オレ vs 上来沢川ダム【2014年7月13日】

こんちわ。オレです。
ということでこれは先日の7月13日のお話。
先週岐阜までダム巡りに行ったばかりなので当初この日はダムに向かうつもりはなかったのですが、次の日曜に用事が入ってしまったということで本能的に懲りずにダムです。

うん。当初は今年の重点ローラー地区でもある“長野・新潟・福島”のいずれかに行く予定で、順番的に今回は長野県…まだ未訪問だった『横川ダム』に行くつもりだったのですが、

「うーん。横川ダムだけじゃパンチが効いてないよねー」

…まぁ折角苦手(嫌い)でもある中央道を通っていく訳ですから、できればもっと巡っておきたい!
でも長野の未訪問ダムも段々少なくなってきたということで、白羽の矢がたったのが山梨県。
いやはや。山梨のダムっていつ以来だろう…? 少なくても昨年は行った記憶がない(;^ω^)
千葉からなら新潟や長野に行くくらいなら山梨の方がよっぽど近いのに…w まぁ数の問題ももちろんあるけどね。

ということで「じゃあ山梨ならどこを攻めようか?」
…そう言えば、自分の中で“忌み嫌ってここまで避けてきたダム”があったっけ。


上来沢川map

…今でしょ!
そう。「いつ行くの?」と聞かれればここに今行くっきゃねーだろ!ってねw

まぁこの地図を見る限りだと嫌な予感しかしないロケーションにある訳でありまして。ダム好きのくせに“林道・酷道大嫌いっ子”の自分は当然これまで見て見ぬふりしてきたダムなんですわw この上来沢川ダム(山梨県韮崎市)自体はデザインの特徴さ故に一部の愛好家の皆さんには人気があるらしいんですけどね。

「でも今のオレならどこにだって行ける気がするんだ…」

…ま。その時はテンション高かったんでしょうな。ちなみに思い立ったのは前日の晩ですw
ほな出発進行!


P7137686.jpg

「…つ、着いたし」

…えーっとですね。このダムに行くまでに通ってくる『小武川林道』っていうのが結構クセ者だと思っていたんですけど、意外と普通に来れました。いや、しんどいっちゃしんどいかな? まぁ自分でも来れるんだから他のダムメグラーの皆さんでしたら余裕なのかもねー。
自分はここに来るまで“遠回りだけどダートが少ない”南側(→青木鉱泉の方)から攻めたんですけど、それでも車が1.5台分くらいの幅のクネクネと続く林道をおよそ40分ほど…うーん。なんて言うか、精神的に少し応えたw
ただ、それでも思っていたよりは走りやすかったんですけどね。一応“対向車対策”として早朝5時頃に着くようにも出かけましたしwww


P7137692.jpg

「…間違いない!この先にブツがいる!」


P7137694.jpg

…ここから先は徒歩。このゲートの手前が少し広くなっているのでそこに車を停めます。
ちなみに早朝にも関わらず先客の車が停まっててちょっとだけビビった。まぁその人は後から釣り人だってわかったんですけどねー。さ、さすがにマニアではないかw


P7137704.jpg

…先ほどの車止めゲートからダムまでの行程としては、こんな感じのダート道をてくてくと15分程。往路はやや上り坂となっておりました。まぁさっき車で抜けてきた微妙な林道に比べれば、こんな道を歩くことなんて全然苦にもならないんですけどね。


P7137700.jpg

「…ちっ」

…そして道中で小川に出くわす。見た瞬間20秒くらい渡ることを躊躇って他の手段を考えたが、そこはもう絶対に負けられない戦いなので仕方なくズボンの裾だけめくっておもむろに入水! 滑って転ぶのが最悪のパターンなので靴には犠牲になってもらった。


P7137702.jpg

…びしょびしょに濡れた靴が気持ち悪い。まぁダム巡りをしていればこんなもんは日常茶飯事な訳だが、それでもやはり試合に勝って勝負に負けた気分だ。そして振り返って一言。

「こ、これで勝ったと思うなよっ!」

一つ言えることは帰りもこの道を通らねばならないということw


P7137705.jpg

「上来沢川キターーーーーーーーー!!!!!」

…さらに進むこと数分。いよいよダム本体をチラ見することができました! そしてこれが最もテンションが上がる瞬間であるのは言うまでもないw
だからダム巡りってやめられないんだよなぁ…。この瞬間が本当に快感なんだよ(*´ω`*)


P7137711.jpg

…上来沢川ダムは東京電力が管理する発電専用の重力式コンクリートダムで、高さは19メートル、長さは49メートル。そしてその完成は1927年!当然改修は繰り返されているのでしょうが、それにしてもこの風貌と貫禄!

や、やべぇな…この画だけで今夜のおかずにできそうな雰囲気だ…(;゚д゚)ゴクリ


P7137750.jpg

…このダムの見所としてはやっぱりこの“石張りの堤体”ではないでしょうか?
『東電』『石張り』と言えば他にも群馬県の大津ダムなんかもあったりしますが、東電ダムにはたまにこういった極上品があったりするから困るw

ダム本体を目の当たりにしてじわじわと感じる……「ああ、やっぱりこのダムに来てみて正解だったな」と。


P7137716.jpg

…ダムの天端は立入禁止。
まぁそこら辺は電力会社のダムに初めから期待していないのでどうでもよかったり。


P7137727.jpg

…堤体の上流側。
上来沢川ダムに関しては“下流面”ばかりが注目されがちなのかも知れないけど、うーん。今まで見てきたダムの中で似たような場所あったっけなぁ? こちらも本体からせり出すような形でゲートが設けられているご様子でなかなか面白いと思いますねー。


P7137728.jpg

…ダムの右岸にはどこからか続く流出口から水が勢いよく吐き出され、クレストを“即越流”状態!
なにこのダイレクトっぷりwww


P7137743.jpg

…そして小さいダム湖はまさにエメラルドグリーンといった感じで、周辺の木漏れ日でキラキラと輝いていました。
て言うかさっき車を停めた場所で薄々感じてはいたけど、やっぱり釣り人がいたよ。フェンスの中は立禁って書いてはあったはずですが早朝からあんまり感心しませんなぁ…。普段は“密漁者”に関しては見て見ぬふり…ていうかフレームに収めたくないので写らないように写真を撮ってますが、如何せん見えるアングルからどうしてもこの2人が入り込んでしまうのが不快でなりませんでした。


P7137806.jpg

…この後は道中で見かけてきた直下から堤体が見えそうなポイントまで移動。
越流して下流はさらさらながらにも水が流れていますのであまり無茶はできませんが、特に柵で囲まれている訳でもないのでそこはグイグイとお目当てのブツに近付いていきます。ま、そこら辺は自己責任ってとこだね。


P7137839.jpg

…もう充分に満足できる場所まで近付けましたが、超簡易な階段(?)があったのでここも下りてみます。普段ダムを見物する時は結構淡白だったりするのですが、今日はとことん攻めたい気分w


P7137788.jpg

…そしてドーーーーーーン!!!まさに直下!!!!

「す、すげぇなおい! 写真でよく見る光景だ!」

ダム自体は19メートルと小柄ではありますが、さすがに目の前で見ると結構な迫力。おまけにダムからは越流してるときたもんだ! いやはや、心が洗われるってもんですわ。うんうん。


P7137792.jpg

…気になるアレのアップw
RPGだったらこの中は確実にダンジョンとなっている訳だが、RPGではないのでここは見るだけにしておこう。ハラハラドキドキはもう小武川林道でお腹いっぱいだ。


P7137855.jpg

…再びびっちょり濡れてしまった靴を引きずりながら無事帰還。

いや。無事帰還は林道を抜けて大きい道に出るまでかw 帰りは来た道を戻るか朝とは別に北に向かうかで迷ったのですが、結局“距離は短いがダートの多い方”にw む、無茶しやがって…。


P7137864.jpg

…ま、まぁ結局この道も一応難なく進むことができたかな? 車は相当かわいそうだったけど(;´∀`)
道中で対向車のジムニーと一台だけすれ違ったのですが、恐る恐る進むカローラとは対照的に非常に躍動感のある走りをしていたのが印象的でしたw まぁ狭いダート道じゃある意味最強ですわな。

あ。そう言えば途中でこんな感じの“ちょっと雰囲気よさげな堰”を見かけたんだっけ…。こちらも東電管理の発電用のダム(堰)っぽいのですが、名前はなんて言うんだろう?
ま、いっか。あの日見た堰の名前を僕達はまだ知らないのだ…。あ、それは嘘w 気が向いたら今度調べてみます。

そんなこんなで無事小武川林道を脱出し、初の上来沢川ダム訪問も完了!(…ここまででセットだからw)
この後は当初の予定通り長野県の横川ダムまで向かうことにしたのだが、それはまた別の話。


とりあえず上来沢川ダム…もし興味がおありなら見に行く価値は十二分にあるでしょうな。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1週違い

ちょうど1週前に行ってきました。
私が行ったときは、越流していなかったので、堤体の苔がいい感じで観察できました。

上来沢ってダム行くまでの道も川沿いでなかなか楽しいですよね。

DamWalkerさんへ

こんちわっす。
ある意味ニアミスでしたねw ダムを追いかけている人が世の中にどれ位いるのかわかりませんが、ダムで似たような趣味の人とこれまで殆ど出くわしたことがないので極稀に遭遇するとビビってしまったりしますww

この1週間の違いだと先日の台風がやっぱり原因ですかねぇ? いいなー!自分もどちらかと言うと越流してない姿をまず見てみたかったかもです。

(^-^)/

どもっ!!(^o^)/上来沢行ったんですかぁ~♪いいなぁ~!
自分は昨年の晩秋にチャレンジしたら林道のゲートを入ってすぐ100m位前方を“熊”が横切り、一目散に逃げ帰った嫌~な思いでがあります(ToT)
勿論、上来沢に行く事を断念し小武川林道を泣く泣く引き返したとゆ~トホホな経験をしました~!!
今度は熊鈴着けて夏の終わりくらいにリベンジしようかなぁ~って考えてた矢先だったので参考にさせていただきます!
自分自身はとゆ~と…今月の頭に強行スケジュールで黒部を始め大町、七倉、高瀬や梓川3ダムを見てまいりました♪
更に今月は100ccのスクーターも購入したので久里浜~金谷のフェリーを利用して南房総のダム巡りツーリングなんぞもしてみようかと計画を練っている次第です(^o^)
暑さゎ厳しいですがお互い楽しくダム巡りしましょう(^o^)v

もん吉さんへ

どうもどうも!返事が遅れまして恐縮です(汗)

…あらあら。まさか上来沢川でそんな体験をされていたとはビックリです!でもその選択は確かに正解ですよね。まさに勇気ある撤退? 次回のリベンジの際は何事もなく無事ダムの見物ができますように☆

バイクがあると“きめ細やか?”にダムが巡れて良さそうですね!いいなー!自分もバイクやら自転車やらの購入も一時検討していたんですが、なかなか実行に移せない…みたいな?w
千葉は何げに巡り甲斐がありますからね!どうぞご安全に!
ちなみに南房総方面だと自分のオススメは“第2袋倉”かな?…スクーターで最後までは無理でしょうが(^_^;)
お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター