扇沢から始まる。

黒部ダムへ向かう長野県側の玄関口、扇沢。

今回はこの駅からトロリーバスに乗って 黒部ダムまで行ってみましょう♪



2011092319202113a.jpg 


扇沢駅の標高は1433メートル
黒部ダムとほぼ同じ高さの位置に駅舎はあります。

駅までの交通手段は車・バス・タクシーのいずれか。
駐車場も完備されていますので、
ダムまでは気軽に行くことができますよ。



20110923192021b17.jpg 


切符売り場です。

黒部ダムまではトロリーバス1本で行くことができますが、
ここでは立山黒部アルペンルート全線…富山駅までの切符を買うことも。

富山まで行く為には、
トロリーバス→ケーブルカー→ロープウェイ→
トロリーバス→バス→ケーブルカー→電車…を乗り継ぎます。
 


2011092319202139a.jpg 


扇沢からトロリーバスの運行は30分間隔。

せっかくなので駅舎周辺でも見て回りましょうか…♪



201109231920217f2.jpg 


駅舎で使われる水は『関電トンネル』を掘る際にぶつかった“破砕帯”の湧き水で、
とてもひんやりしています。

破砕帯というのは土砂と水を多く含むもろい断層部のことで、
毎秒660リットルの湧き水が溢れる中ここを掘り進むのは大変困難を強いられたそうです。



20110923192020377.jpg


“黒部の氷筍(ひょうじゅん)”です。

これは黒部ダムから黒部第四発電所までのトンネル内で自然に発生したもので、
およそ1年間でこの大きさにまで伸びるそうな…。



20110923192020e84.jpg
 


トロリーバスの模型です。

今でこそ一般でも電気自動車が手に入るようになりましたが、
40年前から電気で走っているこちらは“元祖エコカー”とも言えるのではないでしょうか?

区分としては“自動車”ではなく“電車”扱いだそうですが…。



20110923192259cda.jpg 


駅舎前にはゴミ袋が配られていました。

一人一人の心がけで美しい自然をいつまでも守っていきたいものですよね☆



20110923192259c69.jpg 


駅構内のレストランでは名物『黒部ダムカレー』を食べることもできますよ♪

こちらの“グリーン黒部ダムカレー”は、
エメラルドグリーンのダム湖をほうれん草を使ったルーで再現。
遊覧船に見立てたカツも非常に嬉しい一品です!

ダムに行く前に食べて気分を高めるのもよし、
ダム帰りに余韻に浸りながら食べるのもよし…ですね(笑)



201109231922596ff.jpg 


さすが“一大観光地”黒部ダム!
お土産も豊富に取り揃えていました。

“黒部おこじょ”を模ったカステラ焼き『黒部のダムダム君』は、
ここ扇沢駅で焼かれたもの。

自分のオススメは新発売の『黒部ダムカレーストラップ』かな…(笑)



20110923192259541.jpg
 


…さぁ、そろそろ発車時刻に近づいてきましたので改札口まで行ってみましょうか。

「は、早く黒部の大放流が見たいっ!!!!」

ここには現地(黒部ダム)のライブ映像も流れていて、
待っている間もテンションは上がる一方です!!



201109231922592a6.jpg 


乗車案内が始まりました♪
黒部への旅…いよいよここからスタートです!

ダムまでの道のり…関電トンネルの長さはおよそ5キロ。
約15分の乗車途中では、
車内アナウンスを聞いたり先程の破砕帯を通過したりであっという間です。

トンネル内は単線・交互通行となっていて、
すれ違い地点では運転手さん同士が
通行手形(…タブレット?)を受け渡す光景も見ることができます。



20110923192259d7d.jpg 


到着~♪

……て言うか寒っ!!!!

訪問時の黒部ダム駅(関電トンネル内)の温度はおよそ12度!
半袖のシャツ1枚ではかなりキツイので注意注意!!

(ダム見学だけに限れば)
夏場は外に出れば暖かいのですが、
それでも羽織るものを持っていった方が良いかも知れません。



2011092319245260f.jpg 


…美しいアーチを描く黒部ダム。
高さ186メートルはもちろん国内では一番!世界でもトップクラスに入る巨大ダムです。



ということで、
自分の“扇沢から黒部ダムまでの案内”はここまでで。…解散っ!!(笑)

あとは各々ダムの大放流を見入るも良し、
遊覧船に乗って雄大な黒部湖・周囲に迫る立山連峰を眺めるのも良しですね♪

まぁダムの楽しみ方は人それぞれってことよ。

自分は…。
ちょっくら“ウィングダム”見てくるわ!(*´Д`)ハァハァ



2011092319245251a.jpg 


…おかえりなさい!

扇沢の到着ホームに着いた観光客の皆さんは、
どことなく笑顔の方が多い気がしました☆




【参考】
今年(2011年)の黒部ダム観光期間は4月10日~11月30日
観光放流期間は6月26日~10月15日まで
※但し天候等により変更もあるので事前に公式サイトで確認された方が確実です。
スポンサーサイト



テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

tag : ダム 長野県

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いいですねぇ黒部ダム、特に放流風景。

トロリーバスもいいですね、特にパンタグラフが。

機会があれば是非訪れてみたいです。

cube37 さんへ

トロリーバスはホントに面白いっすよー!
特に車庫に入る時にパンタグラフを折り畳むところが最高です♪

やっぱり黒部に行くなら放流期間が良いですよね?
毎秒10~15トン(…しかも朝から夕方まで流しっぱなし!)の大放流はもはや凄まじ過ぎです!!!!
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター