スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堰堤どうでしょう 【寺沢ダム】

寺沢ダム (群馬県) 【てらざわだむ】

terazawa-01.jpg
(2012年8月5日訪問)

【データ】

所在地 : 群馬県前橋市
河川名 : 利根川水系寺沢川
型式 : アースフィルダム

堤高(ダムの高さ) : 15.5メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 140メートル

ダムカード : なし
駐車場 : あり (→ 道の駅の駐車場が隣接)

前橋市の一口メモ : 一世帯当たりの年間“乳酸菌飲料購入額”が日本一らしい…


【独り言】

「んなこたぁないwww」

…と思って向かったんだけど、あながち嘘でもなかったわ。


【どんなダム?】

風車が見える“ステルス系”アースダム

寺沢ダムは1952年に完成した地元の土地改良区が管理するアースダムで、
ダムの役割はかんがい用水の供給
…まぁ地方に行けばどこにでもあるような“農業用ため池”に何ら違いはない。

違いはない……違いはないのだが、
このダムの最大の特徴…面白い点はずばり、
風景に溶け込みすぎて存在に気付きづらい点ではないでしょうか?

ちなみに天端上には国道353号線が通っているのですが、
別に天端が国道や県道などとなっているダムは他にも沢山あって珍しいという訳でも無い。
でも、ただでさえ“緑のアースダム”な上に、車の往来も少なくない…
何て言うか、とにかく自然と調和していて傍から見たら“ただの道”にしか見えないんですわ(笑)

うーん。ダムと言うと大自然からニョッキりと目立つような存在のイメージが強いかもですが、
ここまで“自己主張しないダム”もなかなかお目にかかれないのでは??
…いや。うかうかしてっとマジ見落とすから!



terazawa-02.jpg
※付近の案内板より

…ということでこれから寺沢ダムの方を見ていきたい訳ですが、
位置的には前橋市のやや北部にある旧・大胡町の辺りで、先程も話したように国道353号線上。
「じゃあ本当に見つけにくいのか?」と言えば決してそんなことはなく、
ダムの脇には『道の駅・ぐりーんふらわー牧場・大胡』が隣接しているので、
ここを頼りに向かえば道路脇に小さなダム湖も見えますのですぐわかるんじゃないかと思います。

ちなみにこのダム…道の駅にある地域案内板には『寺沢沼』と記載。
まぁ確かにね。ここの場合だと“ダム”より“沼”の方がしっくりくるかも…(;^ω^)
地図上には『寺沢ダム』の表記はしっかりされているようですが、
地元の方にはもしかしたら昔から「ここがダムだ」という意識はされてこなかったのかも知れませんね。


terazawa-03.jpg
※天端の様子

…てな感じで、こちらが寺沢ダムの最大の見所(?)でもあろう天端の様子です。

うん。前置きが無かったら、
「…で。ダムはどこやねん!」って話になってましたね(笑)
さりげなく設置されている標識や電柱などが“ダムじゃないっぽさ”に更に拍車をかけ、
なかなか素敵なんじゃないかなーって思います。はい。

ちなみに上流側(ダム湖側)は歩道が縁石で仕切られていたのですが、
下流側は白線が引かれただけの歩道だったので、
歩いて見学する際は少し注意した方が良いかも知れませんね。
ここは見通しも悪くないせいか、飛ばしてくる車が結構多かった気もしますので…。


terazawa-04.jpg
※堤体の様子

「考えるな。感じろ!」

…ということで訪問時はこんな感じで自然に溶け込み過ぎていて「もう何が何だか…」って感じでしたが、
一応こちらが正真正銘ダムの堤体でございます。

ま、まぁ世に出回っている寺沢ダムの写真を見てみると、年に一回位は草刈りとかもしてるのかなーって。
て言うか天端の写真と言い、この堤体の写真と言い、
ダムに興味のない方からしたら「お前、さっきから何撮ってんだ…」って話ですよねぇ。まったく(笑)


terazawa-05.jpg
※天端から直下を臨む

…で、ダムの下の方はこんな感じ。
一応洪水吐の方から続く水路などは確認できたので「あ。やっぱダムだな(笑)」とも思えたのですが、
それにしてもこのワイルド&ナチュラルっぷり。

直下にも何故か駐車場的なスペースがあったりでダムの堤体も真下から見上げることができたんだけど、
如何せんこの深々とした雑草祭り…尚更ダムだとわからない風貌だったのでそちらは割愛(汗)


terazawa-06.jpg
※真近から見た洪水吐の様子

terazawa-07.jpg
※対岸から見た洪水吐の様子

…洪水吐はダムの規模相応と思われる自然越流式。
この洪水吐の近くにはため池の完成記念碑なんかも見ることができました。

それにしてもバキと風車のナイスな光景…
この“現実社会とロマンティックな世界”の不思議な融合が堪りませんよねー♪


terazawa-08.jpg

terazawa-09.jpg
※ダム湖の様子

…貯水池はこんな感じ。写真では残念ながらガスっててよく見えませんが、
天気が良ければ方角的にもバックに雄大な赤城山を臨むことができるでしょう。

湖は外周4~500メートルあるかないか位で極めて小さく、
特に一周歩いて散歩を楽しめるような遊歩道的なものも存在しませんでした。
ま。取り立てて閉鎖的って訳でもないし、開かれてたって訳でもないかな?


terazawa-10.jpg
※ぐりーんふらわー牧場・大胡の一角

…まぁそんなこんなでここまで見てきた寺沢ダムですが、
うーん。個人的な感想としては、
その“ダムらしさが埋没している点が逆に個性的で面白いアースダム”なんじゃないかなーって。

だってこれ、
言われなきゃどう見たってダムって気付かないレベルじゃん。
…もはや「逆にもっと主張してもいんじゃね?」って(笑)


まぁね。でも国内にはこうして人目に知れずひっそりと地域の為に役立っているダムが沢山ある訳っすわ!
何も大きくて派手で“山間部から突如現れてドーン!”みたいのだけがダムではない…。

ま。寺沢ダムの場合は「お前はちょっと溶け込み過ぎだよw」って感じで、
少しだけ特殊な例なのかも知れませんが、
こういう“縁の下系”のダム…自分はあながち嫌いじゃないですね☆



【…そんな寺沢ダムへのアクセスはこちら】



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ
ジャンル : ブログ

tag : ダム 群馬県

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。