スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレ流ダム紀行【2013年9月12日】『群馬アース盛り合わせツアー』その2

その1 からの続きです】


【2基目:三名川ダム@群馬県藤岡市】(初訪問・今年通算126基目)
DSCN6391.jpg
※堤体(下流側)の様子

…はい。続いてやってきましたのはこちら!藤岡市にあります『三名川(さんなかわ)ダム』でございます。
先ほどの茂沢ダムからは高速道路を使って40分くらいかかったのかな?
本来は茂沢ダムからだとこの後に向かう予定の竹沼ダムや丹生ダムの方が距離的には近いのですが、全体を通じて効率よく巡る為にまずこちらからかなーってことで。
堤高は低いのですが、周辺には高い建物や山なども無く田園風景が広がっているので道中からも“緑の壁”がよく見えて迷わず辿り着くことができました。

このダムの嬉しいところは駐車場が広く設けられていること! ダムの直下に第1・第2駐車場、坂を上ったダムの脇には第3駐車場まであったりします。
いやはや。これって地味に嬉しかったりするんですよね?w 駐車場が無いダムとかですと大体邪魔にならないような路肩を探して停めたりするんですけど、それでも長時間見物しようとすると車の方が気になって仕方ありませんから。


DSCN6343.jpg
※ダム直下の案内板

…さて。ではさっそく三名川ダムの方を見ていきましょうか♪
三名川ダム(三名川貯水池)は1933年に完成した地元の土地改良区が管理する農業用溜め池で高さは19.7メートル、長さは218.2メートルとのこと。
ちなみにすぐ近くにはこうした小さい溜め池が点在してたりもしたのですが、そこは堤高15メートル未満=河川法上のダムではないってことで今回は省略(汗) まぁ自分が言うのもアレなんですけど“15メートルのボーダーライン”って結構デカかったりするんですよね?
だって仮に物凄く雰囲気の良い堰があったとしても堤高が14.9メートルだったら紹介される機会もめっきり減って影に隠れちゃうんだぜ?
でもそれって結構勿体無い話ですよね?
「…じゃあお前はそこらの溜め池までくまなく見てんのか?」って聞かれればノーコメントですが(;^ω^)

ま、いっか。その話は機会があればまた今度ってことで。

…緑鮮やかな横長の堤体も気になりますが、まず目に飛び込んできたのはこちらの案内板。
ん?

「ちょww 総額31万円って安過ぎだろwww」
これなら“夢のマイダム”も決して不可能ではありません!

………。

…あ。オレの精一杯のボケに真面目につっこまないで下さいね。
こちらは当然ながら竣工時の物価…今だったらゼロを3つ加えて+数千万くらいなのかな?
当然自分のポケットマネーで造ろうなんて夢のような話だし、やっぱダムは所有しなくていいですwww


DSCN6359.jpg
※ダム湖(三名湖)の様子

…ダムの直下から坂を上ってくと目前に広がるのはダム湖。
ま、まぁ予習の段階からある程度予想はついていたのですが、ここは太公望歓喜のヘラ鮒天国!
平日の午前中にも関わらず多くの釣り人が趣味に興じていらっしゃいました。

例えるなら、釣り人5万の軍勢に通りすがりのダム好きオレ一人…
自分も別に疾しいことをしている訳ではないのですが、何だろう……このアウェー感w

ま。もちろんそれで“開かれたダム”なら全然良いと思いますけどね。
むしろ釣り禁ダムでこそこそやってる阿呆に比べれば全然健全…雲泥の差だし、こうしてきっちりと管理された“釣りスポットダム”はきちんと評価するべきだと思う訳ですよ。うん。


DSCN6358.jpg
※天端の様子

…ま。いつも通り静かにダム見物してれば釣りをされてる方に白い目で見られることはありませんからねw
例えアウェー感満載でもここはゆっくり見ていきましょう。

天端はこんな感じ。駐車していいかは定かではありませんが、車による通行も可能っぽいです。
全体的に予習した時に見てきた写真の光景よりもキレイになってるんだけど、最近改修工事があったのかな?
堤体の上流面にはまだ眩しいほどの白さが残る張りブロック施工がなされていました。


DSCN6357.jpg
※天端から直下を臨む

…天端から下流側に目をやると一際目を引くのは防災用の大きめな貯水池!
訪問時は全く水が溜まっていませんでしたが、恐らく万が一三名湖の水が溢れたらここにも水が流されていくのかなーって勝手に予想してみたり(…実際は知らんw)

うん。これも“ありそうでない”三名川ダム独特の光景と言えるのではないでしょうか?


DSCN6372.jpg

…と。まぁこんな感じでいつも通りあれこれ見て回り三名川ダム見物も終了。
あ。ダム湖は時間の都合で一周までは歩いてきませんでしたが(汗)

ちなみにこのダムで唯一心残りだったのは非常用の洪水吐(越流堤)を見つけることができなかったこと。
恐らくセオリー通りにいくとこの写真の辺りにあるんじゃないかとも思ったんだけどただ注意力に欠けていただけなのか、全然違う場所にあるのか、実は本当に無かったりするのか…。
もうちょっとだけ粘ってみてもよかったかも知れませんが、まぁ仕方ないよねー。
所詮オレの“三名川ダム愛”はこの程度ってことでw

よし!じゃあ次!



【3基目:牛秣ダム@群馬県藤岡市】(初訪問・今年通算127基目)
DSCN6407.jpg
※堤体(下流側)の様子

…さて。引き続きガンガン見ていきましょう♪ 群馬アース盛り合わせツアーの3基目はこちら!
同じく藤岡市にあります『牛秣(うしまぐさ)ダム』でございます。
うん。難読とまでは言わないんでしょうが、初見だと読み方がちょこっと難しいですよねー。
ちなみに『秣』(まくさ・まぐさ)とは“馬や牛の飼料となる草”のことだそうです。
また一つダムで賢くなっちゃった。テヘッ☆

まぁそれはさておき、こちらの牛秣ダムですがさっきの三名川ダムからはかなりの至近距離。
どれくらい至近距離かというとこんな感じ…


ushimagusa map

…もはやダムダムですやんwww

はい。ずばりゴルフ場を挟んですぐお隣のロケーションでございます!
まぁ堤体が真逆の方向を向いてるし、ゴルフ場の周囲がぐるりと林で囲まれているから“ダムからダムを見る”ってことはできなかったんだけどね。
ちなみにこのゴルフ場の名前も『ツインレイクスカントリー倶楽部』っていうらしいんだけど、このツインレイクスっていうのも恐らく三名湖と鮎川湖(牛秣ダム湖)のことを指してるんだろうね。(…実際は知らんw)
大胆なOBで鮎川湖に池ポチャみたいなこともたまにはあるのだろうか?

ま、いっか。
牛秣ダムは1955年に完成した地元の土地改良区が管理する農業用溜め池で高さが27.8メートル、長さが257.5メートルだそうです。
うん。数字だけ見ると三名川ダムより縦も横も少し大きい位かな? 実感としては三名川ダムの方が少し長めにも感じたんだけど、そんなことはなかったんだね。
ちなみにオレの記憶が正しければ、ダム周辺には『鮎川湖』の名称は見かけても『牛秣ダム』の表記は一切見かけなかった気が…。うーん。この『牛秣』ってのは一体どこから湧いて出てきたんだ?www
まぁいずれにせよ世間様的には『鮎川湖』の呼び方の方が親しまれていると思われます。


DSCN6432.jpg
※ダム湖(鮎川湖)の様子

…で。肝心の鮎川湖の方なんですが、
はっきり言って釣りを嗜まないオレに言わせりゃ三名湖とクリソツです。
って、散々ダムを巡ってきたオレがそれを言っちゃあ元も子もないんだけど…(汗)

はい。こちらもこの写真からもわかるよう“太公望歓喜のヘラ鮒パラダイス”と言った感じですね。
でもこっちは三名川ダムほど人もいなかったせいか、あんまりアウェー感は感じなかったかも♪
よくわかんないけど結局三名川ダムの方がよく釣れるって話? まぁこの周辺に釣りに来ている人たちの中でもやっぱり“三名湖派”と“鮎川湖派”で分かれちゃったりするんだろうな。(…実際は知らんw)


DSCN6439_201309171809076ef.jpg
※洪水吐の様子

…ちなみに「三名川ダムとクリソツですた。じゃあ次!」で終わらせるのもアレなんでちゃんと見ていくと、
ほら!ほらほらほら! やっぱりあっちとは全然“似て非なる箇所”が満載じゃあないですかっ!
非常用の洪水吐は(オレの中で)セオリー通りの場所にきっちり確認することができました♪

越流した水はすぐトンネルに入って下流側に流される仕組み。まぁ今更特別珍しいものとは思いませんでしたが、今回の旅では3基目にしてやっとまともに洪水吐を見れたことでちょっとだけ嬉しかったりwww
はい。毎回そんなことに喜びを感じながらダムを巡ってますけど、何か?

………。

…あ。ちなみに今回オレが牛秣ダムで一番楽しみにしてたのはこれだったりします!


DSCN6415.jpg
※天端の様子

「…え?天端かよ?」って? あ。もしかしてちょっとがっかりしちゃいました?

…いやいやいやwww
まぁ確かに一見どこのアースダムでも見かけるような天端ではあるんですけど、ほら?よく見てくださいよ!
斜めに白線が引いてあるのがわかるでしょ?

そう!実はこの牛秣ダム、
天端上が駐車場となっているんですよっ! しかも斜め駐車の!

これって何げに物凄く珍しくないですかっ??? 自分はもちろん初めて見ました!
もうね。事前に予習して知ってはいたのですが、とにかくこのダムは実際にこれが見たくて見たくてw
ここに関しては、堤体とかバキなんて二の次でしたから。

「うはw マジ斜めww マジ斜めだしwwww」

ちなみにこの記事のタイトルは『オレ流ダム紀行』…あとは言わなくてもわかるでしょ?
いつまで経っても自分はやっぱりこういう方ばっかり目がいってしまいます(*´д`;)…


DSCN6422.jpg
※天端から直下を臨む

…まぁ休日ともなれば多くの方が釣りに訪れるんでしょうからね。狭い場所でも効率よく車を停められるナイスアイデアなんじゃないかなーって。言わば“天端の有効利用”みたいな?
尚、“ダムの左岸側から進入して一度奥のUターン場所まで行ってから戻って停める”みたいなこめんどくさい仕組みだったので自分はこことは別の小さい駐車場に停めたんですけどねw

ま。こうして“天端に斜め駐車の区画線が引いてあるダム”はもしかしたら他にもあるのかも知れませんが、少なくとも関東ではここだけ!ってことで。
ナンバーワンのダムを見ていくのももちろん楽しいですが、こういったオンリーワンのダムを探していくのもなかなか面白いんじゃないかと思います☆


DSCN6425.jpg
※釣り場の受付?(ダムの管理所?)の様子

…ちなみにダムの右岸側にはこういった釣り場の受付的な小屋が建っていましたとさ。
あとはアースダムとしては特筆すべき点もそれほど無かったんじゃないかなーって。

まぁ三名川ダム、牛秣ダムと至近距離にあるダムを2基を続けて見てきたんだけど、
どちらかと言えば自分は“牛秣ダム派”かな?w
でも、普段は静かなダムを見ている方が落ち着く自分だったりしますが、こうして“いつもとは雰囲気が違うダム”を見ていくというのもたまには面白いもんだと思いました。
ま。自分も釣りを嗜む人間だったらもう少し違った視点で見物できたのかも知れないけどね。

よし!じゃあ次のアース!
この後は進路を北に…まぁ割と近い場所にあるのですが、続いては『竹沼ダム』に向かうことにしました。



その3 に続く】

※画像はサムネ表示です。クリックするともう少し大きく鮮明に見ることができます。
※訪問時のトラブル等は自己責任でお願い致します。



スポンサーサイト

テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 群馬県

コメントの投稿

非公開コメント

No title

三名川ダムは去年の夏頃に改修工事でダムの下までで通行止めだったね。
その後に行ったけど、釣り専用って感じであまり興味を持てなかったな(つД`)

牛秣ダムも冬に工事で水がぜんぶ無くなってて面白かったよ。
こっちのほうが景色も綺麗だよねー。
斜め駐車はちょっとは気になってたけど、珍しいものだったのかっ。

この2つのダムでこんなに書けるのすごいねw

(^o^)/

ばっきぃさん♪ど~もです(^^)
いやぁ~、ばっきぃさん♪の“アース愛”ひしひしと感じますね~♪
他のサイトだと、かなりぞんざいな扱い(見所が無い等々…)だったり極端な場合掲載すらされないアースダム(TT)
でも、ここならアースダムも主役になれる!ってな感じでしょうか!?
自分がコミュを運営している某SNSでも他のダムコミュはアースダムの掲載を躊躇してしまう程コンクリートの物ばかり…(-_-)
(まぁ、自分もダムを見始めた頃はアースってだけでがっかりしてたクチですが…)
アースって地味だけど、何気にコンクリートのダムには無い“味”があって今回改めてその魅力を再認識した次第です(^_^;)
そ~言えば、藤岡市ってアースダムの宝庫ですよね!
三名川と牛秣は近くに来てた事が何回かあったのですが結局寄れず仕舞い(T-T)
地図を見る度「行っときゃよかった…(>_<)」って思ってただけに今回の掲載は願ったり叶ったりです♪
今度、自分のコミュにアース専用のトピでも立ててみようかな!?
次回も楽しみにしてます\(^o^)/

ゆるびねこさんへ

あー。やっぱり三名川ダムは改修したばっかりだったんだね。

> その後に行ったけど、釣り専用って感じであまり興味を持てなかったな(つД`)

…確かになw 湖だけパッと見るとダムっていうよりは釣り堀に近い感じだもんね。
あそこは平日の午前中に行って正解だったと思いました。
でも似たような環境なのに何故か牛秣の方が落ち着くという…。うーん、不思議だ。

> この2つのダムでこんなに書けるのすごいねw

…安心して!雑談削ったら3行でまとめられっからwww

もん吉さんへ

こんちわーっす。

> 他のサイトだと、かなりぞんざいな扱い(見所が無い等々…)だったり極端な場合掲載すらされないアースダム(TT)

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
…でも、実際はそんな感じになっているのかも知れませんね(´・ω・`)
「アースフィルダムこそ至高だ!!!!」 …とまぁそこまでは言いませんけど、正直ちょっと悲しいと言うか残念な気もしますね。ダム本体で季節を感じられるっていうのも魅力的だと思うのですが。
まぁ一つ前の記事でも書かせて頂きましたが、自分は元々“アース寄りの人間w”だったりするのでここではアースも立派なダム形式の一つとして平等に愛してあげたいと思っておりますwww

あ。でも、かという自分も最初はアースの魅力がイマイチわかってなかったり(爆)
きっかけはアース天国・千葉のダム巡りからですかね。雲一つないブルースカイの元、きれいに草が刈られた緑の郡ダムがドーン! あそこは周辺に高い山なんかないから一際その緑がキラキラと生えてたんですわ♪ …うん。それからアースを見る目が変わりましたねw きっかけなんてどこに落ちてるかわからないもんです。はい。
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。