堰堤どうでしょう 【間瀬ダム】

間瀬ダム (埼玉県) 【まぜだむ】

間瀬ダムどうでしょう
(2011年5月1日訪問)

【データ】
所在地 : 埼玉県本庄市
河川名 : 利根川水系間瀬川
型式 : 重力式コンクリートダム

堤高(ダムの高さ) : 27.5メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 126メートル

ダムカード : なし
駐車場 : あり

本庄市の名物 : つみっこ (→小麦粉を練って煮たもの。いわゆる“すいとん”)


【独り言】
この間瀬ダムはかんがい用としては日本初の“コンクリート”ダムということで、
それだけで歴史的意義の大変ある建造物です!(1936年竣工)

ちなみに“かんがい用ため池”の歴史を遡ると、
国内では7世紀前半に河内国(現在の大阪狭山市)に造られた『狭山池』が最初と言われており、
『古事記』や『日本書紀』にもその記述がなされているそうです。

…ふむふむ。意外と古くからあるもんなんですねぇ。


【堤体感想】
『純和風の佇まい』

…竣工から70年以上の時が過ぎているので、
コンクリートが黒ずんで、(良い意味で)古臭く感じるのはもちろんですが、

いやはや。何とも“純和風”て言うか“日本庭園的”な風格を感じませんか??

“エキゾチック”と言うよりは、やはり“ノスタルジア”をここに感じてしまうのは、
日本人が故なんでしょうねぇ…。

あー。畳の国に生まれてきて良かった♪


間瀬ダム 堤体(上流側)
※上流側から堤体を眺めてみた

…コチラ側に回って見ても、
明らかに最近のダムでは見ることができない風貌ですよね☆

これは後から作り直されたのでしょうが、堤体上の“バルブ管理室”(?)も良い味出してます!!

このダムは『国登録有形文化財』にも指定されていますが、
それも納得できる名建造物だと思います。


間瀬ダム 天端
※天端(ダムの頂上部)の様子

…すれ違うことはもちろんできませんが、一応車も通行できます。
この“親柱付き”ってのも素敵ですよねー♪

電灯などは一切確認できませんでしたが、
もしこの親柱が灯篭になっていて夜にでも火が灯されれば、
もっと (*´Д`)ハァハァするのになぁ…なんて妄想を膨らませてみたり(笑)


こじゃれた欄干
※欄干に注目してみた

…ちなみに欄干にはこんな感じのデザインが施されていました。

もちろんこんなデザインをつけなければもっと安く簡単に造れるのでしょうが、
当時からこんなに手の込んだ仕事をしていたとは…。

こういった細かい仕事を一つ見ても、
このダムを建造するにあたり、
当時は相当力を入れていたんだろうなぁ…というのも窺い知ることができます!


間瀬ダム 下流域
※ダム下流域の様子

…シンプル過ぎる長方形の減勢工(ダム直下の部分)なんかはもうナイス過ぎて、
白飯数杯級です!!

ダムのすぐ下にはベンチなども置かれたちょっとした広場になっていて、
間近からこの歴史的建造物を堪能することができます♪

また周囲の景色もこのダムにマッチしてて良い感じなんだなぁ…☆


間瀬ダム ダム湖
※ダム湖(間瀬湖)の様子

…周囲は約2キロ程度なのでそこまで大きくもないと思います。

ちなみにこの間瀬湖は“へら鮒釣りのメッカ”としても良く知られているそうで、
訪問時も多くの人が釣りを楽しんでいました♪

ちなみに前から気になっていたので調べてみたのですが、
へら鮒の正式名称は『ゲンゴロウブナ』というコイ科の淡水魚で、
大きいものだと60センチ以上、滅多に食用にはしない
そうです。

う~ん。魚の知識ってホント無いからなぁ(汗)

…中トロは好きなんですが。


蔦の生えた堤体
※ダム脇の階段より

…堤体の話に戻りますが、
さすがに歴史もあるということで苔などはもちろん生えていますが、
隅の方の一部にはこうして蔦なども這っていました。

最近ではエコ関連で『緑のカーテン』なんて言葉もよく聞きますが、
この絵も少しだけ涼し気な感じがしますよね♪

このブログでも、これからの夏に是非オススメしたいのが“緑のダム”ことココ『間瀬ダム』!
周辺を散策してみるだけでちょっとした納涼感を得られるかも知れませんね☆
スポンサーサイト



テーマ : 撮ってみた
ジャンル : 写真

tag : ダム 埼玉県

コメントの投稿

非公開コメント

わあ、間瀬堰提ですね^^

はじめまして、新訂旅と歴史の管理人、薄荷脳70です。
マニアとまでは知識が無いのですが、最近めっきりダムが好きになっています。
先日も間瀬堰提にいってきたばかりなので、見させていただきました。
他のダムも興味深いです。
これからもよらせていただきます。
なお、リンクさせていただきました。
よろしくお願いいたします。

Re: わあ、間瀬堰提ですね^^

薄荷脳70 さんへ

はじめまして!
コメントして頂きありがとうございます!!
『新訂旅と歴史』様の間瀬堰堤の記事さっそく読ませて頂き、
間瀬の魅力を改めて実感することができた次第です。

建造当時はもちろん今ほど技術も成熟してないでしょうし、
コンクリートダムとしても1900年竣工の神戸・布引堰堤から40年足らずと
日本での歴史もまだ浅いにも関わらず、
「よくここまでのダムを造ることができたな」…と先人の偉大さには驚かされるばかりです。

自分は最近“ため池”“灌漑用ダム”に関心を持ち始めていたので、
ちょうどこの間瀬堰堤にも再訪問してみたいと思っていたところなんですよ(笑)

> マニアとまでは知識が無いのですが、最近めっきりダムが好きになっています。

自分も“景観”からダムの世界にはまってしまった人間なんで、
実は技術的な知識は殆どなかったりします(汗)
まぁそれを一から学んでいくのも楽しかったりするんですけどね♪


…拙いサイトではあるのですが、リンク貼って頂きありがとうございます!!!!
自分も薄荷脳70さんのゆっくり読める“歴史探訪ブログ”大変興味持ちましたので、
是非ともリンクさせて頂きたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします!
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター