スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小玉ダムのアレ

こんちわ。オレです。

…そんなことより、ほら?
小玉ダムっつたら四の五の言わずにやっぱアレっしょ!!!!



DSCN9534.jpg


DSCN9594.jpg


DSCN9551.jpg


DSCN9633.jpg


…えーっと。おわかりになられましたでしょうか?



DSCN9547.jpg


そう!ずばりこの“巨大な鬼の壁画”
これっすよ。これ!


まぁ小玉ダム(福島県いわき市)自体堤高が102メートルと、その巨大っぷりたるや圧巻されてしまうのですが、
そんなダム本体に負けず劣らずの存在感を示している…いや、異色を放っているのがこれだと思うんですよね。

もうね。小玉ダムに一度でも行かれたことのある方ならうなずいて頂けるかと思いますが、
この鬼がねぇ、もうダムサイトのどこにいようがとにかくアホみたいに目立つんですわ!



kodama-damca.jpg


…ね?ダムカードにもばっちり写り込んでるでしょ?
もう「小玉ダム」と聞いて本体の姿かたちは忘れてても、この赤鬼の絵だけは覚えてるくらいw

ま。それほど一度見たらずっと印象に残ってしまうような巨大な壁画なのですが、
で。こいつは一体何なんよ!


ということで、今回は“この鬼の壁画の由来”に関してちょっくら調べてみよっかなー



…と思ったんですが、
ダムで見かけた解説ボードも抜かりなく写真に撮ってあったのを先程発見したので、
やっぱこの原文をそのまま起こしてみたいと思います。

まぁたまには一緒にお勉強しましょうやってことで(;^ω^)



DSCN9592.jpg
…撮ったことすら忘れてたけど、こういうのってとりあえず何でも撮っておきたくなっちゃうタチなんだよなwww


『鬼ヶ城の伝説』

その昔、小川町*の北部、川前地区に位置する鬼ヶ城山には、いつの世からか妖鬼が棲みつき、近隣の人家に危害を加え、田畑、家畜などをあらしまわることしきりなので、村人は枕を高くして寝ることができず、ただ、ただ傍若無人の振舞いに戦々恐々としているばかりであった。

おりふし、朝廷の命を受け、東蝦夷征伐のため、征夷大将軍坂上田村麻呂が遠く都よりこの地にさしかかったが、村人の切なる頼みによって悪賢い鬼共を散々に打ちこらした。

かくして、ほうほうの体で鬼ヶ城山に逃げ帰った鬼は、全国各地の鬼に救いを求めるにより、遠く丹波國大江山より酒呑童子をはじめとし、強力な大連合軍団が黒雲にのり大挙飛来した。

これを迎え討った、征夷大将軍坂上田村麻呂の率いる日本国最強軍団は、期待通りに見事打ち破り村に再び平和が甦った。

大将軍は、鬼共に今までの悪業の罪滅ぼしとして年に一度この地、鬼ヶ城山の山頂にこもり、村の五穀豊穣、無病息災を祈って、天地の神々に奉仕を成す事を約束させ、東蝦夷征伐のため遠く奥羽の地深く駒を進めさった。

それいらい、この集いは毎年ひそかに地の底で行われていると言われ、この頃になると鬼共の祈りが、この地の天空によくこだまする雷であるともいわれる。

小玉ダムは、この鬼ヶ城の近傍に位置している事から、前世を悔い、今や愛すべき“鬼”となった、この言い伝えにちなみ、原石山法面に明るいユーモラスな鬼のイメージを描き、時代を切り拓くシンボルとして、また天地との共存共栄の調和と、村々の繁栄を願うものである。

* いわき市に合併する以前、この辺りは小川町という町だったそうです。




…ふーん、なるほどね。
まぁ色々なダムを巡っていても、
ダムサイトなんかで時々こういった“地元の伝説”にちなんだモニュメントなどを見かけるのですが、
この鬼の壁画に関しても例外なく同じような感じだったってことですね。

尚、この壁画の大きさは縦横60メートル×60メートルだそうですが、
いやはや。原石山の跡とは言え、随分大胆なサイズに仕上げてしまったもんですなぁw
もう60メートルっていったらダムでも間近で見たら結構な迫力ですぞ!


そ、それにしてもここに書いてある鬼ヶ城伝説…

鬼の大連合軍団 VS 日本国最強軍団ってあんた……
もはや壮絶過ぎてちょっとした大戦争になってますやん!こんなスケールだったら映画化できんじゃね?

て言うか鬼のネットワークがパネェ! 助け求めたら全国から集まっちゃうのかよ!
あと田村麻呂。お前はまず仕事終わらせてから鬼退治しろwww



DSCN9593.jpg
…ユーモラスに仕立てたらしいが目が何故か網目っぽくて怖いです(>_<)


…あ。そうそう!
鬼の絵を見てて思い出したんだけど、
オレってばこのブログとかツイッターのアイコンなんかで鬼のお面かぶったやつ使ってるじゃん?

うん。アレ、小玉ダムと一切関係ないから。


ちなみにアレは、
かつてヤクルトスワローズで大活躍した“赤鬼”の異名を持つボブ・ホーナー氏をリスペクトしたもの。
ああ、あいつは凄かったさ! なんたってバントで外野席まで持っていく程の強打者だったからなw

でもホーナーって今でもめちゃくちゃ印象に残ってるんだけど、
日本で野球してたのって何げに1987年の1シーズンだけなんだよねー。



…あ。もはや話逸れ過ぎっすか? サーセンwww


スポンサーサイト

テーマ : こんなお話
ジャンル : ブログ

tag : ダム 福島県

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。