竜神バンジーちょっくら見てきた・その2

その1 からの続きです】



rb01.jpg

…はい。ということで舞台はダムサイトから竜神大吊橋へと移りました。
ま、まぁ皆さん薄々感じていらっしゃいますかもですが自分は高い所が苦手ということで、
これまで“竜神ダムがよく見える”にも関わらずこの吊橋を渡ることを頑なに避けてきたのですが、
やはり間近からバンジージャンプを見てみたいという思いが今回勝り、遂に覚悟を決めたという訳です。

あ。念の為に言っておくと、ダムの天端に関しては別腹で多少高くても大丈夫なんですけどね(^^;)


rb02.jpg

…竜神大吊橋は長さが375メートル、幅員3メートル、竜神湖からの高さが100メートルということで、
“本州では一番長い歩道橋”となるそうな。
ちなみに一度に3500人が渡っても大丈夫な設計になっているらしいんだけど、
それってイナバ物置35棟分の強度って認識でオッケーなのかなぁ?よくわからんけど…(笑)


rb03.jpg

…吊橋の入口脇にあるレストハウスにはさっそくこのような看板を見ることができました。

うーん。“日本最凶”か……まぁ確かにそうかも知れんな。
竜神大吊橋からのバンジージャンプは国内の常設サイトとしては現在国内最大級となるそうですが、
まさしくクレイジーという言葉しか思いつかないと言うか。いや、もちろん良い意味でですよっ!


rb04.jpg

…さて。いよいよ覚悟を決め通行料の300円(現在310円)を支払いました。
まぁ近くからのバンジーと上空からの竜神ダムを望める見物料と考えれば決して高くない……
って別にお金の問題じゃないんですけど、うわー!マジで緊張する…て言うか怖すぎんですけど…

………。

ん?いや、意外と怖くない…かも。
まぁさすがに幅も3メートルもありますし、強度に優れているせいか橋自体がそれほど揺れないということで、
一休さんばりに橋の真ん中を!真ん中さえ歩いていけばそれほど苦にはなりませんでした!

「いやー。思ってたより全然余裕じゃ……」


rb05.jpg

……いや。そういう演出全くいりませんから(笑)

しかし、橋の中程まで歩くと何箇所かど真ん中にガラス張りで真下が見えるというトラップがっ!
これにはマジで足がすくんでしまいました。うぅぅ…こういうのが一番苦手なんだよぉ。

…まぁそんなこんなで吊橋に四苦八苦していた訳ですが、
そんな状況下でもやはり“良い景色”は見ることができた…ということで、
もちろんこれですよ!これ!橋の上からはこんな素敵な竜神ダムの雄姿を望むことができました!


rb06.jpg

…か、かっちょえぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!

こ、この如何にも“コンクリートの重力で水を遮ってまっせー感”が辛抱堪らんじゃあないですかっ!
て言うか、竜神ダムは真正面から見るよりも上空から見た方が全然素敵かも!

いやー。この光景を見た瞬間、オレの中の竜神ダム評価が一気に急上昇しましたね(笑)


rb07.jpg

…そして竜神湖(ダム湖)はこんな感じに見ることができます。

まぁアレだな。
恐怖に打ち克っただけの価値は十二分にあったと言うか、
“こんなことなら以前から吊橋を渡っておけばよかった”って話ですわな。

いや。人様の写真なんかではこの風景も見たことはあったんだけど、
実際に自身が目の当たりにしてみるとやっぱりひと味もふた味違う絶景を楽しめると実感できましたね!
うーん。今回はある意味これだけでも竜神ダム及び大吊橋を訪れて大正解だったと思いました。


rb08.jpg border=

…よし!あとはここからバンジーを見ておかねば!ってことで。

先程話したガラス張りの箇所の一つはちょうどバンジーポイント(?)の真上ということで、
スタッフさんやらこれから飛ぼうとする猛者たちの準備の様子なんかを覗き見ることができました。
これも他所ではなかなか見ることができない面白い光景と言えるんじゃないでしょうか?

それでは、この吊橋から見てきたバンジーの様子をば……


rb09.jpg

…うーん。声をかけてあげるとすれば「早まるな!」って感じ?
て言うか、オレに言わせれば「お前何やってんだ(笑)」って話ですけど。

もはや自分にとっては全くシンジラレナイ光景です!


rb10.jpg

…あ。飛んだ(;^ω^)

離れた所から見てるといとも簡単にやってるようにも見えちゃうんだけど、
実際にやっている人にとっては相当度胸もいるんでしょうなぁ。


rb11.jpg

…そして、これはまさしくジャンプした瞬間を真上から見たものです。

なんかやべぇ!やばすぎるっ!!!!
そんなことより飛び方が芸術的に美し過ぎんだろっっ!


………。


…ふぅ。
最後は間近で見るバンジーの迫力と初めて上空から見る竜神ダムの姿に興奮してしまい、
高い場所に立っている恐怖なんかすっかり忘れてしまい…いや。やっぱそれは言い過ぎだな(笑)
まぁ結局は最後までハラハラしていたんですが、それでもやはり“いいもの”が見れたということで、
今回は楽しい竜神ダム訪問ができたんじゃないかと。


rb12.jpg

…帰りはちょうど昼メシ時ってことで竜神ダムのすぐそばにある『そばハウス龍亭(るちん)』に♪
実はこの店も今回が初めて。
いやー。前々からこのダムに来る度に気になってはいたんですけど、なかなか寄ってみる機会がなくて…。

ちなみにこの蕎麦屋の屋上が展望台のように開放されていて、竜神ダムのナイス鑑賞スポットだったりもします。


rb13.jpg

…店内の窓からはこのような景色が!
いやはや。ダムと蕎麦が好きな人にはこれほど素敵なロケーションは無いって感じでしょ(笑)

外観を見る限りちょっとアレかもですがこの店は何気に評判も高いらしく、
蕎麦のブランド品種としては有名といわれる“常陸秋そば”を頂くことができます。


rb14.jpg

…注文したのはオススメと謳っていた“大根そば”
てっきり大根おろしでもつけて食べるのかと想像していましたが、
出てきたものは刻んだ大根が蕎麦に和えてあるというもの。(…後からメニュー見たら“おろしそば”は別にありました)
しかし、蕎麦ののどごしと大根のシャキシャキ感が相まってこれがまた美味し!

うーん。龍亭…侮っていたな。
ここは竜神ダムに来たときはマストになってしまうかも知れん……。



ま。今回のダム巡り(?)はこんな感じかな?
3月は本当に忙しくて結局ここしか行けず終いだったんですけど、
それでも充実したひと時の休息にはなったんじゃないかと思います!

バンジーは見てるだけでもスカッとできたしね!…あ。だからと言って自分には絶対無理ですけど(笑)



※そんな竜神ダムはこちら!



…さてと。次はどこのダムに行ってみますかねー。


スポンサーサイト



テーマ : ぶらり旅
ジャンル : 旅行

tag : ダム 茨城県

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター