ダム巡りダイジェスト【2012年10月21~23日】『霜降の函館界隈遠征』その5

その4からの続きです】

【5基目:大野ダム@北斗市】(初訪問・今年通算106基目)
1022oono01.jpg

…さて。“長すぎるダム”美利河ダムを後にし、続いてやって来ましたのはこちら。
北斗市にあります『大野(おおの)ダム』でございます。
美利河ダムからは再び高速道路に乗って南下。何だかんだで90分位走ってきたのかな?

実は今回の旅の目的であった笹流ダム・美利河ダムの他に、
「行ってみようかなー?」って思っていたダムが6基ほどあったのですが、
その内ここまで訪れたのは新中野ダムと駒ヶ岳ダムの2基のみ。
函館滞在のうち、ダム巡りの予定は今日まで…タイムリミットも刻々と近づいていますので、
ここからは日が暮れて見えなくなるまでどんどん回っていきたいと思っております!
…て言うか美利河ダムに相当長居し過ぎちゃったんだけどねw

まぁ始めから計画通り事が進めばベストではあるのですが、
普段の関東を中心としたダム巡りとは違い、次にいつ来ることができるのかも全くわかりませんからね。
その時の気分を信じて、1基1基楽しんだ結果全部回れないのであればそれもアリなんでしょう。


これまで巡ってきたダムは全てが思い出。
全てが好奇心を満たし、記憶に残り、そして経験となっていく…

「…そう。ここまで無駄なんて一つもなかったんだ」

次に訪れたのはここ大野ダム。
さぁ!ここでもしっかりその雄姿を目に焼きつけ、記憶に残していこう!
全ては自分自身の為に!


1022oono02.jpg

「…チッ!無駄足だったか!」

…もうアホなこと言ってるそばからいきなりこれかよぉぉぉぉぉ!!!!!!
てな感じで、まさしく工エエェェ(´д`)ェェエエ工って話ですが、無念の立入禁止!

いや。別にわかっててドMプレイした訳じゃないし、これは本当に想定外だったんです。
下調べの段階では堤体やダムサイトの写真も沢山公開されていたし、
てっきり普通に見学できるダムだと思ってたんですよ!
しかし到着するなりこの有様…他に入口が無いか探してみてもやはりここからのみっぽい…。

ねぇどうして? て言うか最近公開するのやめたの?
それとも、着いたの16時位だけど北海道の夜はこんなに早いの?

……。

「…マジやられたわ」


1022oono03.png
※こういう時ってグーグルアースめっちゃ役に立つよね☆

…ということで、非常に不本意ではございますがこのダムは航空写真でお楽しみ下さい。
うーん。これだけ見ても結構見応えはありそうな感じもするんですがね。

あ。一応ダムの簡単なスペックだけは紹介しておきましょうか…
大野ダムは2002年に完成した北海道開発局農水部が管理する重力式コンクリートダムで、
高さが47.5メートル、長さが160メートル。
ダムの役割としては農業用水および上水道水の確保…らしいっすよ。うん。

ま。実際に見てないからオレからは何とも言えないわな。
べ、別に大野ダムなんか始めっから見たくなかったしさ…


…はぁ。次行こっか…




【6基目:鶉ダム@厚沢部町】(初訪問・今年通算107基目)
1022uzura03.jpg

…さて。気を取り直していってみましょう♪
続いて訪れましたのはこちら!厚沢部(あっさぶ)町にあります『鶉(うずら)ダム』でございます。
厚沢部町は北斗市のすぐお隣で、大野ダムからは車で20分程度…一本道で簡単に来ることができました。
ちなみにこの写真を撮った場所は、国道227号線沿いにあるダムの展望台。
まぁ“展望台”と言っても遠目にダム本体の上流側が見える程度だったのですが…。

ダム湖自体はそこまで深さも無いのかな?
なだらかな斜面の堤体が結構下の方まで見ることができました。


1022uzura02.jpg
※展望台で見かけた看板

…この一見どこにでもありそうなダム放流注意の看板ですが、
下流にある鶉ダムの警告板がどうして上流にもあるんだろうか?
そんな割とどうでもいいことを思ったり思わなかったりwww

何かこの看板の絵ですが、
個人的にサイレン音の『ウ~』って文字が気にいっていたりします☆
…うん。ホント何となくだけどさw


DSCN8806.jpg

…ダム湖はご覧の通り細長でした。
湖というよりは川幅が広くなっていると言ったところでしょうか?

鶉ダムは2001年に完成した北海道開発局農水部が管理するロックフィルダムで、
高さが52.2メートル、長さが220メートル。
ダムの役割としてはかんがい用水の確保です。
水系こそ違いますが先程の大野ダムの完成が2002年で、こちらがその1年前。
割と近い範囲で立て続けにダムが建設されていたんですねぇ…。

ということでしばし展望台にてダムを見物。
当然ここからだけの絵では物足りる筈も無く…次はダムサイトの方に行ってみましょう。


1022uzura04.jpg

「…ですよねー?」

…いや。正直これはわかってましたw
『ダム便覧』の写真なんかを見てても「ここは立禁なんだろうなー」って。
まぁ一応ね。何か奇跡起こって、もしかしたら入れっかも知れないじゃん?(…いや。ないないw)

「て言うか、そこに句読点は無くても良いだろ…」
…そんなことを一人北の大地で呟いてみる。

閉ざされた門扉の脇がノーガード過ぎてちょっと気になったりもしましたが、
ここは大人しく引き下がることにしました。


1022uzura05.jpg

…続いて移動してきたのは下流直下にある『鶉ダムオートキャンプ場』
“ここなら下流側から堤体を拝められる”というのは予習済み。
当初は大野ダムからまっすぐこのキャンプ場に来る予定でしたから、
先程の道中で初めて知った展望台の存在はラッキーと言えばラッキーだったのかも知れませんね。

さて。ここまで来て現在時刻はおよそ16時半。周辺は写真で見る以上に薄暗く感じてきました。
「ま。ここでラストだろうね…」
うーん。もし夏場だったらここで一枚撮って次に向かいたいところでもあるのですが、
10月下旬ともなれば17時にはさすがにほぼ真っ暗ですから…これは仕方の無いところでもあります。
(残りのダムはライトアップされるようなところでもないし、何よりレンタカーの時間もあるからね)

とりあえず大野ダムがあの様だったからすぐに鶉ダムに移動できたけど、
もし中途半端に公開してたら“共倒れ”にもなりかねなかったので、それだけは良かったんじゃないかと。


1022uzura06.jpg

…ということでこちらが鶉ダムの下流側から見た堤体です。
ここに来る前まではもっと近くから見えるんだろうと思っていましたが、思いのほか手前から立禁という…。

「えー。もっと近くからドーンって感じでキャーだと思ってたのに…」
…ま。こればっかりは仕方無いっすよねー(泣)
これでも先程の“戦わずして負けた”大野ダムに比べれば数百倍もマシってもんです!

でも、この日は気が付いたら『北海道開発局』(国交省管轄)の管理するダムしか回っていませんが、
同じ所でも『建設部』(→美利河)と『農水部』(→駒ヶ岳・大野・鶉)
…部署が違うだけで管理の仕方もだいぶ変わってくるものなんですねぇ。(…恨み節じゃないけどねw)
まぁこれは一概に言えることでも無いし、事情も様々なんだろうけど、
やっぱりダムはもう少しオープンで身近なものであって欲しいかなーって。


1022uzura07.jpg

…ダムの方は、規模の割りに太っとい洪水吐が結構良い味出してますね☆
あと、法面に沿って続く通路…うーん。やっぱりこれが気になるよなぁ。
せっかくこんな立派そうな設備を設けているんだったら、
三保ダム(神奈川県)みたいに自由に歩けるようにすればいいんだよね…まったく。

何かダム自体はそこそこ見どころがありそうな感じもしたんですけどね、
何て言うか「全てが惜しい!」…鶉ダムの感想としてはこんなところかな。うん。


…しばらく遠目にダムを眺める。
目が慣れていたからまだ見ていたけど、気が付くと周辺は日も落ちて既に真っ暗となっていました。



帰りたくな~い、
帰りたくな~い、
帰りたくないけど、さよならマーチ♪


…脳内BGMににこにこぷんのエンディングがフェードインしてきた。
この曲が流れるとオレのダム巡りも終了…これにてお開きってことである。

「…そういや今日乗ってきた車ってマーチだったよな」

あ。早く戻らなきゃ延長料とられちゃうわ…(汗)




【エンディング】
1022uzura08.jpg

…函館滞在3日目。
この日は終日市内を観光。

「もう今日からオレはこの街で生きることにしよう…」

そんな考えも一瞬頭をよぎりましたが、
怒られたらイヤなのでやっぱ夕方帰りました。


…素敵過ぎる3日間の思い出を胸に、強制お土産を手に。


1022uzura09.jpg

…ということで全5回(+おまけ1回)に渡ってお送りしてきました『霜降の函館界隈ダム巡り遠征』ですが、
いかがでしたでしょうか?

まぁ最後の2基はちょっとアレだったので結局1回に纏めてしまった訳ですが、
とりあえず全体の感想としては、
「楽しかった!行って良かった北海道!函館最高!」

…何かここまで書いてきて「今更またそれかよ」って思われるかも知れませんが、
本当にこの言葉しか浮かばないのです。はい。

前々から“国内初のバットレスダム”笹流ダムが見てみたくて、
今回やっとのことで実現することとなった初の北海道遠征…
ダムに興味を持ち始めて、ここまでエキサイティングなダム巡りもそこまで無かったのではないでしょうか?

今回の経験は、生きがいでもあるダム巡り(…そこまで言うかぁ?w)の“幅”を広げる上でも、
大変貴重なものであっただろうと強く感じております。
自分自身の“ダムレベル”も少しだけアップしたかな?w

とりあえずこのまま感想を書き続けていても終わりが見えてきませんので最後に一言。
「余は大満足だった」と☆


しかし。今回のダム巡りは自分の第一段階目標でもある、
『ダム300基訪問&全都道府県ダム訪問』を考えればまだまだほんの一部に過ぎないのも事実。
…今後もこの調子で調子に乗ってガンガン遠出していければいいかなーって思います!
(やっぱ年に数回はこういった遠征したいよね♪)

あと。初の北海道ダム巡りと言えど、今回は道南のほんの一部のみ…。
まだまだ北海道には魅力的なダムも数多くあるに違いない!

空気も澄んでるしメシも美味いし…これは当然近いうちに再調査に行かざるを得ないでしょうな。
あー。まったくけしからんよ!北海道はwww



【2日目のルート】(函館駅~駒ヶ岳~美利河~大野~鶉)

※実際に走ったルートとは若干異なるかもです。


…さてと。来年はどこのダムまで行ってみよっかな~☆

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。





本日はお忙しい中ご訪問頂きありがとうございました♪
ダムブログの分際でランキングサイトに参加中です。もし宜しければクリックして頂けたらかなり嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ



スポンサーサイト



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 北海道

コメントの投稿

非公開コメント

読みごたえありました!

ふー、北海道旅行記完結、おめでとうございます。
それぞれのダムを前にしたばっきぃさんの高揚感やがっかり感、手に取るように伝わりました。
いつも思いますが、写真も素晴らしいです。
目的を持ち、自分で計画した旅って、やっぱり素敵ですねー。

No title

北海道にも大野ダムあるんですね。
わたしは山梨の大野ダムにこの前行ってきましたw

ああ、家から遠い場所だとほんとに現実逃避できる感じでいいですよねー

いずれにせよお疲れ様でした。
わたしはこのブログを参考に来年の旅行のしおりを作ろうかと思います()

Re: 読みごたえありました!

月亮さんへ

こんにちは。コメントありがとうございます☆
何か更新のテンポが悪くなっていまい恐縮なのですが、最後まで読んで頂き感謝感謝です!

> いつも思いますが、写真も素晴らしいです。

…自分は多くのダム好きさんと違って撮影スキルがさっぱり…天候次第&“数打ちゃ当たるかもw”って感じでいつも撮影してるのですが、そう言って頂けるのは素直に嬉しいですね♪
如何せんダムから帰ってくると膨大な写真の量で、毎回嬉しいやら選別が大変やらなんです。

> 目的を持ち、自分で計画した旅って、やっぱり素敵ですねー。

…普段は気まぐれでフラフラ行動しているのですが、やはり基本的な所に“ダム”という目的があるから何とか旅として成立している感じですねw
ダムに手を染める前は完全にインドア派…休日に外に出ても繁華街に繰り出す程度だったのですが、今ではすっかり山の中にいる時間が多くなってしまいましたwww

ということで、今後もダム巡りの臨場感が味わえるような訪問記を書ける様努力していく所存ですのでどうぞよろしくお願いします☆

humpty0202さんへ

こんにちは。コメントありがとうござます☆

> 北海道にも大野ダムあるんですね。
> わたしは山梨の大野ダムにこの前行ってきましたw


…実はそうなんですよねー! 自分もすっかり忘れていたのですが、先日ツイッターでやり取りさせて頂いた時にそれを気付きましたw
山梨の方がまだ自由に見れるだけ良かったですけどねー。

> ああ、家から遠い場所だとほんとに現実逃避できる感じでいいですよねー

…それそれ!それはマジで醍醐味です。
今後も非日常空間にどっぷり浸かって、現実から“逃げ勝ち”していきたいものですよ!まったくwww

> わたしはこのブログを参考に来年の旅行のしおりを作ろうかと思います()

…えっ?それはちょっと……

いや。そう言って頂けると素直に嬉しいかもですね!
自分のダム巡りは基本安全牌を進むものなので(遠出してまで無茶したくないしw)そこら辺は参考するこもできるかも…いや。できるかぁ?これでw

ともあれ今後もhumpty0202さんのダムレポート、ブログやツイッターで楽しみにしております!

お疲れ様でした

北海道ダム旅行お疲れ様でした!
いろいろなタイプの北海道旅行があるかと存じますが、「ダム」を目的に旅をされた方というのは、ばっきぃ氏が初めてです。

とても面白いレポートでした!
四角い電柱やくそ長い美利河ダム、新中野ダムの模型、そして数々のヒグマとの死闘…
なかでも、とても興味深かったのは笹流ダムのレポートです。
日本初のバットレスダム。格子状のコンクリート柱のゼロ距離撮影に、熱いダム魂を感じました。
また行ってみたくなりましたよ函館に。函館に行く事があったら、ぜひ笹流ダムを見学したいと思います。

その他にも色々と函館を満喫されたようで何よりです。
せっかくですからグルメレポートなどもお願いします!
熱いダム魂の持ち主のばっきぃ氏なら、きっとグルメ四天王トリコ並に味わってきたことと思いますので…
ダムと食の融合を期待します!!

あ、夜のレポートとか?そういうのも期待してます♪

Re: お疲れ様でした

尻臼さんへ

こんにちは。コメントありがとうございます☆
長々しくなってしまいましたが、最後まで読んで頂き感謝感激でございます!

確かにダム目的で北海道へ行くというのは全く持って滑稽な話ですが、本人は至って真面目だから逆にタチが悪いというwww
数年前まではまさかこんな形で函館に行くなんて考えてもいませんでした…。
でも『笹流ダム』という存在が無ければ函館にここまでどっぷり浸かることももなかったんじゃないかなーって。多分北海道旅行はしてたとしても、札幌が中心とかだったでしょうね。


> また行ってみたくなりましたよ函館に。函館に行く事があったら、ぜひ笹流ダムを見学したいと思います。

「行ってみたくなった」…この手のブログを書いている上で、自分にとってはこれが本当に最高の言葉です!
笹流はダムという垣根を超えて、ホントに多くの方に見て頂きたい土木遺産の1つだと確信しております。
もし函館に行かれることがあればぜひぜひ♪
いつだかサラッとだけ冗談で書かせて頂きましたが、
四角い電柱と笹流ダムは市販のガイドブックには載っていないけど、押えておく価値は十二分にあるんじゃないかと思います。

> せっかくですからグルメレポートなどもお願いします!

普段はパーキングで食べた蕎麦の写真ばっかですからねw
たまには気分転換にそんな記事を書いてみるも良いかも知れませんよね。
ダムと食の融合は難しいかもですが、(…いや、普通にそれは書けんだろwww)
グルメレポートは近日中に一発アップさせて頂こうかと思います!

> あ、夜のレポートとか?そういうのも期待してます♪

実は“夜のパトロール”は今回無かったんですよー!

…いや。マヂでいつも無いっすよ! 自分、こう見えても真面目超人なんでw
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター