スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレ流ダム紀行『2013年ゴールデンウィークまとめ』その3

その2 (『信州・飛騨遠征』初日前編) からの続きです】

いえーい!岐阜県の皆さん元気ー?
いよいよオレ参上ですよーーーーーー!!!!!!!!


…ということで密かにまったり続けている『目指せ!47都道府県ダム制覇の旅』も、
ダム歴4年目にしていよいよ22都道府県目に突入!

牧尾ダムから車を走らせることおよそ1時間半。
険しい峠道を気合で越え、いよいよ岐阜ダムデビューです♪



5月2日『信州・飛騨遠征』初日・後編

【6基目:高根第一ダム@岐阜県高山市】(初訪問・今年通算32基目)
gw10takane1st.jpg
※展望台より

…はい。ということで岐阜県進出一発目!記念すべき“メモリアルダム”はこちら。
高山市にあります『高根第一(たかねだいいち)ダム』でございます☆

高根第一ダム(木曽川水系飛騨川)は、
1969年に完成した中部電力が管理するアーチ式コンクリートダムで、
高さが133メートル、長さが276.4メートル。ダムの役割はもちろん『発電』です。
また発電の方式としては『揚水発電』で、こちらを上池とし、
この後に訪れる『高根第二ダム』との間で水をやりとりして発電が行われています。

ちなみに中部電力が所有するダムとしては最も堤高が高い133メートル!

オレにとっては一応ここも記念すべきダムの一つ…
いやはや。こいつは全くもって申し分の無い立派なアーチダムじゃあないですかっ♪
ではでは、さっそくダムの方を堪能させて頂きたいと思います。

「じゃあまずは挨拶がわりに天端でも歩かせてもらおうか…」


gw10takane1st2.jpg

………。

…で す よ ねーwwww

もうね。自分でも最近わかってきたんよw やっぱ電力会社のダムってガードが固いんだわ。
ここなんかまだ良い方よ、うん。さっきのアングルからしか見えないけど、一応展望台もあるしね。
でもさぁ、ここって中部電力のダムじゃ一番でかい訳でしょ?
言い方は合ってるかわかんないけど、それって中電にとっちゃ“フラッグシップダム”じゃん?
静岡の井川五郎ダムも嫌いじゃないけど、
だったら五郎ばりに見せてくれよ!
高根の本気見せちゃいなよぉぉぉぉ!!!!!!!!!!

以上、愚痴w
一応フォローしとくと井川ダムの方が歴史もあるし、何と言っても国内初の中空重力式だからね。
あと、あそこは天端上に県道が通ってるし…。
うーん。でもこのダムもせっかくだから資料館作ったり、ダムカード配布すればいいのになぁ(泣)

…はぁ。ま、仕方ないか。もう次行こっと。





「…いや。だが断る!」

…て言うか、ここまで来てさっきの上方からの1枚だけで引き下がれる訳ないじゃんw
君にはもうガッカリだよ!だったらいいよ!もう自分で見れるとこ探すから!

ということで朝からここまでバナナ一本、運転ばっかで腰も足首もガクガク…
正直乗り気じゃなかったが、仕方ないので下流域を徒歩で探検することに。


gw10takane1st3.jpg

「…うーん。何か微妙かもですぅ」

…オレの“ダム勘”で「ここかな?」って所に車を停め、林道を歩くこと大体20分くらい。
機能してんだかしてないんだかよくわからないキャンプ場の脇を抜けると、
一応堤体は確認することができたけど…。できたけど…。
そこには案の定、我らダム好きの“天敵”視界を遮る木々の皆さんがっ…。

………ふぅ。

「井上さん、あんたって人は…」

うん。これが今のオレにできる精一杯の悪態www (…嘘です!五郎さんは決して悪くありませんw)
て言うか、もうホントに諦めた。ここは「縁がなかった」の一言で済ませるわ。
この後の予定も詰まってるし、これ以上のタイムロスは許されない!

ということで、立派なダムにも関わらず初の岐阜ダムもちょっぴりほろ苦デビュー。
林道を再び戻り高根第一ダムを後にします。
(勝手に)変な期待をしてたせいか、マジで疲れがドッと出たわ…。


しかし。車に乗り込み走り出すことおよそ1分後。
驚くべき光景を目の当たりにするのであった…


gw10takane1st4.jpg

「ちょwww 何すか!これ!」

…な、何と先程まで自分が彷徨い求めていた光景が、実は目と鼻の先にあったではありませんかっ!

はは…ははは……
オレの貴重な小一時間…
この後4基巡らなきゃ……ははははは………


ま、まぁ結果オーライ…みたいな?w




【7基目:高根第二ダム@岐阜県高山市】(初訪問・今年通算33基目)
gw11takane2nd.jpg

…そうそう!あらかじめ言っておきましょう。
この後、この日に訪問したダムは全て中部電力が管理する発電専用のダムなのですが、
どこも高根第一ダム同様天端立入禁止はおろか、あまり近づけない所もありました。
執拗に探検したのはさっきだけですが、一応そこら辺も念頭に置いて頂き、
残りはサラッと簡単な紹介・感想程度に留めさせて頂きたいと思います。

け、決してテキトーに見てきた訳じゃないんだからねっ!
…いや、マジでw 初見ダム見物はいつも全力っす!

ということで7基目はこちら。高山市にあります『高根第二(たかねだいに)ダム』でございます☆
うん。強いて言うなら、そんな5基の中でもこのダムが一番見ることができたんじゃないかな?
ここはダム直下の発電所の前まで車で行くことができ、なかなか迫力のある光景を楽しむことができました!

洪水吐は俗に言うところの『スキージャンプ式』!
…あれ?これ見たのっていつ以来じゃろか?
うーん。一度でいいから実際滑ってみたいんだよなぁ…(嘘)

堤体のフォルムは左岸側はしっこの方で少しだけ折れており、
それだけで“オレポイント”が若干ながら加算されます。やったね!第二ダム!


gw11takane2nd2.jpg

…高根第二ダム(木曽川水系飛騨川)は、
1968年に完成した中部電力が管理する発電専用の中空重力式コンクリートダムで、
高さが69メートル、長さが232メートルとのこと。
先程も話しましたが第一ダムとの間で揚水発電が行われており、こちらが下池側。
また、直下に発電所があるのでお気づきになられた方もいらっしゃいますかも知れませんが、
実はこのダム単体でも貯水池式の発電ができたりします。

…ふーん。第二ダムって割には第一ダムより完成が1年早いんですね。
何か発電云々よりそっちの方が全然気になるわw (…めんどくさいヤツだなぁ)


gw11takane2nd3.jpg
※堤体(上流側)の様子

…ダム形式は国内では13基のみしか現存しない『中空重力式コンクリートダム』!
いやはや。今回はそれが目的では無かったのですが、こんなところでそんな“レアダム”に出くわすとは☆
自身としてはここで4基目…うんうん。このダムに関してはそれだけでもう満足ってもんですよ!

ちなみに中空重力式とは…
戦後のコンクリートがまだ高価だった時代に造られた“ダムの内部が空洞っぽい”ヤツなんだけど、
まぁそこら辺は暇な時にでも各々調べてみてくれよwww
一応外見上の特徴…普通の重力式と中空重力式の見分け方としては、
(絶対という訳でもないっぽいが)こうして堤体上流側のゲート周りがポコッと張り出しているのが多いそうな。




【8基目:秋神ダム@岐阜県高山市】(初訪問・今年通算34基目)
gw12akigami.jpg

…続いて8基目はこちら!高山市にあります『秋神(あきがみ)ダム』でございます☆
へぇー、秋の神様だって。何かきれいなネーミングで良いですね!
もうそれだけで“オレポイント”が若干ながら加算されますわ。やったね!秋神ダム!

やっぱ紅葉のシーズンに訪れたら綺麗なのかなぁ?
って、このダムも堤体の下流側面は遠くからしかまともに見ることができなかったのですが…(泣)


gw12akigami2.jpg

…秋神ダム(木曽川水系秋神川)は、
1953年に完成した中部電力が管理する発電専用の重力式コンクリートダムで、
高さが74メートル、長さが192メートルとのこと。
このダムの特徴としては、
(この後に訪れる)朝日ダムとの間で水路が結ばれており、そこでそれぞれの貯水量を調節している点。また、
秋神ダム単独では発電所を設けておらず、朝日ダム直下の朝日発電所で発電が行われている点だそうです。

これだけ聞くとこの秋神ダムは朝日ダムのサポート…“第二貯水池”的な感じにもとれるけど、
一体全体どんな感じなのでしょうか?
うん!もういい加減疲れてきたから小難しいことを考えるのはやめよっとw


gw12akigami3.jpg

…ちなみにこれが天端、ゲート上のアップ。
上手く説明できないんだけど、何かこの台形っぽく盛り上がっている部分が気に入った♪

ちなみにこのダムを見物している時点で午後5時前。
実は高根第一ダム以降、この高山市の一帯は中電の“ダム群”のようになっていて、
距離的には全然大したことない…むしろ余裕なのですが、如何せん全てが未体験の初見ダムだらけ!
もし先程の牧尾ダムのように重度にハマってしまったらこの日の目標は確実に頓挫w
…翌日に宿から再び戻る形になってしまうので、それだけはやっぱり避けたいところ。

このダムも遠目ながら結構惹かれるものの、残念ながらあまり情景に浸っている暇がありません!
では見るもん見たんで次のダムへとレッツらゴー!




【9基目:久々野ダム@岐阜県高山市】(初訪問・今年通算35基目)
gw13kuguno.jpg

…はい。ということで9基目はこちら!高山市にあります『久々野(くぐの)ダム』でございます☆
実はこのダムは今日のラストになるで、その前に朝日ダムに向かうつもりだったのですが、
朝日ダムまで向かう2つのルートのうち、片方が災害による通行止め。
結果的に残りのルートの道中上にある久々野ダムの方から訪れることになりました。

…久々野ダム(木曽川水系飛騨川)は、
1962年に完成した中部電力が管理する発電専用の重力式コンクリートダムで、
高さが26.7メートル、長さが72.2メートルとのこと。

ここはこれまでに見てきた3基とは異なり、これといったダム湖があるわけでもなく、
本当に河川上にぽつんと佇む“ザ・発電用ダム”といった感じでしたね。
(これは何て説明すればいいんだろ?でもニュアンス的にわかるでしょ?w)
こういう道路沿いにあるコンパクトなダムを見物する時は、行動範囲も狭いし、
短い時間でそれなりにじっくり見ることができますから、急いでる時とかにちょうどいいですよねw

…ほら? このブログにやって来ちゃうような方でしたら、
寝坊した朝でも、
通勤途中にちょっとダムが見たくなることってたまにあるじゃん?

そういう時でもこれ位のダムならパン咥えながらサクッと見れるし!


gw13kuguno2.jpg

…あ。嘘っすwww

ちなみにこのダムは、深い意味があるんだか無いんだかよくわからない、
複雑な形をした減勢工(?)がとっても気に入りました♪

よっしゃ!じゃあ次はいよいよラスト!




【10基目:朝日ダム@岐阜県高山市】(初訪問・今年通算36基目)
gw14asahi.jpg

…ついにやってきました!今回の『信州・飛騨遠征』初日もここでいよいよ最後となります。
ラスト10基目にやって来ましたのはこちら!高山市にあります『朝日(あさひ)ダム』でございます☆
いやー。それにしても最近はすっかり日も延び、午後6時前だというのにまだまだ余裕でダム見物できます!
て言うか今日って確か早朝の5時半くらいからダム巡りしてるんだよな…
半日以上もバナナ一本で何やってんだか、オレ…

あ。泣けてくるんで、ふと我に返るのはやめておきますw


gw14asahi2.jpg

…朝日ダム(木曽川水系飛騨川)は、
1953年に完成した中部電力が管理する発電専用の重力式コンクリートダムで、
高さが87メートル、長さが189.5メートルとのこと。
ダムの特徴などに関しては先程の『秋神ダム』での説明を参考にして頂きたいのですが、

うーん。完成した年も同じだし、こっちは2門ながらゲート周りの堤体の形もそっくり!
まさしく秋神ダムとは“姉妹ダム”といったところなんでしょうねぇ…。


gw14asahi3.jpg

…ダム本体の周辺は先の4基と異なり、こんな感じで多少広くなっていたので少しだけ期待していたのですが、
やはり同様に見物できる範囲は大きく制限されていました。
道中には直下の発電所に続くであろう脇道も発見したのですが、そちらもかなり手前から通行禁止…(泣)

うーん。やっぱ思うようにはいかないよなぁ…。
仕方ないので見れる範囲ではじっくり見たものの、
この日のラストは結果的に、久々野ダム同様に数十分足らずの滞在に留まりましたとさ。

………。

「…もう何も言えねぇ」 (体力的な意味で)



ということで最後の最後で“ちょっと締まらなかった感”も否めませんが、
「その前に沢山みてきたでしょ?」て言うか「今日はもうお腹いっぱい!」ってことで、
なんとか本日初日の予定…10基全て見終えることができました!

…うん。もう自分も数え切れない位ダム巡りには行ってますけどね、
まぁ立禁の発電用ダムだらけとは言えど、一日のうちに10基巡るっていうのはもちろん過去にありませんw
人と比べたことないけどはっきり言って、
オレってばクレイジーダムメグラーですよ!まったく!


20130502_204250.jpg
※晩飯は飛騨高山ラーメン♪

…ちなみにこの日は高山駅周辺で宿をとりました。

「ヒャッハーww ダム巡り後のラーメンは格別だぜ!」
って、ホントは自分へのご褒美(笑)として飛騨牛のステーキでも食べたかったんだけどね。
凄い混雑してる店と、微妙過ぎる店と、敷居が高すぎる店しかなかったんでこうなったんですが…(;^ω^)



さてさて。明日は一体どうなることやら…。
実を言うと今回2泊3日で敢行してきた『信州・飛騨遠征』のプランも、具体的に考えてきたのはここまでw

「ま。何とかなんじゃね?」
この日の晩はスマホとにらめっこしながらざっくりプラン立て、早めの就寝となりましたとさ…


【参考:初日のルート】(長野道・みどり湖PA~朝日ダム)

※実際の行程とは若干異なる場合もあります。


…さてと。明日も岐阜を攻めてみよっかなー☆



【その4(『信州・飛騨遠征』2日目)に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。



スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 岐阜県

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。