スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堰堤どうでしょう 【刈谷田川ダム】

刈谷田川ダム (新潟県) 【かりやたがわだむ】

kariyatagawa-01.jpg
(2013年6月16日訪問)

【データ】

所在地 : 新潟県長岡市
河川名 : 信濃川水系刈谷田川
型式 : 重力式コンクリートダム

堤高(ダムの高さ) : 83.5メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 202.5メートル

ダムカード : あり
駐車場 : あり

長岡市の一口メモ : 天然ガスの産出量が日本一らしい…


【独り言】

やっぱり大晦日の夜はこのダムに訪れる人がいるのだろうか…?

まぁダムで新年を迎えるっていうのもなかなか…
いや、家で紅白見ながら酒呑んでる方がいっかwww


【どんなダム?】

赤いクレーンと何故か鐘!?

刈谷田川ダムは1980年に完成した新潟県が管理する重力式コンクリートダムで、
ダムの役割としては洪水調節、上水道水・工業用水の供給および発電…とのことですが、
まぁダム本体に関しては写真で見てくれればいいよ。

…自分がこのダムに着いて一番最初に目を引かれたのは、天端上の真っ赤なクレーン!
ま。何かしらの作業で使用するものなのでしょうが、
何故かこのクレーンに吸い込まれるように見とれてしまいました(笑)

あとこのダムは隣接する『ダム記念公園』にどういう訳か“鐘つき堂”があったっけ…
お、お寺でも無いのにこんな所に何故にっっ!!!!!
とりあえず後にも先にもダムで鐘を見たのはこれが初めてだと思います。



kariyatagawa-02.jpg
※堤体(下流側)の様子

…ということで早速ダムの方を見ていきたい訳ですが、
ロケーション的には県道347号線の旧・栃尾市のエリア。まぁ迷うことはまず無いかな?
ちなみにこの地域の特産品と言えば何と言っても『あぶらげ』(栃尾揚げ)!
これはなかなか厚手の油揚げなのですが、うん。これがまた酒の肴にぴったりなんだよなぁ♪

……あ。そんなことはどうでもいいですか?ホントすいません(;^ω^)

堤体はトップの写真(下流域からの正面ショット)からだと少々“縦長”な印象があるかもですが、
こうしてアングルを変えて見てみると実際はそんなこともなく。
まぁ確かに右岸側(…上の写真で言うと奥側)の形が少々特殊なのかも知れませんね。


kariyatagawa-03.jpg
※堤体(上流側)の様子

…上流側から見た堤体はこんな感じ。
このダムは夏場に貯水量を一時的に減らす『制限水位方式』というものを採用しているそうですが、
それにしても訪問時(6月半ば)は水位が低かった気が…。

それにしても赤いゲートってのはコンクリートとのコントラストが美しいものですね☆


kariyatagawa-04.jpg
※天端の様子

…天端は歩行者のみ通行可。
まぁ天端自体は特筆すべき点が無い…て言うか至って普通だったのですが、
ここではなかなか面白い光景にお目にかかることができました。


kariyatagawa-05.jpg
※天端上にあったクレーン

…さて。こちらが冒頭でお話させて頂いた真っ赤なクレーンです。
うーん。これで何を吊るんでしょうか??(勉強不足ですいません!)
とりあえずその色のせいか設置された場所のせいか…はたまた大きさ?かはわからないのですが、
如何せんこれがやけに存在感を主張してたんですよねー(笑)

いやー。なんだろう?
見れば見るほどオレもこのクレーンで吊られてみたくなってくるわ。


kariyatagawa-06.jpg
※天端上にあった管理用ボート

「あ!こんな所にボートが落ちてる!」
…いや。そんな訳ないっての!ヾ(・∀・;)

天端には何故かこうして管理用のボートまでが置いてありました。
そういやこのダムにはインクライン(ボートなどをダム湖に下ろす設備)が無かった気がしないでもないので、
もしかしたらここに仮置きしておいて、必要な時にさっきのクレーンで吊るしているのかも…??
(ただし、オレ予想)

ちなみに第2守門丸の“守門”とはこのダムの近くにある中越の名峰『守門岳』から取ったものかと…。


kariyatagawa-07.jpg
※天端から直下を臨む

…ダムの下の方はこんな感じ。
2門のラジアルゲートからスラッと続く導流壁…
うーん。この下に行くほどキュッと締まった感じが何ともセクシーですね♪

真紅の設備とも相まってなかなか男性好みの“お色気ダム”と言えるのでしょうか?
…あ。言えないっすか?サーセンwww


kariyatagawa-08.jpg
※ダム湖の様子

…ダム湖はこんな感じで非常に“縦長”となっておりました。
まぁイメージ的には“湖”と言うよりは、川の幅を広げた感じかなーって。
とりあえず網場だけがかろうじてダム湖らしさを醸し出していました。

湖畔にはこれと言った遊歩道などは無く、
右岸に県道、左岸には地元の方が利用するような林道が沿って続いていました。


kariyatagawa-09.jpg
※刈谷田川ダム・ダムカード

…ダムカードは堤体脇の管理事務所にてゲット!
ここは土日祝日でも配布しているのが嬉しいところですね♪(ただし、事前に確認を!)

あと話は変わりますが、
実は新潟県っていうのは県管理のダムが多くのダムカードを配布している場所でもあるんですよねー。
枚数も他県と比べたらトップクラス!
いやはや。新潟県のダムカードコンプ…これはなかなか厄介なことになりそうですな(笑)


kariyatagawa-10.jpg
※刈谷田川ダム記念公園

…ということでダム自体の紹介は以上となるのですが、
この他にもダムのすぐ隣には『刈谷田川ダム記念公園』があったりしました。

中はこんな感じで遊具などもあったり。
ここからもダムの堤体は臨むことができますので、ちょっとダム巡り中の一服をするのもいいかも♪


kariyatagawa-11.jpg
※公園内にあった“鐘つき堂”

…ちなみに冒頭で話した“鐘つき堂”はこんな感じ。
なかなかの本格派…て言うか、お寺などでよく見かけるガチのアレです。

この周りには“建造の由縁”なんかは特に書いてなかった気が…
うーん、謎だ!謎過ぎるぞ刈谷田川ダム!

まぁこんなダムと鐘のナイスコラボレーションもアリっちゃアリ…なのかな?
とりあえず“普段は突いちゃダメ!”みたいなことも書いてありませんでしたからね、
もしよかったら108連突きで己を煩悩から解放するのもいいんじゃないっすかね?

…あ。僕は煩悩なんか一切ないピュアボーイなんで遠慮しときましたけど(笑)



【…そんな刈谷田川ダムへのアクセスはこちら】



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ
ジャンル : ブログ

tag : ダム ダムカード 新潟県

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです♪

ど~もお久しぶりです♪遥か十数年前に一時期仕事の関係で麓の長岡市に住んでた事があるのですが、実は刈谷田川ダムの近くまで来てた事があったんですよ♪当時はダムに興味がなかったのでスルーしてしまったのですが今思えば…見ておけばよかった~…って感じです(ToT)もしあの当時、ダム好きだったら…新潟県のダムの半数近くは見に行けたはず(^o^;)まぁ…今さらなのですが惜しい事したなぁ~って思いますね~(^^;最近仕事が忙しくてなかなかダムを見に行けてないですが頑張って時間を作りたいと思う今日この頃です(^_^)

Re: お久しぶりです♪

もん吉さんへ

こんにちは。お久しぶりっす!

おお!一時新潟にお住まいでしたかっ!
新潟のダム半数っすか…結構数ありますから確かにそれは惜しかったかもですね(;^ω^)
自分もあそこは「まだまだ開拓の余地がある!」と思っているのですが、「ここも行きたい!あそこも行きたい!」で逆に手が出せない状況にあったりしますw
あー、近い将来にでも佐渡島遠征にでも行きたいなぁ…。

でもそういうことってよくありますよね?
自分も過去勤めてた会社では転勤族だったのでその気持ちは痛いほどわかりますっ!
チャンスがあったのは、山口・九州・京阪神……あー、確かにあの時からダムに興味があったらなぁwww
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。