オレ流ダム紀行【2013年7月28日】『部屋とYシャツと森と湖 in 常盤』その2

その1 からの続きです】

…とりあえず今回のメインは『小玉ダム』と『十王ダム』の“森と湖イベ”だから。
今向かっている『新池』なんてものは言わば前菜程度…みたいな?
「まぁテキトーにちゃちゃっと見て小玉ダムのイベントが始まる9時まで時間潰そうぜw」

今回のダム巡りでは小玉ダムで初めての“巡視ボート体験”ができるということで、行く前からかなり舞い上がっていた気がする。自宅を出発したのは早朝2時半頃…だが今は眠気なんて気にならない。
テンションが高まっていたせいか道中はやけに喋りが過ぎていたような…。詳細はボーイズトークなので詳しく話すことはできないが、
とりあえず学生カップルの男なんて考えていることは云々…あんなの“歩く××だ!”とか、
もうこのブログの新タイトルは『元祖ダム×××』とか『本家ダム××××』にしようずwwwとか、
あとは、何故か長野県大町市のイケてない点を挙げてみたり…などなど。
オレの悪い癖だ。もはや無差別全方位射撃である。

そんなこんなで上機嫌でハンドルを握りつつ、最初の目的地『新池』へと到着したのであった……。



【1基目:新池@福島県いわき市】(初訪問・今年通算101基目)
DSCN9463.jpg

「間違いない。ここが新池とやらだろう…」

ということでまず訪れたのはこちら。福島県いわき市にあります『新池』でございます。
まぁネーミングだけ聞くと「それってダムなん?」と思ってしまうところでもあるのですが、一応ダム便覧なんかにもしっかり記載されているれっきとしたダムということでw
まぁぶっちゃけここには最初から期待もしていなかったけど、一応ここも“目標300基”までの貴重な1基!…ええ、こういう所でもコツコツ数を稼いでいかなきゃですからね♪ どんなダムであろうと日々勉強っす。


DSCN9464.jpg

DSCN9471.jpg
※堤体の様子

…ということでこちらが気になる堤体の様子。
新池は1942年に完成したいわき市が管理する農業用ため池で、重力式コンクリートの堤体は高さが15.4メートル、長さが26.3メートル…とのことなんですが、
うーん。まぁもちろんダムには間違いないんですけど、その風貌というのはシンプルそのもの。アングルによってはちょっと大きめの砂防ダムにすら見えてしまいます。


………ふぅ。


DSCN9465.jpg

「…ほな小玉に行こかw」

っておい!!!!

ま、まぁ一応新池には直下に堤体を見上げることができる場所があるってことは知っていたんです!でも、どう考えてもこの林の奥を抜けて行かなきゃいけないんでしょ?
こんな獣道の先を進むなんて想定外だったし、もはや嫌な予感しかしないじゃんwww
今日の目的はあくまでも森と湖イベでキャッキャウフフ…
サバイバルなダム巡りをするなんて聞いていませんよっ!



………。


…正直迷った。
本音を言えばこれで「新池訪問完了ー!イエーイ!」ということにするのもアリだろう。
自分の中で昨年末に敢行した『第2袋倉ダム訪問』の嫌な記憶が蘇る…。もうあんな目に遭うのはゴメンだ!オレは今後は誰もが気軽に行ける“ニコニコダム巡り”を続けることに決めたんだ…。

だが、ここまで来て引き下がったのであれば男の名が廃れるのもまた事実。しかも厄介なことに、
隣の男は何故か既に臨戦態勢…藪に突っ込む気満々だ。

うわぁぁぁぁ!マジどうするよ?オレwww


………。


出した結論、それは…


IMG_0065.jpg
※注意:心中ではない

「よっしゃ!はん坊ついてこいや!」

…そりゃ自分より年下の若造の前で無様なことはできんでしょ!現場主義の男は背中で語るってもんですよ!
「もうどうにでもなってしまえ!」もうなりふり構わず不気味な林の中に突入することに決心しました。

て言うか新池ってマジで何なんだよ!!!!
堤高15.4メートルとか言って、あと40センチ以上低かったら日の目も当たらなかったクセに!
まぁ所詮ダムと言ってもこいつは四天王の中でも最弱(意味不明)

…そう!絶対新池なんかに負けたりしない!!!!










【小一時間後…】










「新池には勝てなかったよ…orz」

…いや。正確には“勝負に勝って試合に負けた”と言ったところでしょうか?
ほら?撮るべきものはきちんと撮れたんですよ?


DSCN9502.jpg
※直下から臨む新池の堤体

…でもね。無事戻って来た時はもはや放心状態! て言うか、
心と足元の準備もできてないのにこんなサバイバル無理っつーのwww

まぁこの小一時間にどんな状況に置かれてたかと言うと……


新池image
※言いたいことは何となく伝わるでしょ?

DSCN9473.jpg
※もはや道ではないが勘のみで林の奥へと進む

DSCN9474_20130804232355bcd.jpg
※林を抜けるとそこは川。ここを右方向に戻る感じで川の上流へ

DSCN9478.jpg
※川原(?)は想像以上の蒸しっぷり!


…て言うかこれって道じゃなくね? うわっ!蜘蛛の巣すげぇ! ここは潜るのか?乗り越えるのか? え?この川の中歩くん? なにこの竜神池プレイwww ちょwマジ先に行くなよww 滑る!マジ滑る! て言うか川の流れ早くね? もう無理…川の中歩くわ うはwちょwww ピ、ピギャァァァァァァ!!!!!!!


…ええ。こんな感じでしょうか。
はん坊氏はまんざらでもないご様子でしたが、久しぶりに恐怖体験をしましたw

ちなみに移動距離的にはせいぜい100メートル程度かな?その間にまさかここまでサバイバルな思いをする羽目になろうとは……。
夏場ということで間違いなく蛭の温床だったことでしょう…。戻る頃には蚊に刺され放題で、蛇や獣の類に遭遇しなかったのが唯一の救いと言うか何と言うか。

て言うかここって小玉・十王までの前菜とか言ってたよな?
何でこんな所で体力消耗しきってんだよwww

はぁはぁ………



「ばっきぃさん、ばっきぃさん!」


ん?


DSCN9508.jpg

「これキノコっすよねぇ?」


………。


( ゚Д゚)ポカーン

…正直このまま放置して小玉ダムまで向かおうと思った(嘘)
いやはや。若いって本当に羨ましいですよねwww


てな感じで予想だにしなかったいきなりのサバイバル体験もこれにて何とか終了。
ズボンの裾は泥だらけ、靴も靴下もビチョビチョで何とも言えない心境ではありますが、
次はいよいよ今回のメインディッシュの1基!『小玉ダム』まで向かうことになりました…。



【その3 に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。



スポンサーサイト



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 福島県

コメントの投稿

非公開コメント

No title

道なき道を行く感じがいいですね!
冒険野郎っぷりがたまらなく羨ましいです!

やはり男の子は幾つになっても探検好きですね~☆

にゃるしぃさんへ

こんちはー!!!!
うーん。自分としてはそろそろこういった探検系ダム巡りから卒業しようかとも思ってるんですけどねーw
いや。マジでビビリなもんで((((;゚Д゚))))

…とは言いつつ、やっぱりたまにはサバイバル行動も冒したくなるという。
結局のところはやっぱ男の子と言ったところでしょうか?

あー。オレ、この趣味やめたら一気に老け込みそうだわwww
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター