スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレ流ダム漫遊記『2014年 秋の四国遠征編』その2

その1からの続き】



【1回戦 : vs. 長安口ダム】 @徳島県那賀町

201410102021373f7.jpg


これは自論なのだが、初めてのダムに訪れる時は下流側からアプローチするのと上流側からアプローチするのとでは俄然テンションの上がり方が変わってくる。テンションがいきなり絶頂の達するのは当然下流側からアプローチした場合だ。何故なら一目見えた瞬間からそのダムの迫力やら容貌がダイレクトに脳に伝わるからだ。
ちなみに高知方面からやってきた自分が初めてこのダムの堤体を確認したのは上流面。どうやら徳島県内のダムの中では一番の堤高を誇るそうだが、いまいち初見では実感が湧かない。

「まぁこれはこれでいいや。その方が反対側に回ってみる楽しみも増えるってもんさ」
…て言うかこのくだりいるか?

尚、高知空港からおよそ3時間弱の道中の間に杉田ダムと小見野々ダムの堤体を確認することができたが、そこは華麗にスルー…いや、むしろガン無視!
台風がまさに接近しようとしている今、現在は嵐の前の静けさといったところ。限られた時間の中ではこのサービスタイムとも言える間に本命のダムを見ておきたいのだ。そう!二兎を追う者は一兎をも得ず!…先人からの教えを忠実に守ったまでなのだ。


2014101020211562d.jpg


「まずは挨拶がわりに天端でも渡って……」
あ、あれっ? …目前には極めて簡易的なバリケードながらも行く手を阻み、立入禁止の看板も掲げられていた。奥に目をやると大型のクレーン重機が座っている…。

「ぐぬぬ……こ、工事中であったかっ!」
ダムに行くととりあえず隅々まで歩きたガールの自分にとっては、こんな『なかなかの上玉』を目の前にここで無常にも引き下がることになろうとは一生の不覚!…いや。それは言い過ぎた。スマン。
…まぁ何百基もダムを巡っていればたまにはこんなこともあろうて。うーん。オレもこの黄色と黄緑色で塗られた手摺りでウッハウハしたかったわぁ…トホホ(泣)


201410102020438ec.jpg


…ちなみに何の工事かと言えば、最終的に長安口ダムはこう変身する模様。
うん。この図で見ると右岸側にいかにも「後付けでーす!いえーい!」って感じのローラーゲートが2門あるでしょ?ああ、どうやらそれを造る為の工事らしいんだ。

自分のような素人金髪ダム豚野郎(…ただし金髪ではない)にはどうしても「この期に及んで今さら洪水調整機能のアップか?こんなもん初めっから付けとったらええやん。泣きたくなったら泣いたらええやん」なんて思ったり思わなかったりもする訳だが、あんまりギャーギャー騒ぐとボロが出そうなのでやっぱやめとく。いや、デザイン的にアリかナシかと言われればアリだ。むしろ斬新で素晴らしいと思う。
…よし!オレも男だ!じゃあ今回は天端は諦めっからとりあえず工事頑張れ!


20141010202140e30.jpg

2014101020213920a.jpg


…そしてダム本体の下流側。
ダムサイト左岸…現段階ではこのようなアングルからしか確認できなかったのだが、うん。オレ基準(…ただし企業秘密)としてはなかなか悪くない造りだ。なにより導流壁(?)に生えた苔がいとおかし。
たまに古いダムに行くと「おいおいw これやりすぎだろwww」ってくらい苔まみれの場所もあったりするが、これ位の控えめながらさり気なくアピールする程度の乗り具合が自分には丁度良いのだ。うん。

あー。それにしてもあの黄色と黄緑色で塗られた手摺りでウハウハしてぇなぁ…。


2014101020210974a.jpg


…天端封鎖のために範囲はかなり限られてしまったが、一通りダムサイトでの見物は終えたつもりなので管理所までDamcaを頂戴しに行く。
あ。今ダムカードのことをさりげなくDamcaって言ってみたんですけど、Suicaっぽくてちょっとだけカッコよくないっすか?そうでもないすっか?サーセンw

ちなみにこの時ダムの職員さん(…当直さん?)に、「重機の方までは行きませんから少しだけ天端を見学させて頂けませんか?」と精一杯の低姿勢でお願いしてみたところ、
「今日は台風が近づいているせいか×××の人が沢山来ていて×××××××からごめんなさい」と丁重に断られてしまったという。(←自己規制の部分は考えてみてね☆)

…なるほど、大人の事情か。ならば仕方ないね。
外に『お気軽に係員にお申し下さい』と書いてあったので本当に気軽に申し出てしまった訳だが、かえって悪いことをしてしまったようである。


201410102021429c7.jpg


「うむ。なかなかの面構えだ!」
…ラストは先ほどダムサイトより確認していた下流の吊り橋へと移動し、真正面から長安口と対峙する。橋を渡ろうとするやいなや雨がポツポツと降ってきた。

これに更に2門ゲートが増設…これはなかなか面白いことになりそうだ。

そもそも何故このダムに訪れたのかと言えば、
四国四県のダムを巡るにあたって「…で。徳島はどこのダムに行っとけばいいんだろうか?」…もちろん遠征全体の行程を考慮してプランを組まなければいけない訳だが、この徳島県だけは決定的に「ここ!」というダムを決めあぐねていた。
「…だったら一番でかいとこに行ったらいいじゃーん!」 …まぁ動機はかなり適当ではあったのだが、ここは正真正銘自分にとっては初めての徳島のダムであり、四国のダムでもある。
故にもしかしたらこのダムは今後自分の記憶に残らないかも知れない。しかしこの先間違いなく記録には残るダムになるんじゃないだろうか?
「…ま、でもさ。記録に残るんだったら、結局はいつかその時の記憶も蘇らそうとはしますわなw」

いよいよ雨が強くなってきたので堤高85.5メートルのダムを後にすることに。
次はプラン通り高知に引き返し永瀬ダムに……行くつもりだったが、思いの外滞在時間が短くなったようなので先ほど通り過ぎてきた小見野々ダムに寄ってみることにした。



【その3に続く】

※長安口ダムで撮ってきた他の写真はこちら


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。