堰堤どうでしょう 【第1袋倉ダム】

第1袋倉ダム (千葉県) 【だいいちふくろぐらだむ】

fukurogura1st-01.jpg
(2012年12月23日訪問)

【データ】

所在地 : 千葉県鴨川市
河川名 : 二夕間川水系袋倉川
型式 : アースフィルダム

堤高(ダムの高さ) : 22メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 60メートル

ダムカード : なし
駐車場 : なし

鴨川市の一口メモ : 日本サーフィン発祥の地の一つらしい…


【独り言】

ダム巡りをする際に注意すべきものに熊・ハチ・ヘビなどがよく挙げられるけど、
何げに『ヒル』も怖いと思うんだよね。

このダム(て言うか第2袋倉)に挑む前はかなり予習しておいたんだけど、
結局『ヒルが出てこない寒い時期に訪れるのがベターじゃね?』という結論に至った。

…いや。あそこはマジでヒルにやられるって!((((;゚Д゚))))


【どんなダム?】

帰る時には“癒し系”ダム?

第1袋倉ダムは1923年に完成した鴨川市が管理するアースダムで、
ダムの役割は上水道水の供給・農業用水の供給ということなのですが、

…ええ(笑) 関東地方でご活躍されるダム好きの皆さんには有名、
もしかしたら全国的にもクチコミなどで名前くらいは知られているのかも知れませんが、
そうです!あの悪名高き…もとい、“プチサバイバル体験”を味わえることで定評のある、
『第2袋倉ダム』の下流に位置するダムでございます!

まぁこの第1ダム自体は“これと言った特徴の見当たらない普通のアースダム”なんですけど、
(…ぶっちゃけ過ぎだろ!w)
何て言うかね……

第2袋倉ダムの帰りに通りかかると、あら不思議!
さっきも見たはずの何の変哲もないアースダムが、
何故かその“平和っぷり”にとにかく癒されるんですわ(笑)



fukurogura1st-02.jpg
※道中の様子

…さて。『第2袋倉ダム』の名前ばかりが先行しがちで、どうも影に隠れがちな第1ダムではありますが、
いやいやいや(笑)
実は第2ダムに行くどころか、その道中上にある第1ダムに向かっている時点で、
戦いはもう既に始まっているのです!

うん。とりあえず山里の小さな集落を抜けるとそこはもう悪路、悪路、ひたすら悪路…
訪問時はこんなこともあろうかと、最寄りの『JR安房天津駅』より8キロくらい歩いてきたのですが、
案の定、崩落地帯があるため車両通行止!
第1ダムまでは車でも行けるという話もチラホラ聞きますが、
仮に通行可能となっていても、対向車両がやってきたら完全にアウト!
あと、ガードレールなんてイージーモードなものも当然ナッシングなので沢に落ちても当然アウト!

…はい。あとは皆様のご判断で移動手段等はお任せ致します(;^ω^)
(ちなみに道中にある集落に“地元車両以外通行止め”みたいな看板もあった気がするんだけど、その判断も皆様に委ねさせて頂きます)


fukurogura1st-03.jpg
※堤体(下流側)の様子

…とりあえず悪路を抜けると、
“最初のご褒美”としてただのアースダムがお出迎えしてくれます。


( ゚Д゚)ポカーン……


うん。よっぽどのアースダム好きでも無い限り、正直がっかりかも知れません(笑)
「え?酷道越えて来た結果がこれかよ……」

…でもね。わかってるって!
君たちの本当のお目当てはこの先の第2ダムなんだろ?
まぁまぁ。せっかくなんで今回はこの第1ダムの方をじっくり見ていきましょうよ♪


fukurogura1st-04.jpg
※天端&堤体(上流側)の様子

…はい。ということで天端はこんな感じとなっております。
さっきから散々悪路とか言ってしまいましたが、一応こんな山奥でも鴨川市民の貴重な水瓶の一部!
こうしてきちんと手入れをする方もいらっしゃる訳ですから、頭が下がる思いでございます。

ダム天端までは右岸側からのアプローチ。
特に規制も無いのでそのまま歩くことができますが、60メートル歩くとそこはすぐに行き止まりのため、
周りの山々が近いのも相まって、ダム周辺は結構“窮屈感”も感じることでしょう。


fukurogura1st-05.jpg
※天端より直下を臨む

…堤体法面に関しては結構傾斜もきつかったので、数字以上の高さを感じることができたかな?

“鴨川市”と聞くと自分の勝手なイメージながら、これまで“海辺の町”って印象が強かったのですが、
実は意外とこういう山深い場所も結構あるんですよね。
市内では他にも『保台ダム』や『金山ダム』など、なかなか“通好みなダム”もあったりします。


fukurogura1st-06.jpg
※洪水吐の様子

…洪水吐はこんな感じ。天端を進みきるとすぐに確認することができます。

まぁ“ダムの規模相応”と言うか…
取り立てて説明するまでもないような、ごく一般的な自然越流式のいつものアレでした。



fukurogura1st-07.jpg

fukurogura1st-08.jpg
※ダム湖の様子

…ダム湖はこんな感じ。
まぁ汚いって訳でもないのでしょうが、モスグリーンって言うか少し濁って見えます。

大きさに関してもまた、“ダム本体の規模相応”と言ったところでしょうか?
そしてこの先、更に上流には…

ええ。ヤツが控えてるって話ですわ。


fukurogura1st-09.jpg
※第2袋倉ダムまでにある名物(?)トンネル

…まぁそんなこんなでここまで見てきた第1袋倉ダムですが、
うーん。とりあえず道中が悪路ってこと以外、特筆すべき点もあまり見つからないダムと言うか……。

でもさ。正直な話、
この第1ダム目当てで行く人ってのもいないと思うんだわな。うん。
やっぱりここまでわざわざ行く物好きな方と言えば、真の目的地は結局『第2袋倉』でしょうし。

ちなみにあそこはねぇ……「ま、無理をしない程度にね」ってことで。
多分、体力以上に精神的に疲れるんじゃないかなぁ?(笑)


…そしてその帰りにやっと気付くと思うんだよね。

「うはww 第1袋倉マジ癒されるwww」って。



【…そんな第1袋倉ダムへのアクセスはこちら】



スポンサーサイト



テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

tag : ダム 千葉県

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター