オレ流ダム紀行【2013年1月27日】『四時だョ!全員集合』その3

その2からの続きです】

【四時ダム見学開始】
20130127-13.jpg

…トンネルを抜けるとそこはダムであった。
ということで勿来駅から歩くことおよそ100分。ついに『四時(しとき)ダム』へと到着しました。

「うーん。今回こそ海が見えると良いなぁ…」
このダムの“売り”はこちらの看板にもあるよう“天端上から海が見える点!”
前回訪れた時は曇天の為に見ることができませんでしたから…
今回こそは!とちょっと期待してしまいます。

あ。大切なことを言い忘れてたわ!

20130127-14.jpg
※堤体(上流側)の様子

…実は今回の四時ダム訪問、ダムカード以外にも大きな目的がありまして、
て言うか自分にとってはこっちの方が重要なんだけど、
今回はなんと、
事前に申請を出して管理事務所&監査廊見学をさせて頂くということになっております♪
イヤッッホォォォオオォオウ!

…いや。当初はダムカがお目当てで行くつもりだったのですが、
はん氏と一緒に行くことが決定し、色々話を詰めていたのですが、
予習している段階で四時ダムのホームページを眺めていると…
いやはや。事前申請を出せば個人・団体問わず見学をさせてもらえるという話ではありませんかっ!

「…こりゃ申請出すっきゃあんめぇよ!」
ま。実際に申請の手はずをして頂いたのははん氏なんですけど…(て言うかほぼ丸投げwww)
うん。当日に実物の申請書類を見せてもらったのですが、
なかなかきちんとした“お堅い”書類でしたよ。まぁ一応ダムを管理しているのは県ですからね。
やっぱそれなりの“段階”を踏まねばいけないのは当たり前ですよね。

ということで今回の四時ダム訪問にはそんな“メインイベント”があったりしたんですねー♪
ダムに行くことは何回もあれど、
そこまで踏み込んだ見学をするというのも年に数回…これまでも数える程しかありませんから。
これは今から本当に楽しみでありません!


20130127-15.jpg

…さて。管理事務所に申請を出している時刻まではまだ1時間以上。
その間にダムの外回りを色々見ていくことにしましょう。
まぁここは2回目なんで結構落ち着いて色んなとこが見れたんじゃないかなーって。

まずはダムに来たら何と言ってもここからっしょ!ということで洪水吐まわりね。
ここはちょうど良い所に橋が架かっていてよく見ることができるからいいよね!


20130127-16.jpg

…続いて天端を歩いてみる。
近くに高い山なんかも無く、天気にも恵まれたということで開放感満点☆
この日は日曜ということで「もう少し訪問客が多いのかなー」と思っていましたが、
ダムに着いてから帰るまでに見かけたは自分たちを除き4人ほど…。
まぁほぼ貸切状態と言ったところでしたかねw ま。ダムなんぞ基本的にそんなもんだけどねー。


20130127-17.jpg

…こちらは天端の両脇に張られた転落防止(進入防止?)チェーンの留め金具。
なんでもこちらは“四時ダム”だから『四』の形をしているとか…。(いや、実際のところは知らんよw)

うーん。でもこういった遊び心ってなんか良いですよねー。


20130127-18.jpg

「海見えたー(゚∀゚)ー!!!!!」

…天端を奥へ進むと下流域の遠くには見事なまでの太平洋を臨むことができました☆
なるほど。別に海が見えるダム自体はここ以外にも数箇所見たことがあったのですが、
流石に正面入口にデカデカと謳っているだけある…。
これで大したことも無ければ“嘘・大げさ・紛らわしい”ということでJAROに…
ってそこまでは勿論しませんが、これにはばっきぃさんもなかなか満足のご様子でしたね。


20130127-19.jpg

…続いて、ダム左岸側の小高い場所にあるダム公園へ。
ここからはダムの様子が上から一望できてなかなかステキだったりします。

うーん。こうして見るとなかなか立派なロックフィルダムだよね。
何とも“ダムダムしい”と言うか、オレの第六感がこう囁くんだ…
「こいつは実に良ダムだ」とね。

ところでみんな「良いダム」とか「好きなダム」とかって話するけど、
皆さんの基準ってどんななんだろうね? 自分はもちろん“フィーリング”だけなんだけどw


20130127-20.jpg

…ダム湖(四時湖)はこんな感じね。まぁ湖自体は丸一周歩くことはできないんだけど、
こんなに眺めのよい公園があるならそれはそれで全然満足できると思います。

あ。ここらで簡単に四時ダムのスペックなんぞを紹介させて頂きます。

四時ダム(鮫川水系四時川)は1984年に完成した福島県が管理するロックフィルダムで、
高さが83.5メートル、長さが300メートル。
ダムの役割としては洪水調節および上水道水・工業用水の確保です。

…工業用水に関しては前回に少し話した通り“勿来駅周辺の工業地区”への供給がメインっぽいですね。
また。これは最近ニュースにもなっていたのですが、
近々四時ダムでは河川維持放流の有効活用策として小水力発電も始めるとか始めないとか。
まぁ小水力発電を始めるダムもこれから右肩上がりに増えていくのでしょうが、
ただ流すだけでは確かにもったいないですからね。利用できるものは何でも利用した方が良いよ。うん。


20130127-21.jpg

…この後もダムサイトでしばらくまったりんこ。
設備を色々見てまわったり、はん氏とダム談義に花を咲かせてみたり。
ちなみに前回はあまり見ることができなかったので、
自分は“ダム看”のチェックの方も抜かりなく行ってきたであります!

例えばこれなんかもなかなかイケてるよね♪
間違っちゃいないんだけど、送り仮名無しで『柵乗越禁止』…
この微妙な絵と相まってなかなか哀愁感漂うものがあると感じるのはオレだけでしょうか?


20130127-22.jpg

…こちらはとりあえずダム湖をバックに下から舐めるように撮ってみたのですが、
どうでしょうか?


20130127-23.jpg

…そして今回の旅の“ベストダム看”は断然こちらですね!
まぁこれだけ見ると何の変哲もない普通の観光案内板に見えるじゃん?

でもね。ところがどっこいこれをよくよく見てみると…
もうダム好きの方なら思わずつっこんでしまうようなwww


20130127-24.jpg

「こ、これはアカンでしょwww」

おいおい。いつから四時ダムはコンクリートダムになったのかと…。
ちなみにここから割りと近くにある『高柴ダム』も同じ絵に…て言うか使い回されていたのですが、
これは面倒でもフィルダムっぽい絵にして欲しかったなぁ。
まぁ世間ではどうしても“ダム=コンクリート”ってイメージはかなり根強いっぽいですけどね。
でもこの絵をフィルダムで使うとしたら三保ダムくらいだよな?w


ま。いっか…
ということで真面目にダムを見学したり、海をボーッと眺めたり、
ダム看に舌づつみを打ったりでちょうど良い時間となりました♪

この後は今回のメインイベント…監査廊見学をする為に管理事務所へと向かいましたとさ。
そして、まさかこの後最後に“あんなこと”になってしまうとは思わなかったのだが……




その4(最終回)に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。



スポンサーサイト



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 福島県

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター