スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダム巡りダイジェスト【2012年12月23日】『歳末・鴨川スペシャル』その1

その0からの続きです】

【それは始まりに過ぎなかった…】
20121223kamogawa08.jpg

…ということで早速“第2袋倉征伐”の旅へと向かっていきましょう♪

うーん。それにしても…
このダムに向かうまで、これまで何人の戦友が犠牲に…泣いてきた事やら。
うぅ…まさか彼があんなことになってしまうとは…
よし!今日のオレは本気モード!
必ずや第2袋倉ダムとやらの首を獲って敵討ちを果たしましょうぞ!

………。

あ。こういう下りはもう結構ですか? で、ですよねーw
自分もそんな使命感なんぞ始めからある筈も無く、
ただ一回だけ“怖いもの見たさ”で見てみたかっただけっすからwww


20121223kamogawa09.jpg

…さて。最寄り駅である『安房天津駅』からはスマホのナビを頼りにひたすら歩きます。
いくら自分が千葉の人間で鴨川にも何度も来ているとは言え、
さすがに一集落の田舎道までは把握していませんから。もはや今回はこれだけが“相棒”とも言えるでしょう。
ちなみに自分の場合、ダム巡りの為にスマホを購入したと言っても過言ではありませんw

ただ、頼りのナビも“徒歩モード”のせいか「これ道ですか?」と思える箇所も度々通過させようと…。

話は変わりますが、以前車のナビを頼りに走っていたところ、
夜中に畦にハマってJAFのお世話になった経験があったりします☆
その時はダム巡りではなく普通のドライブ中だったのですが、
「何かこの道怪しいなー」と思いつつもナビを信じて走っていると、いきなりズボッってw

JAFのおじさん:「どうしてこんな所走ってたんですかっ!ここ道路じゃないですよっ!」
オレ:「そ、その…ナビがこっちって……」

まぁアレだ。つまり何が言いたいと言えば、
オレはピュア過ぎるんですわ。うん。
今回は何とか無事に帰ってきましたが、
あまりにもおかしいと思ったら、たまにはGPSを疑ってみることも必要かも知れませんねwww
…特に地図にも載っていないようなダムに行く時は。


20121223kamogawa10.jpg

…駅から山方面に歩くこと30分位でしょうか?
気が付くと周辺はいかにも“ダムへと続く道”といった様子になってきました。
所々に民家が点々とあったりもしましたが、基本的にこのような林道。横には小川もさらさら流れています。

これはわかる人にはわかるだろうけど、わからない人には絶対わからない…
いわゆる“ダムフラグビンビン”ってやつです!
うん。オレの第六感がそう囁いている。ま、その感も今まで何度もはずれているんですけどねw

ここまで来れば後は袋倉ダムまで一本道。
スマホの電波も不安定でGPSも受信できない箇所が増えてきたので、相棒とはここでお別れです。


20121223kamogawa11.jpg

…途中、電柱にて『袋倉』の文字を確認!
進んできた道がどうやら間違っていなかったようで、謎の安心感に包まれる。

目的地である第2ダムの手前…第1ダムまでもここからそんなに離れていないのかな?
まぁ一本道なんで多分大丈夫なんだろうけど、
やっぱり知らない土地だけに無事辿り着くまでは結局不安感もある。
時として、こういった看板の文字一つだけでも心強く感じることがありますよね♪


20121223kamogawa12.jpg

………。

「…オレ、勝ったわw」
ダムに向かって歩いて進むうちにそう確信した。
なんだ、第2袋倉まで行った人はみんな口を揃えて“やれしんどい”だの言ってるけど、
意外と余裕に辿り着くんじゃね?これwww
道路は確かに対向車が来たら交わしづらいけど、今日は何と言っても徒歩なんだぜ?
もう怖いもんなんて全く無いじゃん!

…確かに駅からは結構距離を歩いてきたので多少疲れは出てきたが、
ここまでの道中では危険と思われるところは一切なし。
このまま何事も無く第1ダム、第2ダムへと到着するのは段々そう難しくないと思えてきました。


今思えばこの根拠の無い自信は慢心からだったのか、じわじわ来る疲れからの“ハイ状態”からだったのか…

だが更に進むこと数分。事態は一変。
そう。それはただの始まりに過ぎなかったのだ…


20121223kamogawa13.jpg

「んー。段々道が怪しくなってきたかも…」

途中、“この先崩壊”ということで車が通過できないようにバリケードが設けられていた。
まぁ徒歩なので自己責任の下に進んできたのは良しとして、
そこを通り抜けた辺りから周辺の様子は一変!
先程までの“生ぬるい”舗装された林道から“険しい”未舗装の林道へと変化。

「…こ、これが噂の袋倉ってやつなのかっ!?」


20121223kamogawa14.jpg

「…い、いやw これはまだ全然道と言えるだろwww」

…あまりの急変ぶりに一瞬不安感が頭をよぎったが、ここまで来て引き返す訳にもいかない。
そう!今回は何としても第2袋倉ダムに挑まねばならないのだっ!
ヘタレダムメグラーを脱却する為にっ!

………。

え?「何その理由…」って?
ほら?何か「第2袋倉行った」って言うと、この先話のネタにもなりそうじゃん?

ま。そんなことはともかく、
歩く道は非常にドロドロ湿った感じと変化していき、歩いていて段々嫌気が差してくる…。
これより先へ足を運ばせるのはもはや“意地”のみ。
ダムが無いとわかっていれば間違いなく引き返しています。当然です。

「…うぅ、とりあえず第1ダムだけでも早く出てきてくれないかなぁ…」

…さっきまでの強気っぷりはどこ吹く風。
今にも泣き出しそうな感じでそう思いながらそそくさと歩いていくと、一気に視界が開けました。

「…ん?」



【1基目:第1袋倉ダム@鴨川市】(初訪問・今年通算124基目)
20121223kamogawa15.jpg

「うおぉぉぉぉ!!!!!キターーーーーーーーー!!!!!!!」

…目の前に突如現れたのは紛れも無く正真正銘のアースフィルダム!
ということで駅から歩くことおよそ80分。
遂に到着しました一基目はこちら!『第1袋倉(ふくろぐら)ダム』でございます☆

ま、まぁ今回の目的はあくまで『第2袋倉ダム』なのでまだ途中と言えば途中なのですが、
辿り着いた瞬間は久しぶりに大興奮してしまいましたw
て言うかアースダムに着いただけでこんなに大はしゃぎしてしまう自分って一体…


20121223kamogawa16.jpg

「うんうん。間違いなくここが第1ダムだよねー♪」

あ。一応そこら辺は確認して再度ダムに辿り着いた喜びを噛み締めておきますwww
ほら?もしかして違うってことも…いや、それは無いか。
いやー。それにしてもここに到着した瞬間は嬉しかったですね!
道中の光景が変わってきた時にはかなり焦ってましたが、ここまで歩いてきた甲斐があったと言うか…。

て言うかさ。ここまで結構頑張ったから、
もうここが今回のゴール地点でも良いよねー☆

…あ、嘘です。ゴメンなさい何でもないですw


20121223kamogawa17.jpg

…まぁとりあえずここも貴重な“初訪問ダム”には違いないということで、
ここは第2ダムまでの“ひと時の休息”も兼ねてゆっくりまったり見ていきたいと思います♪

ということでまずは天端の様子。
「イエス!コンパクト!」
うん。ご覧の通り堤頂長もかなり短め。
世の中の大型ダム志向とは逆に、この小ささがまた何とも可愛らしくて良いじゃあないですかっ!
(…そんな志向ねぇよwww)


20121223kamogawa18.jpg

…天端を奥まで進むと洪水吐が確認できました。

この時は“ほどほど”に越流。
ま。越流してないよりはしてた方がまだ絵になるから良いよね☆
ここは特筆すべき点は無い…かな?
でもダムに行ったらとりあえずここは見とくじゃん?ってことで(汗)


20121223kamogawa19.jpg

…ダム湖はこんな感じ。
別にゴミとかで汚れてるって訳じゃないんだろうけど、
透明度も殆ど感じられず…まぁ千葉の溜め池ではよく見られる何とも言えない濁った感じでした。

ちなみにここは釣り禁止ということですが、
こんな所まで来て釣りをしようって輩もそんなにいないんじゃないかなぁ?


20121223kamogawa20.jpg

…ダムの概要などが書かれた看板は見当たらなかったのですが、周辺には一つの碑が立てられていました。

『溜池新設記念碑 東條村東部耕地整理組合』

なるほど。この地域は昔は『東條村』という名前だったのかな?
鴨川市は海のイメージが強い一方、今でも農業が結構盛んな土地で、
市内には大小多くの溜め池が点在してますからね。
ここも当時は待ち焦がれて造られた“待望の溜め池”だったのでしょう…。

では最後となりましたが、ここでダムのスペックなどを簡単に紹介。
第1袋倉ダムは1923年に完成した鴨川市が管理するアースダムで、
高さが22メートル、長さが60メートル。ダムの役割としては上水道水および農業用水の確保です。

まぁ今回の自分も同じですけど、
その辿り着くのが困難な『第2袋倉ダム』ばかりがダム好きの皆様には注目されていると思うのですが、
当然“第2ダム”があるなら“第1ダム”もありますよってことで。
位置的には第2ダムまでの通り道に存在しますので、そこら辺の説明はまぁ必要ないでしょう。

ちなみに…
“第1ダムは車で行くことができる”という情報もありますが、
先程も言いましたが、自分が訪問した時は“道路崩壊の為”に途中で車が進入できないようになっていました。
ま。如何せん幅員が狭いので通行できたとしてもなかなか躊躇ってしまうような道ではあったのですが、
一応そういう現状だったというのを報告までに…。


20121223kamogawa21.jpg

…そんなこんなで第1袋倉ダムの見物も一通り終了。

「ふぅ。さてと…」

続く道の先にはいよいよ念願(?)の第2袋倉ダムが!
て言うかもう前に進むしかないよなぁ…

………。

「よし!ちょっくらシバいてくっか☆」
…覚悟はついた。
もうどうにでもなってしまえw 怪我さえしなきゃもう何でもオッケーだろwww

ダム湖に沿って続く嫌な雰囲気しかしない獣道…
この先に待ち受けていたものとは一体!?



その2に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。




本日はお忙しい中ご訪問頂きありがとうございました♪
ダムブログの分際でランキングサイトに参加中です。もし宜しければクリックして頂けたらかなり嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ


スポンサーサイト

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

tag : ダム 千葉県

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です♪

歩き苦しんでまずは第1袋倉ダムまで来ましたね~(^o^;)
まさに第2袋倉ダムへの序章ですね!
ここから先の大冒険…期待せずにはいられませんp(^-^)q
恐怖のトンネルを始めとする数々のトラップをどうくぐり抜けファイナルステージ(第2袋倉ダム)に到達するのか!?
すごく楽しみです(⌒0⌒)
わくわくしながら続きを期待しております(^o^)v

Re: お疲れ様です♪

もん吉さんへ

どうもこんにちは!毎度ありがとうございます☆

いやはや。薄々気付いておられるかも知れませんが、雑談ばかりで横道にそれまくり…やっとのことで第1袋倉まで辿り着いた感じです(笑)
ということで次回はもん吉さんを始め、多くのダム好きの方に有名なあのトンネルが登場です♪

…さて。衝撃(?)の結末はどうなったのか?

ではさっそく続きの執筆に取り掛かろうと思いますっ!
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。