オレ流ダム紀行【2013年1月27日】『四時だョ!全員集合』その4

その3からの続きです】

そんなこんなで予定時刻となりました。
「よし!ほな行こか…」

【管理事務所&監査廊見学】
20130127-25.jpg
※四時ダム管理事務所

…ということで遂にお待ちかねのメインイベント!
さぁ管理事務所までやって来ましたよ。
いやはや。ダムに行くことは数あれど、こういう機会も滅多に無いから内心ワックワクでしたねー♪

て言うかいくら事前に申請を出しておけば普段でも個人の見学を受け付けていると言っても、
なかなか一人では行きづらいというのも正直ありますから…。
(昨年の山梨の『深城ダム』監査廊見学は一人…しかもアポ無しだったけどw)
うーん。今回はダムマニアのはん氏にご同行頂けて本当に良かったと常々思っております。

ではでは。今回は事前申請もバッチリしていて話も早いってことで、
さっそく管理事務所の中へと通されます。

20130127-26.jpg
※四時ダム・ダムカード

…じゃーん!こちらが当初このダムを訪れる目的でもあった四時ダムカードです。
管理事務所に入ってまず職員さんに貰ったのはこちらのダムカードと、
ホームページ(→福島県鮫川水系ダム管理事務所)をそのままプリントアウトした簡易的なパンフレット。

いやー。最近の自分はダムカード収集にそこまで熱狂的でもなくなってしまったのですが、
まぁ何だかんだ言っても…そりゃもちろん嬉しいことに変わりありませんわな♪
カードの端に書いてあるバージョンナンバー(?)『2012.10』の文字が、
発行されてからまだそんなに日が経っていない…おニューのカードであることを物語っています。

…うーん。今年はもう少しダムカード収集の方にも再び力を入れてみようかなぁ?
最近は新たに配布を始めたダムも徐々に増えてきていますからねぇ…。
以前は関東のダムカードはフルコンプだったのですが、
前回の『渡良瀬貯水池』しかり、気が付くと近場のダムにも関わらず未回収の所も幾つか出てきましたし。

まったく…
“ダム欲”を掻き立てるダムカードってのはホント罪なヤツだよなぁw


20130127-27.png
※管理事務所内の様子

…で。こちらが管理事務所内2階の操作室、いわば四時ダムの全てを司ると言ってもよい場所です。

「あれ?お前のカメラ曇ってたの?」って?

いやいやいやw
とりあえず撮影して良いか確認はしたのですが、NGでは無いものの正直あまり良い反応ではなかったので、
一応今回はこんな感じでボカさせて頂きました。
ま。特別大きい機械設備ではなかったのですが、何となくこれでイメージも湧くでしょ?w

ここでは職員さんからざっくりとダムの説明を受け、その後しばし質問タイム。
自分は近い将来に始まるという四時ダムの小水力発電のことや、年間の放水実績のことなどを少々。
そういや、はん氏は機械関係のことを沢山聞いてたっけなぁ…。

自分は柄にもなく真面目なことを聞いてしまったが、(そのくせ回答はあんまり覚えてないんだけどなwww)
さすがはん氏はSEという事で…何だかとってもメカメカしくて、目の付け所がシャープやね。


20130127-28.jpg
※監査廊入口

…よっしゃ!じゃあ次はいよいよ監査廊(ダム内部の点検用通路的な)へと入っていきます。

ちなみに入口はここ…管理事務所のすぐ脇にありました。
うん。一見ただの倉庫っぽくも見えるんだけどねw
でも堤体脇の階段やキャットウォークを伝って直接ダムの中に入っていく感じよりも、
こうやって少し離れた位置から入って行く方が、
ちょっとだけ「冒険してます」って感じがして楽しくなってきちゃうよねー?(謎)


20130127-29.jpg
※監査廊内の様子

…入口を抜け少し歩くとまず現れたのは400段程度の階段。
それを下っていくとしばらくこんな感じで長い一直線の通路が続いていきます。

「くぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!この肌触り!この感覚よっ!」(もちろん心の声)
まぁもちろんここまで職員さんが同行しているし、色々な説明をして頂けたんだけどさ。
何て言うか正直なところ、
ダムについての学習云々と言うよりも“監査廊の中を歩いてます”ってこの事実がオレは嬉しいんだよね。
それは普通にダムに来ただけでは味わない“優越感”と言うか“満足感”と言うかw

ダム内部の温度はだいたいどこもそれ位だと思うのですが大体15℃程。
ということで訪問したのは1月の話ですから実は外にいるよりも全然暖かいんですよねー。
いやはや。夏は涼しくて冬は暖かい監査廊…
当然「ここで生活したい…て言うかさせろ!」と思うのは仕方の無いことと言えましょう。


20130127-30.jpg

…こちらはダムから湧いていると言うか、溢れていると言うか、浸みだ出している水です。
あ。もちろんダムの機能自体に欠陥があるとかじゃなくて、そういうものだそうですがw

で。いきなりこんな写真を出して「何なんだ?」って話なんですけど、
実はこの水も四時ダムの特徴の一つでありまして…


20130127-31.jpg
※銘水・四時ダム

…実はこの水は地上、ダムサイトにてこんな感じで誰でも汲むことができたりします。
念の為に一度沸騰させた方が良いみたいなことも書いてあった気がしないでもないのですが、
もちろん飲料用としても可!
こういうのって結構ありそうで意外と無い話じゃないかと☆

もうさ。言ってしまえばこれさえ飲めばダムと一体化間違いないよね!
ということで四時ダムに行かれた際はこの水をお土産に汲んで帰ってくるのもまたいんじゃね?ってことで。

ちなみに監査廊内でこの水に触れた時はそこまで冷たくも無かったっけな。
すぐそばにコップも置かれていたんだけど、職員さんが点検中にそのまま飲んだりしてるんだろうか?


20130127-32.jpg

…さて監査廊を最後まで進んでいくとダムの堤体直下まで出てきました。
ここから見上げる洪水吐の姿は迫力満点!
まぁ言っても堤高80メートルを超えるダムですから…そりゃそうだって話なんですけどね。

うーん。ここは逆光であまり良い絵が撮れなかったけど、
もう少し時間に余裕があったらまだまだ粘っていたいスポットだったよなぁ…。

と。こんな感じでその後このまま外を歩いて放流バルブを見たりなんかで一通り見学も終了。
「あー。楽しかった♪」

…うん。今日は本当に楽しかった。心底楽しかった。
我ながら今回のダム訪問はベストテイクにかなり近い…ほぼ完璧なものであったろう。


…そう。
これから目の当たりにするこれさえ無ければもっとね。


さて見学後はもちろん来た道を引き返して行く訳だが、
監査廊内でオレはとんでもないものに遭遇してしまったんだ…


20130127-33.jpg

「…いやいやいやwww」

…体も重けりゃ荷物も重い。だって行く前に、
「監査廊内に水溜りがあるかも知れません」って聞いてたから念の為に長靴をリュックに詰めてたんだぜ?
でっかいリュック背負って駅から8キロ位歩いてきたんだぜ?
もうダムに着いた時点で正直疲れてますわ!

で、これ?この400段の階段を今から上れと?


………。


…はは…ははは……


20130127-34.jpg
※勿来駅界隈、太平洋を臨む

…帰りはなんと管理事務所の職員さんのご厚意で勿来駅まで車で送って頂いた。
もしかしたら真冬にも関わらず大汗をかいて息を切らしていたオレに見かねてのことかも知れない。
はん氏は若さの為か余裕の表情だ…。

帰りのパトロール車の中、冬にも関わらず相当蒸し蒸ししていて曇っていたっけ。
原因は…知らんwww
ちなみに話を盛ってるようにも思われるかも知れませんが、あの階段は結構急でマヂ殺されかけました…


…ちなみに勿来駅に着いてからもオレの動悸・息切れは収まらずしばらく休憩。
その後、海岸線をしばらく歩き地元の小料理屋であんこう鍋をつついてきましたとさ。
めでたしめでたし☆




【エンディング】
20130127-35.jpg
※いわきとラガーはよく似合う(オレ談)

…さてさて。以上4回に渡ってお送りしてまいりました今回の『いわき・四時ダム編』でしたが、
いかがでしたでしょうか?

まぁね。とりあえず最後は普段の体たらくっぷりから地獄を見ることになりましたが、
そんなことはさて置き、
久しぶりの四時ダム…しかもダムカードゲット&監査廊見学と、
これ以上充実したダム巡りもなかなか無いんじゃなかったのかと。
ま。毎回同じようなこと言ってるけど、それだけ毎回楽しめてるって訳ですよ。うん。(汗)

いやー。今回はダム仲間が同行したということで、こういう機会もなかなか無かったのですが、
一人で黙々と味わうダム巡りも良いけど、
こうして仲間とワイワイ趣味の話をしながら行くダム巡りっていうのもたまには良いものですね♪

最近は車を使わずに電車でダムに行くことで“新鮮感”を得ていたのですが、
これもまた違った楽しみが出てきて、何より他人様のダムの楽しみ方なんかも見ることができて、
非常に勉強になると言うか、いつもとは異なる充実感があったんじゃないかと。
という事で今回はご同行頂けたはん氏には感謝せねばならないと思っております。はい。


さて。“電ダム企画”の第4弾もこれにて無事終了。
ここまで第1弾、第2弾と日光・秩父を訪れてみましたが、
俺の中の“関東三大ダム聖地”…あと1箇所残っているということで次回の第5弾では、
遂にあそこに攻めてきました!…しかも2月という冬のど真ん中にw

もうね。結論から言うと、思わず吹いた!そして泣いた!


ま。それは次回以降のお話で…ってことで、
とりあえず四時ダム、やはり何度も言いますがここは間違いなく“良ダム”だったと思います!
いやー。ホントに美味しかった!ごちそうさまでしたー♪


【参考:今回のルート】(JR勿来駅~四時ダム)

※こちらは車で行った場合のルートですので、実際の行程とは異なります。


…さてと。次は群馬行ってみよっかなー☆


※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。

※今回はおまけコーナーをお休みさせて頂きます。次回の駅弁にご期待下さい。


スポンサーサイト



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム ダムカード 福島県

コメントの投稿

非公開コメント

No title

四時編ようやく完結ですかー長かったー

しかし私はダムマニアでは御座いませんwww
群馬編もながくなりそうですね(^ω^)

humpty0202さんへ

> しかし私はダムマニアでは御座いませんwww

( ゚Д゚)ポカーン

い、いや。あなたは立派なマニアっすわ…


…何か途中でパソコンぶっ壊れたり、仕事が忙しくなってきたりで完結まで物凄く時間かかってしまいました(汗)
群馬編はもう少しテンポ良くいきたいっすねー。
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター