スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレ流ダム漫遊記『2014年 秋の四国遠征編』その3

その2からの続き】



【2回戦 : vs. 小見野々ダム】 @徳島県那賀町

201410102103287a7.jpg


「目星はついてるんだよっ!」
…長安口ダムを後にしてから車を西に走らせること20分程度だろうか? 先ほど地図で確認していたポイントの路肩に車を停めた。馬鹿にしないでほしい…いつも無鉄砲にダムを巡っていると見せかけて、オレは実はやれば出来る子。
そう!この小見野々ダムは普段一般には開放されておらず、ダムサイトに近づいても遠目に堤体上流面を眺めることしかできないのは予習済みなのである!

ではどうしてここに車を停めたのか?
…それでも巷には堤体直下から撮影した立派なアーチダムの写真が出回っている。ということはダム自体は開放されていなくても下流域から別の道を進んでいけば堤体は確認できるはずだ。
それがこの分岐道に違いない。この先を進んでいけばダムがドーンと見えて超オレ得のキャッキャウフフでアハーン…そう確信したからである。

小雨が降る中、傘をさし悪路のぬかるみに戸惑いつつも薄暗い林道を歩く。もし傍から見られたのであれば、もはや山菜泥棒か頭がちょっとアレな子にしか思われないだろう。だがそんなことはどうでもいい!何故ならもう間もなくダムが奏でるハーモニーを耳にすることができるのだから。
…歩き始めて10分程、途中に警報局が現れ俄然テンションが上がってくる。さぁもうすぐだろう!


201410102103241d0.jpg


な・・・なんだってーーーーーー!!


201410102104202ad.jpg


…ま。今の幻ということでねっ☆
ところでしかし、いやはや現実というものは時として残酷なものだね。うんうん♪

ということで冷静を装いつつ素直に開かれていないダムサイトへと移動。
もうこうなったら、後ろからだろうが何だろうが堤体が見えたらオレの勝ち…そうでも思わなきゃ台風が近づく四国にわざわざダムを見る為だけに飛行機に乗ってやってきた自分自身が可哀想で可哀想で申し分が立たない。


201410102104140af.jpg


「…うん。知ってるし(泣)」

ちなみに『開かれていない』という言葉は用いたが、管理所の前には駐車スペースらしきものやダム(発電所)の説明板は一応設けられており、栃木の山奥にありがちな「はぁ?何しに来てんの?バカなの?」といった完全に閉ざされたダムではないというのを念のためフォローしておきたいと思う。


20141010210350634.jpg


あたかもクールバスクリンを大量投入したような貯水池を眺め、ふと思った…
今度生まれ変わったならば、四国電力に勤めて4人の部下を従え小見野々丸に乗って7つの海に繰り出そう。そして海賊王にオレはなる。

…天から同情でもされたのか? 先程まで雨は気が付くと止んでいた。
さぁ!次は永瀬ダムへと繰り出そう! 曇天の中で虹なんて出る雰囲気でもないが、今の気分はまさにオーバーザレインボー!
自分でもよくわからないが何故か清々しい思いで小見野々ダムを後にした。


※小見野々ダムで撮ってきた他の写真はこちら



【3回戦 : vs. 永瀬ダム】 @高知県香美市

20141011182013eb3.jpg


「ちょww はいられんだっておwww」
…結論から言う。無知とは罪である。しかし無知だからこそ吸収できる知識の量も多いはず。問題はその知識を今後活かせるか殺してしまうかである。

移動時の空腹を気のせいとしてたどり着いた永瀬ダム…天端の上で見かけた『はいられん』の文字がどうしても気になってしまい仕方がなかった。いや、上に立入禁止と書いてあるので当然意味はわかる。
…でもどうして全部平仮名なの? どうしてそんなにぶっきらぼうなの?
空腹過ぎてテンションがアレなのも相まって思わず一人笑ってしまった。自分の中の笑いレベルで言えば、10段階中8くらい…それはもうかなりのものである。

ちなみにこれは後日談だが、遠征より帰宅してからこの『はいられん』に関して調べてみた。
四国界隈の言い回し(方言?)…これは何となくわかっていた。しかしこちらの方ではしばしば立入禁止の文字と一緒に書かれているらしく、何もこの永瀬ダムの看板に限ったことではないということがわかった。
千葉の田舎もん…しかも三十路を越えたおっさんがどうして土佐弁の看板一つでキャッキャ笑うことができようか? ふと冷静に我に返るとゾッとする。穴があったら入りたい、入りたい、どこまでも入りたい……


