ダム巡りダイジェスト【2012年10月21~23日】『霜降の函館界隈遠征』その1

こんちわ。オレです。

ということで、さっそく活動報告…『函館界隈ダム巡り遠征』の感想などに入っていきたいと思います。
ちなみに冒頭のあいさつ(?)や今回の旅でダム以外に楽しんできたもの(主にグルメ)などは、
【その0】の方に予め写真でまとめてありますので、そちらも宜しければ見てやって下さい♪

ではでは…



【オープニングハプニング!?】
1021shinnakano01.jpg

…函館空港到着!全てはここから始まりました。

いやはや。ダム目的では初の北海道です☆
まぁダム以外では数回来たことがあるのですが、(例えば修学旅行という名のスキー地獄合宿などw)
今回は一人で気兼ねなくダム&観光三昧できるということで、
「どう暴れてくれようか?」とテンションは専らMAXハートです♪

ちなみに羽田で飛行機に乗り遅れそうになったんだけどねwww
…実はこの日に地元の私鉄がダイヤ改正あったのを知らずに、ちょうど良い電車が無くなっていたという(汗)
手荷物検査所に着いたのが締め切りでもある離陸15分前!まさかいきなりハプニングがあろうとは…。
傍から見たら“空港内を猛ダッシュするダムマニアの光景”はそれは滑稽だっただろうよ。
(まぁ見た目だけでは誰がダムマニアか全くわからんけどねw)

ま。ここで乗り遅れていたらそれはそれはナイス☆ギャグな報告ができたのでしょうが、
やっぱ後から泣いてしまうでしょうから、やっぱ間に合って良かったです☆

とりあえずさすがは俺クラスですので、
他の観光地には一切目もくれずに一目散にダムへと向かうことにしました。


【1基目:新中野ダム@函館市】(初訪問・今年通算102基目)
1021shinnakano02.jpg

…ということで、今回記念すべき“初北海道ダム”に選んだのは函館市にあります『新中野ダム』です!
ダムまでの行程は空港から路線バス。バスの運転手さんに言われるまま途中の停留所で更に乗り換え、
終点の『赤川』停留所まで来ました。

実は今回のダム巡りのメインダムでもある『笹流ダム』までは途中の停留所で降りた方が近いのですが、
まぁ「楽しみは後でとっておこう…」ということでまずは奥(上流)に位置するこちらから。
ここから新中野ダムまでは更に徒歩で進むこと20分ちょっと。一本道ですので迷うことはまず無いでしょう。

ちなみにそんなことを言っておきながら自分は普段、“好きなものは先に食べる派”です。
腹減ってる時に美味いもん食った方が絶対いいって!
…だから付け合せのサラダとか漬物はいつも最後まで残るんだけどさw

あ。「そんなことはどうでもいいから早くダム行け!」って? マジすいませんでしたwww


1021shinnakano03.jpg

「ごらんアレが竜飛岬、北のはずれだよ!」

…あ、嘘です。新中野ダムでした。北のはずれでももちろんありませんっ!
ということで停留所からのんびり歩くこと約20分…ダム本体が木々の間からチラ見できるように♪
ダムメグラーな方ならわかって頂けるかも知れませんが、
到着寸前のこの“堤体チラ見え”は本当に快感ですよね?

「よし!間もなく念願の北海道ダムデビューだ!」
…もはやボルテージは最高潮!
ダム好きになっておよそ2年半、(…意外と経歴浅いんですw)
遂に念願の北海道ダム訪問の歴史に記念すべき1ページを刻む時がやってきました!

さぁ進もう!ダムまではあと一歩だっ!


…しかし、寸前で待ち受けていたもの…まさかこんな所にオレの行く手を阻むトラップがあったとは!?
その正体は果たしていかに?


1021shinnakano04.jpg

…ダム公園キタコレ!しかも何か“ダム公園”のフォントがカッコいいし!

うーん。この堤体直下にある『ダム公園』の存在には本当に参りましたw
本来ならこういった公園はダムを見てからサクッと回ればいいと思うのですが、
目前のダムを尻目に、まさかこの公園内だけで1時間近く足止めを食らってしまうとは…。
いや。最初は公園内を通り抜けて本体の方に向かおうとしてたんですよ!
別に公園内からダムがよく見えるという訳でも無さそうでしたから。

まぁ雰囲気的はどこにでもありそうな、大きめな日本庭園といった感じでもあったのですが、
ここでは他の公園では滅多に見かけない、自分を魅了するものがあったのです♪


1021shinnakano05.jpg

…ジャーン!新中野ダム模型ー!
これってホントに良くできていると思いません?
て言うか、実はこういうのに目がなくて実際のダム同様おもいっきり観察してしまうんですけどw

自分がこの手の“屋外ダム模型”を見たのは神奈川県の三保ダム以来なのですが、
その出来栄えに思わずまじまじと見入ってしまいました。
しかもこちらのダム公園…恐ろしいことに新中野ダムの模型でだけではなく…


1021shinnakano06.jpg

…な、なんと!
同じ北海道内にある『笹流ダム』『豊平峡ダム』『大雪ダム』の模型まであるではありませんかっ!
うーん。笹流は同じ函館市内…て言うかここから割と近い場所にあるのでわかる気もしますが、
豊平峡(札幌市)と大雪(上川町)の模型までもがここにあるのは一体どうしてなんだろう?
(…ダムを学ぶ上でアーチダムとフィルダムも紹介したかったからかなぁ?)

とりあえずまぁアレだ。
「まるでダム界の東武ワールドスクエアや~!」
…うん。彦摩呂ライクに言っとくとこんな感じでしょうか?

「もうこの公園歩いてるだけで既に幸せなんだけどwww」
ということですぐ先に新中野ダムの存在があるにも関わらず、
いい歳したおっさんが一人公園内のダム模型に熱くなって、しばらくニヤニヤしていたのでありました☆

あ。そろそろ本物の新中野ダムの方にも行かなきゃw


1021shinnakano07.jpg

…さて。思わぬ足止めの後、公園を抜けるとそこには新中野ダムの雄姿がありました!

「こ、これが夢にまで見た北海道のダムか…」
2012年10月21日正午頃。
ダムキチガ…マニアのばっきぃ、遂に北海道ダムデビューの瞬間です!

いや。北海道のダムだから特別な仕様があるとか、そういうのでは決してないんだけど、
ダム巡りの計画を立てた段階から長かったせいかも知れませんが、
その喜びといったら言葉では言い表せないものがありましたね。
とりあえず「遂にその時がきたか…」といった感じ。
このダムに関しては堤体がどーのこーのと言うより、訪問したこと自体の感動の方が大きかったです。

…ダムを眺め、喜びに浸ること数分。
もちろんこれがゴールではなく、あくまでスタート!
では、北海道ダムだからと言って容赦せずいつも通りガンガン見て回りましょうか。
今日これから始まるオレの伝説…いよいよ始動です☆


1021shinnakano08.jpg

…そしていきなりつまづいた訳だが。

どう見ても直下からナイスアングルで臨めるポイントがあって「最初はそこから…」と思ってたのですが、
そこは立入禁止の文字こそ無いものの、チェーンが張られているという極めてグレーゾーン。
正直なところ、こういう所の対処が一番困るんだよなーw

まぁ見た感じでは立禁というよりは車の進入防止の為のチェーンにも見えなくはなかったのですが、
かなり微妙…て言うかここまで来てもし怒られても嫌なので一応遠慮することにしました。
ま。このダムに関してはこの時点で既にお腹いっぱいにもなりつつあったのでw

