある訳でもなく、比較的色んな所を見ることができたと思います。

あ。いかにも電力会社のダムっぽい看板を発見♪


20120716-05.jpg

…こんなアクティブな猟師ってホントにいるの?
て言うか、こんな人に免許与えちゃアウトだろwww

…まぁ書いてあるってことは実際にあった事例なのか。

そんなこんなで神秘的なダムでも相変わらずの見学をする始末のオレ。
とりあえず東電管理のダムでは久々に楽しいダムに巡り会うことができたんじゃないかと。

…じゃあどんどん次に行ってみましょう!次は西荒川ダムへと車を走らせます。


20120716-06.jpg
※道中にて

…ちなみにここまでの写真を見ると涼しげな感じもしますが、この時点で実は汗だくだからw
(この日の車外温度はMAXで36℃だったな…)

いやー。熱中症にはホント気を付けないといけませんね。
さっきみたいな所でぶっ倒れたらマジでヤバイって!



その2に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 栃木県

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。