201410111821094f2.jpg


…尚、ダムの方だがこれにはオレ氏も大満足の模様。
雨にしっとりと濡れた一世代前のコンクリート。そしてこれは間違いなく後から塗り直されたものだが、真紅に眩いラジアルゲートの様が艶めかしくていとおかし。

目前では圧倒されそうなその巨体は堤高87メートル。
「と、徳島で一番高いからとりま行きたいじゃん…」という理由で訪れた先ほどの長安口ダムより何げに高かったりするのは訪問時無知だった自分には内緒だ。


2014101118210642f.jpg


「…そういや四国に来てからまともにダムが見れたのって初めてだなw」

何が『まとも』なのかは正直上手く説明できない。要はそこで満足できるかできないかなのだが、
自分の一つの目安(?)として、ダムで記録写真を撮る際……

・堤体下流面を右岸から
・堤体下流面を左岸から
・堤体上流面を右岸から
・堤体上流面を左岸から
・天端を右岸から左岸に見た時
・天端を左岸から右岸に見た時
・天端の中央部から直下
・天端の中央部から下流域
・天端から見たダム湖

…この9点セットが撮れれば大抵は満足できる。ちなみに『直下から見た堤体』は見れればハッピーラッキーくらいとして、そこまでの贅沢は望まない。我ながら安っぽい男で変なこだわりを持っているんじゃないかと思う。

故に満足。何が普通なのかは上手く説明できないが普通に楽しめた。もうお腹いっぱい。…いや、腹減った。
逆に何か話のネタになるようなハプニングの一つでもあった方がいいんじゃないかとも思ったが、どうせ大抵はアンラッキーなネタなんだからとりあえずそんなものはノーセンキュー。

早朝に羽田で大して美味くもないのに値段ばっかり高いカレーをひと皿……
お腹がスカスカの自分が次に目指したのは中身がスカスカ…もとい、中空重力式の穴内川ダム。ここは実は行く前から少しだけ期待していたりする。
日が暮れるのもすっかり早くなった…さぁ!そろそろ行こう!ここが終われば晩飯が待ってるぞ!


※永瀬ダムで撮ってきた他の写真はこちら



【その4に続く】

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ
当サイトは2014年11月21日をもって無期限更新停止とさせて頂きました。これまでのご愛顧本当にありがとうございました!

今後はかつての姉妹サイトであった『Damholic -Inspection Gallery-』の方をメインに活動していきますので引き続きどうぞよろしくお願いします。


damholicig
http://damholic.com

…これまで訪れたダムや給水塔などで撮ってきた記録写真をひたすらアップしていくという、言わば『自前のダム写アーカイブサイト』です。

尚、サイト内ではこのブログの後継として『だむほり酒場』という徒然日記コーナーも始めましたので、そちらも重ねてよろしくお願いします。

damholicig
最新記事
カテゴリー一覧
こんちわ。オレです。

ばっきぃ

Author:ばっきぃ
「海賊王にオレはなるっ!!」

*プロフなど:
地元千葉を拠点に関東中心で活動している、しがない“アラサーダムメグラー”です。
推しダムは、
『草木ダム』(群馬県)と『小中池』(千葉県)

当面の目標はとりあえず『500基訪問』&『47都道府県ダム制覇』かな?
“鑑賞専”なのでダムに関する知識等は殆ど無いのですが、
どうぞよろしくお願いします!

あ。一応現在は(一財)日本ダム協会が認定するダムマイスターなるものをやらせて頂いております。
こんな男なのに恐縮です。サーセンwww

連絡先
このブログ(記事)に関するご意見・ご感想・お問い合わせ等、何かございましたらこちらまでお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

特選リンク集
【私のいち押しブログ&HP】
週末はダムに居るかもね♪
ドコのなんてダム
七尾のダム冒険譚
レギュラー大盛でお願いします
ふぃぎゅぽん!
暇人の活動日誌
新訂 旅と歴史
Yuluvineko Blog
にゃるしぃの独りごと
システムエンジニアのひとりごと

【ダム系オススメお役立ちサイト】
ダム便覧
 (→(一財)日本ダム協会 運営)
絵付きダム用語解説集
 (→滋賀県HP内)
ダムカード配布場所一覧
 (→国土交通省HP内・PDF)
だむあんてな
 (→ダム関連サイトの更新チェックサイト)


当ブログはリンクフリーです。(相互リンクも気軽に声をかけて下さい♪)
また、画像に関しても自由に使用して頂いて構いませんが、その際は事後でも一報下されば幸いです。
但し、公序良俗に反するサイトからのリンクや第三者への誹謗中傷等に関わる転用はお断りします。

アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。