スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堰堤どうでしょう 【大倉ダム】

大倉ダム (宮城県) 【おおくらだむ】

ookura01.jpg
(2012年5月14日訪問)

【データ】

所在地 : 宮城県仙台市青葉区
河川名 : 名取川水系広瀬川支川大倉川
型式 : マルティプルアーチダム(ダブルアーチ式コンクリートダム)

堤高(ダムの高さ) : 82メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 323メートル

ダムカード : なし (…ただし『みやぎダムめぐりカード』はあり)
駐車場 : あり (天端上に一時的に停められるスペース&直下の広場)

仙台市の一口メモ : かまぼこの消費量が日本一らしい…


【独り言】
このダムほど、
「上空から見下ろしてみたい!」
と思うダムも滅多に無いのではなかろうか?
大抵の所は「真下から見上げてみたい!」って思うんだけどね。

あらかじめ言っておくと、堤体を上方から見下ろせる場所は見つかりませんでした…。
うーん。もしあるんだったら、このダムにはまた是非とも訪れたいんですけどねー。

まぁ直下に行ってみたいダムに限って上方にしか展望台が無かったり、その反対もまたあったり…。
何基巡っていても実際は、完全に“ダム欲求”が満たされるというのは珍しいものです(笑)


【どんなダム?】
それは2つのアーチが織り成すハーモニー♪

大倉ダムは1961年に完成した宮城県が管理するアーチ式コンクリートダムで、
その役割は洪水調節、上水道用水・農業用水・工業用水の確保、発電です。

…と、まぁこの一文だけだと「ふーん」で終わってしまいそうなのですが、

ちょ、ちょっと待ってくれよ!
実はここ大倉ダムはそんじょそこらのアーチダムとは訳が違うんです!

アレが2つなんです!いつもの倍ですよ!倍!

…そう!このダムの最大の特徴は、
国内唯一の『ダブルアーチダム』であるという点…他ならないのでないでしょうかっ!

ookura02.jpg
※堤体を真上から見たイメージ

…『ダブルアーチ』とはその名前の通り、
“2つのアーチが連なって1つのダムを構成しているダム”のことを指すのですが、
実はこの型式のダムは日本中どこを探してもここにしかないのです!
と言うことで、もはやそれだけでも見に行く価値は十二分にアリでしょう☆

ちなみにこのように“複数のアーチが連なったダム”のことを『マルティプルアーチダム』とも言うそうで、
これに該当するのは2連アーチのここ大倉ダムと、
まさかの5連アーチ…香川県にある『豊稔池ダム』の2基のみという、貴重すぎるダム型式だったりします!

「これはもう行くっきゃねぇ…笹かま持って行くっきゃねぇ!」
って話ですよ!まったく!

……。

あ。そうそう!これもかなり珍しい話なのですが、
このダムはネーミングライツにより『仙台環境開発大倉ダム』という愛称があったりします。

これは以前宮城県が県営の6基のダムに対し命名権を募集したことにより、
2011年の8月より付けられた愛称なのですが、
実際に契約が結ばれたダムはここ大倉ダムと『南川ダム』(愛称:クレアリア南川ダム)の2基のみ。
尚、“仙台環境開発”とは地元の産廃処理関係の企業様らしいのですが、

うーん。最近では競技場やコンサートホールなどでは命名権売却の話は珍しくもなくなってきましたが、
その対象がダムというのは…。
ま。売れるもんは何でも売っとったらええねん!って話なのかな?(笑)




ookura03.jpg
※左岸アーチ堤体(下流側)の様子

…ではさっそく「見せてもらおうか!ダブルアーチの堤体とやらを!」って話ですが、
まぁ何たって今回はダブルですからね♪
ここでは左岸側のアーチと右岸側のアーチを両方見て頂きたいと思います。

ということでまずは左岸側アーチの様子。
…うん。もはやこちら側だけでも一つの立派なアーチダムの感じがいたします(笑)

自分としてはもうこれだけでも満足なのですが、
これでは大倉ダムのまだ半分しか見たことにならないとか…。
いやはや。アーチが倍なら、夢も倍に膨らみますよね☆


ookura04.jpg
※右岸アーチ堤体(下流側)の様子

…続いて右岸側のアーチです。
洪水吐ゲートなどは左岸側に固まって設置されているので、
こちらはさながらツルッツルの堤体を堪能することができます。

国内唯一の型式なので他のダムと比べることは難しいのですが、
堤体のみで言うと「不思議カッコいい」…その言葉に尽きるかな?

あと、純粋に「どうしてダブルにする必要があったのか?」…そんな疑問も持ちましたね。
うーん謎過ぎる!謎過ぎるぞ、大倉ダム!


ookura05.jpg
※堤体(上流側)の様子

もうね。ただでさえアーチダムは全景が撮影しづらいのに、
ダブルアーチとかマジ撮影しにくいんじゃ!

…でも面白いから許しちゃう☆
そんな魅力が大倉ダムにはあります(笑)

うん。個人的には下流側から見るなら左岸側アーチ、上流側から見るなら右岸側アーチが好きかな?
て言うか、こんなよくわからない話ができるのもダブルアーチならではですよねー?


ookura06.jpg
※天端の様子

…天端は車による通行も可。って言うか交通量も結構あります。
ただ幅員が狭いので、対向車が来た場合は天端の脇か中間部を利用しての交互通行が必要。

そう!マルティプルアーチでゆずりあいの精神が試されるって訳です(笑)

実際に天端上を車で走ってみると、
ダブルアーチの感覚を体でも味わうことができるのでちょっと面白いですよ♪


ookura07.jpg
※天端中央部の様子

…天端中央部は“交互通行の為の待避所”兼“見学者の為の一時的な停車スペース”となっています。

ここにはダムの説明板があったり、ベンチが儲けらていたりと何ともいたれりつくせり☆
とりあえずダム好きとしては、ここに展望スペースを設けてくれたことが嬉しい限りですね!

ここなら左アーチ派の人も右アーチ派の人も仲良くダム鑑賞できます。


ookura08.jpg
※下流域の様子

ookura09.jpg
※ダム湖(大倉湖)の様子

…下流域と上流域(ダム湖)はこんな感じです。
仙台市というと東北を代表する大都会なイメージもあったのですが、
実際は少し郊外に出ると緑豊かでとても良い感じでした。
まぁ同じ市内でも面積が結構広いので、市街地から大倉ダムまでは結構離れているんですけどね…。

ダム本体からダム湖に沿って上流側に更に進むと、
『大倉ダム湖畔公園』という結構大きい公園もあったりしましたよ。


ookura10.jpg
※ダム直下の公園の様子

…ダムの真下にはこのような公園がありました。
天端上から見るよりも、ここから見た方がまだダブルアーチの形を確認しやすいと思います。

とりあえず大倉ダムに行かれる際はここにも是非立ち寄って頂きたいと思いますね。


ookura11.jpg

…下から堤体を見上げるとこんな感じ。
ローラーゲートから放流してたらさぞかし豪快な光景が見れることでしょう。

公園内には桜の木が多く植えられているそうなので、
シーズンに合わせて訪れてみるのも良いかもしれませんね。
こんなところで花見なんかしたら、さぞかし気持ち良さそうだなー☆


ookura12.jpg
※みやぎダムめぐりカードの様子

…ということで大倉ダムの紹介をさせて頂いた訳ですが、
結論から言えば『是非一度は見て頂きたいナイスダム☆』
うん。そんなところかなーって。“アーチダム好き”の方ならもう尚更ね(笑)
もう何度も言ってますが、何たって唯一のダブルアーチダム…ここでしか見られない訳ですから!


…ちなみにこれ位“良ダム”ともなると訪問記念にお土産の一つでも持って帰りたいところですが、
ここ大倉ダムには『みやぎダムめぐりカード』という、
ダムカードとは似て非なる、手作り感溢れるカードがあったりします!

配布場所は大倉ダムではなく、仙台市太白区にある『宮城県仙台地方ダム総合事務所』
ここでは大倉ダムのカード以外にも同事務所が管理する、
『七北田ダム』『宮床ダム』『南川ダム』『惣の関ダム』『樽水ダム』
…合計6枚のカードを頂くことができます♪

カードを貰ってからダム巡りをするのも良し、ダム巡りをしてからカードを貰うのも良し…。
これら6基のダムはいずれも仙台市内及びその近郊に固まっているので、一日で十分回れるかと思います。

これこそまさにダム“めぐり”カード!
こういう一つの範囲でセットで配布されているカードがあれば、
もっと“ダム巡り意欲”というのも湧いてきますよねー♪


…あ。大切なことなので最後にもう一度だけ言っておきます。

これはあくまで『みやぎダムめぐりカード』
ダムカードのバッタもんでは決してないからな!



【…そんな大倉ダムへのアクセスはこちら】






本日はご訪問頂きありがとうございました♪
ランキングサイトに参加中です。もし宜しければクリックして頂けたらかなり嬉しいです☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
スポンサーサイト

テーマ : 仙台
ジャンル : 地域情報

tag : ダム 宮城県

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。