スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堰堤どうでしょう【早川ダム】

早川ダム (群馬県) 【はやかわだむ】

hayakawa01.jpg
(直近訪問:2013年12月15日)

【データ】

所在地 : 群馬県みどり市大間々町
河川名 : 利根川水系早川
型式 : アースフィルダム

堤高(ダムの高さ) : 26メートル
堤頂長(ダムの長さ) : 241.8メートル

ダムカード : なし
駐車場 : 貯水池脇にちょっとしたスペースあり

みどり市大間々町の一口メモ : 高津戸ダムのある高津戸峡は“関東の耶馬溪”とも称される


【独り言】

人の記憶なんて曖昧なもんだ。
初訪問からかれこれ3年後…当時の記憶からだと「確かぎりぎり15メートル位の小さいアースだったよな…」とてっきり思っていたのだが、目の前に現れた堤体は思いの外大きくて国道353号線沿いからも結構目立つ。

正直びっくりした。
そんな曖昧からのサプライズ……意外と心地良い気がする(笑)


【どんなダム?】

『旧石器時代の証明よりも古い農業用水ため池』

早川ダムは、
地元の土地改良区が管理する1940年に完成した農業用水供給の為のアースフィルダム
…とのことですが、

ロケーション的には皆様も歴史の授業などで一度は耳にしたことがあるかも知れない、“日本にも旧石器文化があることが証明された”『岩宿遺跡』からわずか数キロしか離れていない場所にこのダムはあったりします。
ちなみに相沢忠洋によって岩宿遺跡が発見されたのは、早川ダムが完成してから6年後の1946年のこと。もちろんダムはその後も改修工事をしているのでしょうが、
“そんな歴史的な大発見の傍ら、すぐ近くではこんなため池が周辺の田畑を潤していた”と考えるとなかなか面白いと言うか、話のネタにもなると言うか…(笑)

尚、早川ダムの用水供給区域はまさにその岩宿遺跡のあるみどり市笠懸地区(旧笠懸町)
この一帯は農業も盛んだそうですが、中でもトマト栽培は特に有名とのとこ。
そして水源は渡良瀬川の支流・深沢川に持つそうです。
そういや取水堰(頭首工)も見てこようとしたけど、結局見つけられなかったんだっけ…(泣)



hayakawa02.jpg
※ダム天端・左岸寄り

…ということで早速ダムの方を見ていきたい訳なんですが、
えーっとですね、結論から言うとダムの天端は立入禁止となっていて、
洪水吐云々の設備はあまりよく見ることができませんでした。ぐぬぬ……

まぁあんまり文句を言っても、
そこら辺は土地改良区毎の裁量一つでしょうから今回は泣き寝入りするしかないのですが、

………ん?

「おっと。両サイドががら空きだぜ!」

…いや。ダメなもんはダメです(笑)
まぁだったら車侵入防止の門扉だけでなく、その左右もしっかり囲めばいいのに…とは思うんですけどね。


hayakawa03.jpg
※堤体・下流側の様子(左岸より)

hayakawa04.jpg
※堤体・下流側の様子(右岸より)

…ま。それでも肝心(?)の堤体やら貯水池はそれなりに見ることができるのでご安心を!
ということで堤体(下流側)はこんな感じとなっております。

うん。トップに挙げた写真のように、
少しだけ離れた場所から見ると結構傾斜が急なダムのようにも感じられたんですけど、
こうやってすぐ近くから見てみると実際はなだらかチックな法面なんですよねー。
でもこっちの方が重量感もありそうでカッコいいかも…。

右岸側の直下では送水管(?)や洪水吐から続く導流路なんかも確認することができました。


hayakawa05.jpg
※堤体(上流側)の様子

…そしてそんな堤体を反対側から見てみるとこんな感じになっております。

細かい石がゴロゴロゴロゴロ……
ま。天端が立禁って時点で景観なんぞ別に知ったこっちゃない設計でも本当は構わないのでしょうが、
それでもやっぱり、ただの四角い石が張られた遮水壁よりは全然趣もあっていいですよね!


hayakawa06.jpg
※遠目に見える越流堤(洪水吐)の様子

hayakawa07.jpg
※洪水吐から続く導流路の様子

…で。こちらが遠目にしか確認することができなかった洪水吐の様子です。

うーん。やっぱりフィルダムに来たらこれだけはしっかりチェックしておきたいところなんですけどね。
「立禁は仕方無いにせよ、よりによって奥側に造りやがって…」
まぁそう自分が思ったかどうかは内緒ってことで☆

ま。これ(越流堤)を見たところで、ぶっちゃけどこのダムの大差無いとも言えるかもですが…(汗)


hayakawa08.jpg
※早川貯水池(ダム湖)の様子

…貯水池の方はご覧の通りです。

右岸側の道路が一部だけ池に面していて後は雑木林もしくは私有地といった感じでしたので、
見ることができるアングルは結構限られてくるんじゃないかと…。

水は近くから見る限り結構キレイで、
貯水池の規模的にはまぁ特別大きい訳でも小さい訳でもなさそうな。


hayakawa09.jpg
※竣工記念碑

…さてさて。ダム本体に直接関わる部分は以上としまして、ここからは周辺で見たものなんかを。

ダムの脇…小さい道路を挟んだ向かい側には、
ちょっとした庭園のようなスペースがあり、こんな感じの竣工記念碑が建てられていました。
うーん。何だか立派すぎてこのこじんまりとした雰囲気のため池にはぶっちゃけ似合ってないかも…。
いや。逆にそれだけ必要とされ、気合入れて造られたこそこんな立派なものを建てたのか…?

まぁアレですよね? いずれにしても謎のストーンサークル的な記念碑で、ちょっと不思議ちゃんです(笑)

こういうのってやっぱデザイナーさん(?)が考えて設計されてるんだろうけど、
これのテーマとか意図を聞いても崇高過ぎて私めのような下々の庶民には一生理解できないんだろうなぁ。


hayakawa10.jpg
※ダムのすぐ脇にあった公衆トイレ

hayakawa11.jpg
※ダムのすぐ脇にあった高台(展望台?)からの景色

…あとはこんなところかな?

ダム自体は立入禁止なのに、
さっきの立派な記念碑といい、意外にも公衆トイレや展望台、駐車スペースなんかもあったりで…。

もうお前は来客を拒んでんのか、迎えてんのかどっちなのかと(笑)

…そんな不思議?曖昧?ツンデレ?な早川ダムだったと思います。


hayakawa12.jpg
※早川ダムから南に数キロ離れた場所にある岩宿遺跡

hayakawa13.jpg
※旧石器発見し、日本にも旧石器時代があったことを証明した相沢忠洋の像

…ということで以上が早川ダムの簡単な紹介でしたがいかがでしたでしょうか?

うん。全体を通しての感想は、
決して長時間居座ってじっくり腰を据えて見物するようなダムではなかったのですが、
個人的にはこのまったりのんびりとした雰囲気とか、不思議な感じ(笑)が結構気に入ったりもしました。

ま。本音を言えばもうちょっとよく見たい!っていうのもあるんですけどね…。


いやー。それにしても話は冒頭に戻るんだけど、先ほどの岩宿遺跡の件!

ここから数キロしか離れてないってことは、
もしかしたらこの早川ダム建設の掘削時に旧石器が発見されてた可能性もあったかもですし、
もしそうだったらこの地が歴史的な遺跡になっていたって話もあるってことなんですよね?

うーん。歴史に“たら・れば”は云々…なんてことも言われますが、
色々妄想を膨らませていくと結構胸が熱くなってきたりもしますよね?(笑)



【…そんな早川ダムへのアクセスはこちら】



スポンサーサイト

テーマ : おすすめ
ジャンル : ブログ

tag : ダム 群馬県

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。