スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレ流ダム紀行『2013年 真夏のみちのく遠征』岩手編・その1

秋田編・その2 からの続きです】

こんちわ。オレです。
そんなこんなで2泊3日の『みちのくダム巡り遠征』もいよいよ最終日!

まぁこの日も朝も出発の直前になって予定変更をしようかあれこれ迷ってはいたんですけどねw
でもこの日のラストは“5基でセット”みたいな場所だったので、追加することはあっても削るのは嫌だ…
その5基も全て巡るのにどれ位時間がかかるかも未知数だったので「ここはやはり当初の予定通りに」という結論に至りました。うん。とりあえず予め決めていたコースだけを回っておけば自分の中で納得もいきますからね。

ではでは3日目のダム巡りはどんな感じになったのでしょうか?
それでは早速“岩手編”の方を始めていきたいと思います☆



…と。その前に、

20130815_071024.jpg
…最近、遠征時の恒例になりつつある駅弁♪
せっかくの遠出だし、面白みの無いビジネスホテルの朝食よかこっちの方が全然いいわな。

- 朝食は北上駅で買ってきた前沢牛めし弁当!やはりダム戦士たる者、朝はしっかり食わねば。
2013年8月15日 - 7:13


- よし!最終日の岩手ダム巡り出発!今日はダム群をしばいたる!
2013年8月15日 - 7:58



【寄り道:徳水園の円筒分水工@岩手県奥州市】
DSCN0519.jpg
…まず訪れることにしたのは同市内の『胆沢ダム』ですが、こちらも“水に関する建造物”ということで。
実は一昨年の秋にも一度訪れたことがあったりします。まぁダムに興味のある方ならこちらも必見かと。


DSCN0546.jpg DSCN0605.jpg
※今回(2013年8月15日)と前回訪問時(2011年11月某日)の比較
…前回はシーズンオフということで静かに佇んでいましたが、今回は結構な勢いで水が吹き上げられ、越流していました!

- 胆沢ダム近くの円筒分水、めっちゃ分けとるw すげぇ!
2013年8月15日 - 8:51


DSCN0521.jpg DSCN0521-2.jpg
※説明板より
…まぁ円筒分水工に関しては自分も専門外wなので詳しくはググって頂くかこの図を参考にして頂ければありがたいのですが、元々水不足に陥りやすかったこの地域では何百年にも渡って2つの集落が水利権を巡って熾烈な“水争い”が絶えなかったそうです。ってそりゃそうだ!水がなければ米も作れないし生活がかかってますから!


DSCN0528.jpg
…そしてそんな水争いに終止符を打ったのが昭和32年に完成したこちらの円筒分水工!
これにより貴重な胆沢川の水は公平に2つの地域に供給されるようになりましたとさ。めでたしめでたし。

まぁアレっすわ。
円筒分水工ってのはその機能は然ることながら、“平和の象徴”みたいなものとも捉えることができるのではないでしょうか?
建造物としての魅力もありましたが、気分もどこか安らぐ寄り道ができたと思います☆



【13基目:胆沢ダム@岩手県奥州市】(訪問2回目・今年通算118基目)
DSCN0563.jpg
…今年度中(2014年3月)を目処に運転開始を目指す国交省が管理するロックフィルダムで堤高は132メートル。
前回(一昨年)は日本ダム協会様のツアーで工事中の堤体内を見学させて頂いたのは良い思い出。


DSCN0592.jpg
…本体工事はとっくに終了したご様子。現在は“詰めの作業”として関連施設等の工事が行われていました。
て言うか今のご時世、巨大ダムの新設工事を目の当たりにできるのはある意味貴重かも知れないですよね?


- 胆沢ダム到着!問答無用ででけぇぇぇぇ!!!!
2013年8月15日 - 9:26


20130815_095932.jpg
…ダムの下流そばにある『胆沢ダム学習館』にて頂いてきました。
まぁ学習館自体は普通の資料館みたいなもんなんだけど、とりあえず受付のおねーちゃん美人で親切だったわw


- 胆沢ダムカード・建設中ver2.0(σ・∀・)σゲッツ!!
2013年8月15日 - 10:01


DSCN0595.jpg
※ダムサイト敷地入口にて
…以前はここに見晴らし台が設けられていたんだけど現在は既に閉鎖。一応ロードサイドにもちょっとした停車スペースがあったのでゆっくり堤体を眺めることはできました。


DSCN0617.jpg
…ダム湖の名前は『奥州湖』
今年の5月にサーチャージ水位(洪水時最高水位)まで到達した奥州湖は現在試験湛水の“折り返し中”…10月中旬頃には最低水位まで低下するそうです。
何か湖から木が生えて見えるのがちょっとだけ生々しい光景ですよね?


せっかくなのでちょっとだけ2年前の訪問時の様子も振り返ってみます…

DSCN0545_2013082800460705e.jpg
…ここは胆沢ダム堤体の上流側。現在は既に湖の底となっている場所です。
現在となっては色んなダムで監査廊見学や試験放流など様々なものを見させて頂きましたが、今思えば後にも先にもこの場所に立ち入ることができたのは一番貴重な体験だったんじゃないかなーって。


DSCN0581.jpg
…そしてこちらは胆沢ダムのすぐ上流にある『石淵ダム』
今回の胆沢ダム建設を機に現在は水没してしまったダムです。ここは“日本で最初に着手したロックフィルダム”ということで日本ダム史を紐解く意味でも大変意義のあるダムだったのですが、うーん。ここももう見ることができないんだよなぁ。
まぁ時代が変われば、取り巻く環境も変わってきますから仕方ないっちゃ仕方ないのですが…。とりあえず水没前にこのダムを見ることができたのも貴重な体験だったと思います。


DSCN0552_201308280046109c6.jpg
※石淵ダムの天端から遠くにうっすら見えるのは胆沢ダム
…実はダム建設によって古いダムが沈むという例は他にも結構あったりするのですが、
うん。こうして当時の写真を見ると改めて胆沢ダムの巨大っぷりが思い知らされますよね?


そして現在はその姿こそ見えないものの、標識だけは残されていました。


DSCN0602.jpg
…水没した石淵ダムはゲートなどを取り外された上で現在は奥州湖の堆砂対策等で一役買っているそうです。
そう!石淵ダムは決して死んだ訳ではないのである!


- …ここら辺かなぁ??石淵ダムよ永遠に!
2013年8月15日 - 10:20


…ま。思い出に浸るのも悪くないですが、そこはもう新しいダムが完成した以上前向きに…ってことで。
石淵ダムのDNAを引き継いで更にパワーアップした胆沢ダムには、これからも地域の為にジャンジャンバリバリ活躍して頂きたいものです☆




【参考:ここまでのルート】
(JR北上駅~徳水園・円筒分水工~胆沢ダム)

※実際の走行ルートとは多少異なる場合があります。



岩手編・その2(最終回) に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。



スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 岩手県

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。