湯西川の水陸両用バスツアー(新コース)ちょっくら参加してきた

こんちわ。オレです。
ということで昨年の5月にも一度参加してきた湯西川(栃木県日光市)の水陸両用バスツアーですが、
先日の7月5日より新コースに変わったということで、早速チェックしてきました♪


って、そこはまぁオレのことですから……目的はもちろんダム見学の方なんですけどwww

前回までのコースは『川治ダム』(八汐湖)の遊覧とダムのキャットウォーク体験だったのですが、
今回よりコースが『湯西川ダム』に変更…今度は湯西川ダム見学とダム湖遊覧ってことで。

うーん。このブログを続けて読んで下さっている方はもしかしたらご存知かもですが、
実はこれまで湯西川ダムを間近でゆっくり見る機会が無かったものですからw…
これは「これ以上にない良いチャンスだろう!」って。




yunishibus03.jpg

yunishibus01.jpg yunishibus02.jpg


…さて。ツアーの出発地点は前回同様『道の駅・湯西川』(野岩鉄道『湯西川温泉駅』)
これまではここからの出発のみだったのですが、今回からは更に西に15キロ位行った場所にある、
『湯西川・水の郷』(…道の駅のような場所)からも参加できるようになったそうです。

ちなみにこの日は事前予約をして参加したのですが、一応当日に空きがあれば飛び込み参加もOKっぽい…
まぁそれでも夏休みや紅葉のシーズン時は混雑も予想されるでしょうから、
もちろん予約をして行ったほうが無難なんですけどね。

では受付を済ませ、しばし出発時間を待ちます☆ (料金は大人1人3000円)



yunishibus04.jpg


さて。バスが到着……って「水陸両用バスじゃないっ!!!!」
はい。実は今回の新コース変更に伴い、往路か復路のどちらかはマイクロバスによる移動ということに。

道の駅出発の便はまず普通のバスで湯西川ダムまで行って、水陸両用バスに乗り換えて戻ってくる…
水の郷出発の便はまず水陸両用バスで湯西川ダムまで行って、普通のバスに乗り換えて戻ってくる…
そして次の便ではその逆…みたいな。

まぁ本音を言えば前回みたいに“ずっと水陸両用バスによる移動”の方が面白いのですが、
これは道中の幅員の問題なのかな?…いや、参加できる人数を増やす為かな?
いずれにせよ1台の水陸両用バスを2箇所の出発地で運用してるのでしょうから止むを得ないのでしょう。



yunishibus05.jpg


…ということで出発♪ 道の駅・湯西川から湯西川ダムまでは大体3キロくらい。
現在は付け替え道路(…ダム建設に伴い新しくできた道)が開通して一本道となっていますが、
このツアーでは旧道を使ってダムの直下まで移動します。

ちなみに「この道通りに行けば普段もダムの真下まで行けんじゃね?」とも思ったのですが、
途中からは関係者以外立入禁止の門をくぐる行程。 …うん。そんなに甘くはないですよねw(´・ω・`)



yunishibus06.jpg


ドーーーーン!!!!!!!!

…さぁ!遂に湯西川ダムの直下まで到着です!
こ、これはダムが好きな方には正直たまらない光景…
そうでも無い方にも目の前に広がる高さ119メートルのコンクリートの壁に圧巻されることでしょう!

バスから降りると同行のガイドさんによるダムの解説が。
って自分は解説よりも撮影の方に夢中だったのですが……(;^ω^)



yunishibus07.jpg yunishibus08.jpg


…さて。撮影タイム…じゃなかったw 解説が一通り終わると次はいよいよダムの内部に移動!
いやはや、これだけでもツアーに参加する価値があるってものです♪(…普段はもちろん入れませんよ)

ダムの中ではヘルメットを着用! 湯西川ダムは国交省が管理するダムなのでマークも当然国交省!
あー、このヘルメット欲しいなぁwww



yunishibus09.jpg yunishibus10.jpg


…こちらがダムの内部(監査廊)です。
まぁ見学範囲としてはそこまで長くないのですが、これも本当に貴重な体験ですよね♪

ダムの中は外と比べてとてもひんやり( ´∀`)
大体15℃前後だと思うのですが、夏場はもう一度入ったらこの中から出たくない気分ですw



yunishibus11.jpg


…内部見学の後はそのままエレベーターに乗りダムの天端(頂上部)へ。
ダムの一番下から一番上まで移動してきました。



yunishibus13.jpg yunishibus12.jpg


…天端でもガイドさんの解説があり、その後はしばし自由時間。

ここからダムの真下を覗くと、先ほど乗ってきたマイクロバスが米粒ほどの大きさ!
ダム本体も完成が2012年ということでまだまだコンクリートの色が若々しいですよねー☆



yunishibus14.jpg yunishibus16.jpg


「…何かデカイのきたwww」

…しばらくすると水の郷から出発し、お先にダム湖遊覧をしてきた水陸両用バスがやってきました!
先ほどの説明をおさらいすると、ここで乗客が入れ替えって訳ですね。



yunishibus15.jpg


…こちらが水陸両用バスの後方部。このバスはトラックベースで作られたそうですが、
後ろにはこんな感じでスクリューが取り付けていました。
エンジンも陸用と水上用で2つ付いているそうです。

うーん。乗り物好きの方には興味深いところではないでしょうか?
では今度はこちらのバスに乗っていよいよダム湖遊覧です♪



yunishibus17.jpg yunishibus18.jpg


…バスモードにて進水ポイント(?)まで移動。
このバスには窓ガラスが付いていないので走行中は風がガンガン抜けて暑い日には気持ちいいかも♪
ちなみに途中でトンネルも通過するのですが、その時は音が物凄いですw

ということでポイントに到着。
ここでしばし船長の事前点検が入り、その後いよいよダイブです((o(´∀`)o))



yunishibus19.jpg


ダーーーーイブっ!!!!!!!

…って、うはww 全然良い絵撮れんかったwww
こんなことなら写真じゃなくて動画撮ればよかったかも…(´・ω・)

結構勢いよく湖に入った気もしますが(…演出?)、想像以上に水しぶきは小さかったかな?
まぁでもこれはダム湖の貯水量とかにもよるのかなーって。
一応前日に電話で予約した時は「念の為に合羽などがあった方がいい」とは言われていたのですが、
この時に関しては全く必要なかったかもですね。



yunishibus20.jpg yunishibus21.jpg


…さぁ、ここからはエンジンも船舶モードに切り替わり“遊覧タイム”です!
この時は天候にも恵まれてホントに気持ちよかったっけなぁ…。

湖岸では時々鹿の姿も見ることができるとのことで、
もし見つかればエンジンを切って近づいてくれるとのことだったんですが、
この時は残念ながら見つけることができませんでした…。



yunishibus22.jpg


…途中水陸両用バスはダム本体のわりと近くまで通ってくれます。
うーん。これはダム好きの自分にはたまらないサービスかもw

旧コースの川治ダム湖の時はここまで近づくことはなかったような…。
いやー、これは実に素晴らしい光景だっ!



yunishibus23.jpg


…ということでおよそ20分間のダム湖遊覧もこれにて終了。
バスは再び上陸してこのまま出発地点の道の駅まで戻ってきます。



yunishibus24.jpg


…さぁ道の駅に到着。ツアーもこれにて終了です。 あー楽しかった♪




…ということで以上が湯西川の水陸両用バスツアーのレポートでしたが、いかがでしたでしょうか?

まぁ自分はもちろんダム見学目当てで参加させて頂いたのですが、
昨年完成したばかりの湯西川ダムをこうして、
直下から見上げることができたり、監査廊内部を見学したり、ダム湖上から本体を見ることできるなんて、
そんな機会もなかなか無いですからね!これは貴重な体験ができたんじゃないかなーって。

結論から言えば、ダム好きの方なら一度くらいは参加してみる価値はあるんじゃないかと。

また、特別ダムに興味が無い方でもやはり水陸両用バスってのは国内でもまだ数箇所でしか乗れませんから、
一度くらいはこの珍しい乗車体験とダムの大迫力を堪能してみるのもオススメかもですね♪


尚、今回のツアーの詳細や予約に関しては『湯西川ダックツアー』のページをご参考頂ければ幸いです。



さてと。次はどこのダム行ってみよっかなー☆

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。



スポンサーサイト



テーマ : おすすめ
ジャンル : ブログ

tag : ダム 栃木県

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんはー!

こんなツアーもあるんですね!
ちょっと興味あるかもです!

「いつ撮るの?」「今でしょ!」の看板?には笑わせていただきました!
商魂(とは言わないのかな?)たくましいと言うか、なんと言うか、あざといw?

しかし、マスコットキャラはダックなのかカッパなのか?笑
可愛いかも☆

にゃるしぃさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます☆

水陸両用バス…確かに面白いですよね。
ダム見学付きは湯西川だけですが、近場ですと諏訪湖や8月限定で東京なんかでも運行されるそうですよ!

「今でしょ!」の看板は自分も思わずほっとけなくてパチリw
もし来年のポスターにも採用されてたら、このフレーズをみんな覚えているかが気になるところでもあります。

> しかし、マスコットキャラはダックなのかカッパなのか?笑
> 可愛いかも☆


…さすがお目が高いですね!
あのキャラは『ダッパ』というダックとカッパの中間みたいな子です。
実は受付にソフビの人形が300円で売られているのですが、実は昨年の乗車記念に買ってしまいましたwww
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター