スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダム巡りダイジェスト【2012年7月2日】『小暑の山梨ドライブ』その2

その1からの続きです】

【2基目:深城ダム@大月市】
0702-07.jpg

…さて。続いてやってきましたのはこちら。大月市にあります深城(ふかしろ)ダムでございます。
いやー、このシンメトリックな堤体は何度見ても病み付きになりますね♪
このダムは堤体だけで見るとこれまで自分が訪れたダムの中でも、
かなり上位に食い込むほど好みだったりします。

位置的には先程の上日川ダムからおよそ1時間くらい。
今回のダム巡りは4基回ったうちの3基が大月市にあるのですが、
自分の中の大月市知識と言えば、
この深城ダムがあるということと笑点の水色の出身地であるということ位ですかね。

…ま、まぁ自然豊かで空気のおいしい所だと思います。


0702-08.jpg

…ところでこの写真を見てくれ。こいつをどう思う?

さて。ここで簡単なクイズです。
この写真は前回訪問時…自分がダムにハマって間もない2010年6月に撮影したものなんですが、
1枚目の写真とは明らかに違う部分があります。
それは一体何でしょうか?


0702-09.jpg

…はい。正解はこちら!
堤体のすぐ下に以前は存在しなかった水色の屋根の建物ができていることがおわかりでしょうか?

実はこの深城ダム(重力式コンクリートダム・2005年竣工・山梨県管理)
…以前までの役割は『洪水調節・不特定用水(河川維持等)・上水道水の確保』のみでしたが、
今年の4月より『発電』の機能が加わったということで、
新たにこの建物(『深城発電所』)が作られたという話ですね。

そしてそれに伴いダムカードもVer2.0として新たに生まれ変わりました!
今回のダム巡りのメインはそれを頂いてくることでしたよね♪


0702-10.jpg

…じゃーん!!
これです!これこれ!管理事務所でばっちり貰ってきましたよー♪

ちなみに下に敷いてあるカードが以前のVer1.0なのですが、
新しいカードには、右上のダムの役割記号の所に『P』(発電)が加わっているのがわかると思います。
写真も以前は上流側から撮ったものだったのですが、今回は下流側からのショットに変更。
うん。深城ダムはやっぱりこっちからの絵の方がいいよ。

まぁ個人的には、
「これまでのカードに『P』だけ足してVer1.1とかにしとけばいんじゃね?」
とも思ったり思わなかったりですが、まさか写真までもを一新させてくるとは…。
いたはや、何とも太っ腹じゃあないですか!山梨県☆
『山梨6ダム総合カード』の存在といい、山梨県のダムカードへの力の入れっぷりには感服です!

…ということで、今回の旅も早々とミッションコンプリート♪
あとはざっくり徘徊して(…見学と撮影なw)次の葛野川ダムにでも行きましょうかね…


0702-11.jpg

…と言いたいところですが、
実はダムカードを貰う直前に管理事務所の入口にてこんな張り紙を発見!
どうやら直接頼めば一名より(←ここがポイント!)ダムの内部に案内してくれるとのこと。

うおぉぉぉぉぉ!!!!! 見学してぇぇぇぇぇぇ!!!!!!



あ。でも…

でもさ。ちょっと待ってよ!確かに表向きは『一名様から』って書いてあるけど…


実際問題、平日の真昼間からいきなりもっさいおっさんがやって来て一人でダムの見学を申し込むのってどうなんよ?て言うか社会的にどうなんよ?アウト?セーフ?これってある意味トラップじゃね?「ヒャッハーw ダムマニア鬼ワロスww」みたいに思われんじゃね?実は近所の店でエッチな本を買うのと同じくらい恥ずかしいことなんじゃないの?ねぇ大丈夫?大丈夫なの?オレ。もう間に合わないかも知れないけどもう一度考え直してみたら?その生き方…




…まぁそんなことは微塵たりとも感じるはずも無く、
次の瞬間インターホン越しにカードとダム見学のお願いをしていました。

ま。当然ですよねw
ということで、ここからは職員さんの説明を受けながらダムの内部見学がスタート!

※ちなみに自分は仕事柄平日休みも普通にあります。そして見学はダムを知る上で大切なことです。機会があれば積極的に攻めましょう♪


0702-12.jpg
※エレベーター内にて貴重な“非常用洪水吐より越流”のパネル(試験湛水時)

0702-13.jpg
※監査廊(ダム内部)の様子

…流石は県の担当職員さんというだけに、説明は親切・丁寧・わかりやすい!
基本的に“ダムを一から学ぶ方向けの説明”なのでしょう。
これまでわかっていたつもりのことでも改めて話を聞くことで本当に勉強になりました☆
自分もこのブログを書く時にこれ位わかりやすく説明できればなぁ…と。
(マニアってのはさ、どうしても自分だけがわかるように話がちでいけねぇやw)

あ。ダムの内部(…壁の向こうはダム湖の底!)はひんやりと涼しかったですよ♪
何て言うか、夏場は家賃払ってでも住みたいレベル。


0702-14.jpg

…さて。監査廊から外に出てきました。
て言うかこれよ!これ!
もちろんダムの内部も楽しみだったのですが、
やはり本当に嬉しかったのはこのアングルから深城ダムを見上げることができたことです!!

ダム自体は堤高87メートルと中規模クラスですが、さすがにこの距離で見る越流は圧巻そのもの。
ちなみにこの時は毎秒1トン程の量で放水されていたそうです。


0702-15.jpg

…そしてこちらが冒頭の写真でご覧頂いた深城発電所です。
建物内は同じ県でも管轄が違うということで入ることはできませんでしたが、(…大人の事情ってやつねw)
窓越しに中を覗くことはできました。

尚、新しく発電をするようになったと言っても実は、
『これまで河川維持放流をしていた水の有効活用』ということで、
発電効果としては“500件の家庭1年分程度”と決して高い数字では無く、
ここで作られた電気は『売電』という形で送電線を通じ東京電力へと売られていくそうです。
まぁ近頃ニュースなどでも聞くようになった『小水力発電』ってやつですな。

最近は社会的にも発電に関心が高まっているせいか、
ここでは特に熱心に説明をして頂くことができましたね。いやはや、本当に勉強になったわ!


0702-16.jpg
※ダムサイトでは新たにこんな看板も設置されていた

…そんなこんなで約30分間のダム見学も終了。
うーん。まさかこのダムに着く直前までこんな貴重な体験ができるとは思ってもいませんでしたから、
まさにナイスサプライズ&ラッキー♪ 本当に深城ダムの職員様には感謝感謝でしたね。

「さーて。カードも貰ったし中にも入れたし、そろそろ次に行ってみますか!」

大満足だった深城ダム見学に上機嫌の元、車を次の目的地『葛野川ダム』へと走らせました。


…まぁ正直なところ少しだけ不安でもあったのですがw



その3に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : ダム ダムカード 山梨県

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。