「直下からの撮影はさっきの模型で我慢しとこう…」
…それで納得できるオレ、一体どうなんだろ?www


1021shinnakano09.jpg

…続いては管理事務所あたり(天端脇)をチェキ☆
ここまでは先程のダム公園の脇の細い上り坂を10分くらい歩いてきたかな?
実は次に行く笹流ダムの回でも話すかも知れませんが、この日は結構歩いていたりします。

そして到着。
「…うん。知ってる!」
ダム管理事務所及びダムの天端はご覧の通り立入禁止。
これは訪問前の予習の段階からそんな感じはしてたので、あくまで想定の範囲内。
残念なのは違いありませんが、まぁ仕方無いね。


1021shinnakano10.jpg

…ということで天端も柵の外から遠目に眺めることに。
ふーん。堤体の形としては右岸の方で少しだけカクッと折れているんですねぇ…。
これはさっき下で眺めていた時は気付かんかったわ。

あ。さっきまで下らない事しか書いてないので、そろそろダムの簡単な紹介なんぞを。

新中野ダムは1984年に完成した北海道が管理する重力式コンクリートダムで、
高さが74.9メートル、長さが248メートル。
ダムの役割としては、洪水調節・河川維持等の不特定用水・上水道水の確保です。
うん。数字からもわかるように、なかなかの“横長ダム”さんですね。

このダムの最大の特徴としては、
1960年に完成した『中野ダム』を嵩上げすることによって“新しく生まれ変わったダム”という点かな?
天端の高欄には確かに中野ダム・新中野ダム、2つのダムの名板が掲げられていました!

うーん。やっぱこれももっと近くから確認したかったなぁ…。


1021shinnakano11.jpg

…お次は堤体の上流側を確認。
まぁさっきから書いているようにダム自体には近づけたようでいて、なかなか上手くいかなかった訳ですが、
実感としては“数字以上に巨大なダム”のように感じました。


1021shinnakano12.jpg

…ダム湖の名前は『なかの湖』
軽く歩いただけで周囲の1/4くらい歩くことができたのでそこまでは大きくないと思います。

うーん。それにしてもこの日は雲こそ出ているものの青空も覗いていて結構気持ち良かったなぁ…。
薄着で来てしまったのでかなり寒かったけど。
まぁ一応10月下旬の北海道ですからね…。空港を出た時は結構温かかったので、
今日は歩くことも見越して羽織るものもそのままホテルに送ってしまったんですわ(汗)

いやはや。山と北国は舐めたらいけませんね、まったく。
最初は「もう半袖でもいけるんじゃね?」と思っていた自分が恥ずかしくなってきますw


1021shinnakano13.jpg
※ダム公園にて笹流ダムの模型

…こんな感じで北海道デビュー戦でもある新中野ダム見学もこれにて終了。

全体の感想としては、まぁ天端が立禁などがっかりな面も確かにあったのですが、
それなりにダムの迫力などは実感することができた。そして何よりダム公園!
これがあることにより、自分にとっての新中野ダムの魅力は何十倍にもwww
初の北海道ダム見学は充分満足のいくものとなりました☆

あー、オレん家の裏にダム公園だけできねぇかなぁ…。


……。

ということで次のダムに行ってみましょう!
続いて向かったのは、今回函館界隈遠征をすることにした最大の理由でもある『笹流ダム』

いよいよ自分の夢でもあったダムとのご対面です!



その2に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。





本日はご訪問頂きありがとうございました♪
ランキングサイトに参加中です。もし宜しければクリックして頂けたらかなり嬉しいです☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ



スポンサーサイト



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 北海道

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ダム模型すごおおおい。
広い庭があったら作ってみたい・・・。
放流しほうだいじゃないですかーっ。

ゆるびねこさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます☆

…これらホント良くできてたんですよ!
例えば笹流はバットレスの柱の本数まできちんと合っていたりで。

機会があったら是非作っちゃって下さいwww
アーチダムは重力式よりコンクリート量が少ないとか実感できると思うよ!…多分。
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター